読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

巨人岡本和真・吉川尚輝に思うジャイアンツ育成方針

【巨人】ドラ1吉川尚、2試合出場5打数無安打で登録抹消

巨人のドラフト1位・吉川尚輝内野手(22)が19日、出場選手登録を抹消された。

  9日に初昇格し、14日の広島戦(マツダ)で代打で二ゴロ。17日のヤクルト戦(東京D)では「7番・二塁」で初スタメンも4打数無安打。計5打数無安打だった。
以下省略
5/20 スポーツ報知

続きを読む

2017ジャイアンツ!ヨシノブ監督、今こそクルーズ昇格を!

【巨人】変わったクルーズ!2軍落ちから学び「自分のベストを見せたい」

開幕から2軍調整が続くルイス・クルーズ内野手(33)が15日、現在の心境を激白した。イースタン・リーグでは21試合に出場し、打率3割2分1厘、チームトップの6本塁打、12打点。外国人枠の問題で1軍昇格の壁は厚いが「いつ呼ばれてもいいように準備している」と気持ちを切らさず、好結果を残し続ける助っ人の現状に迫った。
以下省略
5/16 スポーツ報知

続きを読む

早実の勘違いで起きた「敬遠、清宮勝負」の波紋。早実対秀岳館

前打者敬遠して「清宮と勝負」舞台裏では賛否両論

第46回RKK熊本招待高校野球大会は14日、藤崎台球場で3試合が行われ、招待校の早実(東京)は秀岳館(熊本)との第1試合に1―5で敗れた。前日13日の八代(熊本)戦で高校通算93号の場外弾を放った早実の怪物スラッガー・清宮幸太郎内野手(3年)は3打数1安打2四球に終わったが、9回の最終打席に“事件”が起きた。秀岳館が二死から2番・雪山を敬遠し、あえて3番・清宮と勝負。6000人の観客を沸かせ、エース田浦に経験を積ませる鍛治舎監督の“粋な計らい”だが、舞台裏では賛否両論が巻き起こった。

中略

 

 一方の試合後の早実側にはピリピリムードが漂った。選手への配慮のため、テレビカメラは一切入室NG。そんななか、清宮は敬遠について「いろいろと感じる部分はありました」と悔しさを押し殺して語り、すぐに「たくさんの方に朝早くから来ていただいて、勝ちという形では返せなかったけど、温かい声援は感じました」と続けた。早実・和泉監督も敬遠に関しては「参りましたね」と一言触れるのみ。敬遠された雪山が悔し泣きしながら球場を後にするなど、観客の盛り上がりとは裏腹に後味の悪さが残った。

以下省略

5/15 東スポ

続きを読む

WBC日本代表!ナイスゲームもアメリカに敗れる。次回WBCへ向けての提言!

小久保監督、退任の意向表明「これで契約満了ということです」

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は21日(日本時間22日)、準決勝が行われ、侍ジャパンは米国代表に1―2で惜敗。6回に菊池のソロ本塁打で同点に追い付いたが、8回に勝ち越しを許して2大会ぶりの世界一奪還はならなかった。小久保裕紀監督(45)は敗退決定後に「ここを目指してやってきた。これで契約満了ということです」と退任の意向を示した。

  試合後「ホームが遠い試合でしたね」と総括した指揮官。「なかなか芯で捉えることができなかったですね」と散発4安打に終わった打線の沈黙を悔やんだ。

  一方で「ピッチャーは、1番から9番までバリバリのメジャーリーガー相手によく投げた」と6回3安打1失点と好投した先発の菅野ら投手陣を称賛。「悔しい負けですけど、選手たちはよくやったと思います」と話した。

  13年の第3回大会に続き、2大会連続の準決勝敗退。「選手たちは責められない」と何度も繰り返し、「開幕前にリスクを負いながら、このユニフォームに袖を通してくれた選手たちに感謝したいです」と“侍”たちをたたえていた。

続きを読む

WBC日本代表!オランダ戦!ナイス小久保と?小久保

中田 死闘4時間46分V撃 侍初3戦連発&大会史上初タイブレーク締め

中田が決めた!アサヒスーパードライプレゼンツ・第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次ラウンドE組が12日、東京ドームで開幕した。世界一奪回を目指す侍ジャパンは、同点の延長11回から大会史上初のタイブレークに突入し、1死二、三塁で中田翔内野手(27=日本ハム)が左前へ決勝2点打を放った。3回には日本選手として大会初の3戦連発、3安打5打点と大爆発。日本にとって過去最長4時間46分の死闘を制し、開幕4連勝。決勝トーナメント進出へ向け、大きな1勝となった。

以下省略

3/12 スポニチアネックス

続きを読む

WBC日本代表!キューバ戦!ナイス・小久保とハテナ・小久保

侍ジャパン初陣 VSキューバ 平均視聴率22・2%!瞬間最高は25・6%

TBS系列で7日に生中継された第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド「日本―キューバ」(午後7・45~同11・09)の平均視聴率が22・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが8日、分かった。

 瞬間最高視聴率は午後10時50分の25・6%。8回裏の日本の攻撃、10-6でリードし、なおも好機で小林(巨人)が打席に立った場面だった。

  試合は、1-1の4回に山田(ヤクルト)の適時二塁打で勝ち越し、5回には松田(ソフトバンク)の3ランなどで5点。追い上げられたが、7回に筒香(DeNA)が2ランを放って突き放すなど、日本が14安打11得点で打ち勝った。

3/8 スポニチアネックス

続きを読む

ジャイアンツ紅白戦!カミネロ・桜井の評価!

【巨人】新外国人カミネロ154キロ!阿部、手出せず…他球団スコアラーも驚嘆

巨人の新外国人右腕、アルキメデス・カミネロ投手(29)=マリナーズ=が12日、剛腕ぶりを見せつけた。紅白戦で紅組の2番手として登板し、1イニングを2安打1奪三振、無失点。最速は154キロを計測し、他球団の007を震え上がらせた。

 気温9度。肌寒い風が吹く中、“神ってる球”がうなりを上げた。3回先頭。4番・阿部に対して1ボール2ストライクからの6球目、外角の直球が捕手のミットにズドンと収まった。この日最速の154キロに手が出ず、天を仰いだ主砲は「速かった。結構動いてたね」と実力を目の当たりにした。制球が問題視されてきたが、無四球でしのぎ、守護神候補としてアピールに成功した。

以下省略

2/13 スポーツ報知

続きを読む