プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

2017ドラフト1位候補、広陵・中村と早実・清宮を比較してみよう!

清宮&安田も選出、U18W杯の高校日本代表発表 広陵・中村らドラ1候補ズラリ


日本高野連は20日、U-18W杯(9月、カナダ・サンダーベイ)に出場する高校日本代表20人を発表した。

【写真】あの歌手の長男 甲子園への夢叶わず…父親似の目元から大粒の涙

 歴代最多タイとなる高校通算107本塁打早実・清宮幸太郎内野手(3年)、第99回全国高校野球選手権で4本塁打を放っている(20日終了時点)広陵・中村奨成捕手(3年)らを選出。第1次候補に入っていなかった高校通算62本塁打履正社・安田尚憲内野手(3年)も、大阪大会での活躍が評価されて代表入りを果たした。

  第1次候補で3人が選ばれていた2年生は、報徳学園・小園海斗内野手と、大阪桐蔭・藤原恭大外野手が最終メンバー入り。早実・野村大樹捕手は外れた。

  代表20人は以下の通り。※は今夏の甲子園出場選手。

  【投手】※木更津総合・山下輝(3年)※花咲徳栄・清水達也(3年)日大三・桜井周斗(3年)※中京大中京・磯村峻平(3年)※大阪桐蔭・徳山壮磨(3年)福岡大大濠・三浦銀二(3年)※秀岳館・川端健斗(3年)※秀岳館・田浦文丸(3年)

  【捕手】※広陵・中村奨成(3年)福岡大大濠・古賀悠斗(3年)

  【内野手】※仙台育英・西巻賢二(3年)東海大市原望洋・鯨井祥敬(3年)早実・清宮幸太郎(3年)日大三・井上大成(3年)履正社・安田尚憲(3年)報徳学園・小園海斗(2年)

  【外野手】※前橋育英・丸山和郁(3年)※横浜・増田珠(3年)※中京大中京・伊藤康祐(3年)※大阪桐蔭・藤原恭大(2年)

8/20 デイリースポーツ

 

夏の甲子園もベスト4が決まりました。

U18のメンバーも決まり、いよいよドラフトモードです。

早実・清宮は進学が有力視されていますが、広陵・中村の出現で、清宮の存在が若干薄れてきました。

 

清宮と中村、どちらが上かと考えれば、間違いなく中村が上です。

ここで少し、プロフィールを見てみましょう!

 

清宮幸太郎

 

身長 184㎝

体重 100㎏

右投左打

内野手(一塁手)

遠投 100m

50m 6.5秒

 

 

 

中村奨成

 

身長 182㎝

体重 77㎏

右投右打

捕手

遠投 120m

50m 6.0秒

 

 

まず、清宮の1番のマイナス点は1塁しか守れないことです。

高校生ドラフトが廃止になった2007年以降のドラフトで高校生1塁手がドラフト1位で指名されたことはありません。

2014年にジャイアンツの岡本が1位指名されていますが、球団はサードとして獲得しています。

そのくらい、過去のドラフトを見ても高校生1塁手の評価は低いです。

 

高校野球で1塁以外の内野を守れないと言うのは、守備力がないと判断されます。

そういった事を考慮して、早実の和泉監督はセンター挑戦をさせたんだと思います。

結果、1塁に戻りましたが。

そういった、ことを踏まえ清宮の守備力はマイナス査定です。

プロにいったら、筒香、岡本のようにレフトというのも考えられます。

パリーグであれば、西武の森のように指名打者もありです。

 

しかし、その守備力を補って余りある、打撃と人気!

これは、広陵・中村以上です。

清宮フィーバーを想像すれば、集客面(経営)にとって大きなプラス。

溢れるメディアで宣伝効果は数千億規模になるのではないでしょうか?

高校生1塁手としてドラフト1位!

見てみたいけど、進学ですかね?

 

 

 

広陵・中村は、打てない捕手が主流の現代野球において救世主になります。

とくに、指名打者の無いセリーグにとっては何が何でも欲しい選手です。

しかも、今年のドラフトは不作の年と言われていますから、プロ希望であれば、複数指名は間違いないでしょう。

 

万が一、捕手がダメだとしても、打撃、スローイング、走力があれば、巨人・坂本以来の大型遊撃手になれる可能性があります。

3拍子揃った捕手。

まさに、数十年に一人の逸材化もしれません。

 

 

 

打てる捕手になれる可能性を秘めている時点で、かなりの希少価値があります。

今のプロ野球なら、正捕手で、3割、20本打てば、50本打つ1塁手より評価が上でしょう。

よって、現時点で清宮と中村を比べると、中村が上になります。

 

 

ジャイアンツ山口飲酒暴力疑惑!紳士たる巨人の事件簿を振り返る。

何が…巨人・山口俊に暴行疑惑 30歳誕生日に泥酔、病院で大暴れ

巨人・山口俊投手(30)が18日、予告先発となっていた中日14回戦(ナゴヤドーム)の登板を取りやめた。11日未明に飲酒した上で東京都内の病院で扉を壊したり、男性警備員を負傷させた暴行トラブルの疑いが発覚したため。球団は当面は起用を自粛する。フリーエージェント(FA)で今季加入した同投手は、右肩違和感による出遅れで1勝にとどまっている。
以下省略
7/19 スポニチアネックス

続きを読む

元巨人・日ハム大田爆発に見えてくるジャイアンツファンの本音

大田に打ち込まれた巨人・村田真ヘッド「配球が甘いと思うよ」

巨人は11日の日本ハム戦(札幌ドーム)に1―5で敗れ、交流戦最下位に転落した。

 元巨人のドラフト1位コンビにやられた。2010年に戦力外通告した村田透(32)に5回1失点と封じられプロ初勝利を献上すると、昨年、トレードで放出した大田泰示外野手(27)には、この日も2戦連発の8号ソロを許すなど、3戦計10打数7安打2打点と打ち込まれた。しかも大田に一発を浴びたのは、トレード相手の吉川光だった。

 由伸監督は大田について「姿は変わっているようには思わない。チームとして、同じ打者に何本も打たれているようでは話にならない」。村田真ヘッドコーチは「打たれすぎや。俺らの指導不足もあるけど、あんなに同じ打者に打たれたらあかんよな。配球が甘いと思うよ。サネ(実松)も外ばっかり。経験ある捕手には見えんかったな」とバッテリーへ怒りをぶつけた。

6/12 東スポ

 

続きを読む

11連敗のジャイアンツが今やるべきとこは!

巨人ついに球団ワースト42年ぶり11連敗で5位転落 11戦11敗は球団初の屈辱

 負の連鎖が止まらない。不振にあえぐ巨人は6日、メットライフドームで行われた西武との交流戦に5―8で逆転負けを喫し、ついに11連敗で5位転落。2度の3点リードも守り切れず、球団唯一の最下位に終わった1975(昭50)年の球団ワーストに並んだ。42年前は1分けを挟んでの11連敗だったが、11戦11敗は球団史上初めてという屈辱となった。

以下省略

6/7 スポニチアネックス

 

続きを読む

巨人岡本和真・吉川尚輝に思うジャイアンツ育成方針

【巨人】ドラ1吉川尚、2試合出場5打数無安打で登録抹消

巨人のドラフト1位・吉川尚輝内野手(22)が19日、出場選手登録を抹消された。

  9日に初昇格し、14日の広島戦(マツダ)で代打で二ゴロ。17日のヤクルト戦(東京D)では「7番・二塁」で初スタメンも4打数無安打。計5打数無安打だった。
以下省略
5/20 スポーツ報知

続きを読む

2017ジャイアンツ!ヨシノブ監督、今こそクルーズ昇格を!

【巨人】変わったクルーズ!2軍落ちから学び「自分のベストを見せたい」

開幕から2軍調整が続くルイス・クルーズ内野手(33)が15日、現在の心境を激白した。イースタン・リーグでは21試合に出場し、打率3割2分1厘、チームトップの6本塁打、12打点。外国人枠の問題で1軍昇格の壁は厚いが「いつ呼ばれてもいいように準備している」と気持ちを切らさず、好結果を残し続ける助っ人の現状に迫った。
以下省略
5/16 スポーツ報知

続きを読む

早実の勘違いで起きた「敬遠、清宮勝負」の波紋。早実対秀岳館

前打者敬遠して「清宮と勝負」舞台裏では賛否両論

第46回RKK熊本招待高校野球大会は14日、藤崎台球場で3試合が行われ、招待校の早実(東京)は秀岳館(熊本)との第1試合に1―5で敗れた。前日13日の八代(熊本)戦で高校通算93号の場外弾を放った早実の怪物スラッガー・清宮幸太郎内野手(3年)は3打数1安打2四球に終わったが、9回の最終打席に“事件”が起きた。秀岳館が二死から2番・雪山を敬遠し、あえて3番・清宮と勝負。6000人の観客を沸かせ、エース田浦に経験を積ませる鍛治舎監督の“粋な計らい”だが、舞台裏では賛否両論が巻き起こった。

中略

 

 一方の試合後の早実側にはピリピリムードが漂った。選手への配慮のため、テレビカメラは一切入室NG。そんななか、清宮は敬遠について「いろいろと感じる部分はありました」と悔しさを押し殺して語り、すぐに「たくさんの方に朝早くから来ていただいて、勝ちという形では返せなかったけど、温かい声援は感じました」と続けた。早実・和泉監督も敬遠に関しては「参りましたね」と一言触れるのみ。敬遠された雪山が悔し泣きしながら球場を後にするなど、観客の盛り上がりとは裏腹に後味の悪さが残った。

以下省略

5/15 東スポ

続きを読む