プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

2015 ドラフト オコエ1位指名あるか?

14年ぶりのリーグ優勝を狙うヤクルトに、今秋ドラフトで、今夏の甲子園やU−18W杯で活躍した“スピードスター”オコエ瑠偉外野手(関東第一3年)の指名を望む声が高まっている。

 ドラフト会議に臨む球団は、即戦力と将来性を含め投手の1位指名を模索している。現在のチームは2年目の杉浦や今季6勝をあげた山中ら故障者が続出。先発ローテも小川、石川、館山、石山の4本柱に中継ぎのロマンを加えて回さざるを得ない状況で、先発投手の不足は長年の課題だ。

 チーム関係者は「ドラフトでも即戦力の投手を獲らないと」と、仙台大・熊原、駒大・今永、大商大・岡田ら大学生の即戦力投手に加え、高校生でも県岐阜商・高橋、東海大相模・小笠原といった競合確実のビッグネームを上位候補にリストアップしている。

 その一方で違う声もある。別の関係者は先発投手不足の現状を認めた上で「あんな選手がいたら面白いだろうね」と熱い期待を寄せるのが、オコエだ。チームは投手不足と同様に、今季は1番打者と中堅手の不在に苦しんでいるからだ。

9/14 夕刊フジ

 

オコエ選手を「はずれ1位」で獲得することはできないと思います。

なぜならば、1本釣りを狙うチームが出てくるからです。

今年のドラフト候補選手の中で、野球ファンからの注目度は1番ですから、メディア露出も集客面でも期待できます。

 

ポイントは日ハムの陽選手のFA動向です。

日ハムは陽選手は遅かれ早かれチームを離れるので、3拍子そろってパワーもあるオコエ選手の1指名の可能性はありそうですね。

 

ソフトバンク福岡第一高校出身でソフトバンク入団を希望していた陽選手を1位指名した経緯があります。お兄さんもソフトバンクで投手をしていました。

ただ、陽選手の今年の調子では今のソフトバンクでスタメンは約束できないでしょう。

そんな状況にもかかわらず、FAで獲得するのか疑問です。

ブッチギリの首位を走るチームですから、戦力的に余裕もあり、昨年もケガをしている高校生を余裕の単独1位指名でしたから、今回も若いオコエ選手を1位指名する可能性が十分あると思います。

 

f:id:monkox:20150914232545j:plain

 

ロッテは野手不足ですが、それ以上に先発投手不足です。唐川投手や藤岡投手の今の状態では即戦力の先発投手獲得が優先でしょう。育成時間のかかる高校生を1位指名するのは現実的ではないですね。

 

楽天は人気面でオコエ選手を獲得したい気持ちはあると思いますが、星野前監督が球団副社長になってチーム強化の権限をにぎるとなると、早く結果を出すために現実的な補強をしてきます。阪神時代の補強はスゴかったですから。

そうなると、昨年、高卒の安楽投手指名してますから今年は即戦力投手を1指名になると思います。

 

西武は2年連続で高卒選手を単独指名し、森選手も高橋投手もすでに活躍しています。

ただ、今年は完全に投手不足。野手は2冠確定の中村選手、200安打達成の秋山選手、森選手、浅村選手など充実していますから、今年は即戦力投手を指名するでしょう。

 

オリックスは昨年のでたらめな大型補強の件があるので何をしでかすか、まったくわかりません。

 

セリーグは今の戦い方をみていると、高校生野手を1位指名し育成する余裕があるチームがあるとはとても思えません。

これはあくまでも、素人の勝手な予想です。みなさんも楽しみながら予想してみてください!