プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

巨人 高校生野手をドラフト1位指名あるか?

巨人は29日、都内でスカウト会議を開き、今秋ドラフトの1位候補選手として、関東第一・オコエ瑠偉外野手(18)と仙台育英・平沢大河内野手(17)が浮上した。

 注目したのは、実力に加えてスター性だった。この日は、ドラフト指名候補選手として67人をリストアップ。その中で、オコエと平沢は12人いる1位指名候補に含まれた。山下スカウト部長は「ふたりは甲子園で評価を上げた。甲子園までAクラスにいなかった。必ずレギュラーになれるという評価。プラス、人気もありますから」と説明した。

 今夏の甲子園。オコエは抜群の身体能力が光り、平沢も俊足好打の遊撃手として脚光を浴びた。スター性のある野手を“補強ポイント”に掲げる巨人にとって、両選手は魅力あふれる存在。昨年の岡本に続き、今年も高校生野手を1位指名する可能性は十分にある。

 全国制覇を成し遂げた東海大相模・小笠原慎之介投手(17)、即戦力として評価する仙台大・熊原健人投手(21)もリストの最上位に入ったもよう。山下スカウト部長は「投手ならこの選手、野手ならこの選手と、どちらが来てもいいように準備はしている」と語った。今後は他球団の動向も見ながら、最終判断を下す。

9/30 デイリースポーツ

 今シーズンの巨人の成績をみていると、今年のドラフト1位指名は、投手であれば左投手、野手であれば即戦力選手を指名するのではないかと思います。

 

今シーズンの投手陣でいえば、左腕の内海投手と杉内投手の年齢的な問題にくわえ、杉内投手は股関節手術、山口投手も7年連続60試合以上登板して、今シーズンも現在58試合に登板しており、勤続疲労の影響がみられます。将来をみすえて、左腕を補強しなくてはいけません。

 

野手はとにかく、打てませんでした。来季に向けて、野手を1位指名するのであれば、即戦力選手の指名になるでしょう。もしくは、日本で実績のある外国人選手を獲得できれば、将来をみすえ、上記のように高校生野手指名も考えられます。

f:id:monkox:20150930120831j:plain

関東一高・オコエ選手

注目は走力、特に甲子園で見せた、二塁、三塁の到達タイムです。

プロ野球では二塁打での二塁到達タイム 8.29秒 三塁打で三塁到達タイム 12.29秒を切れば俊足と評価されます。

プロ野球でトップクラスのタイムは↓

二塁到達タイムはライオンズ金子選手、日ハム西川選手が 7.86秒。

三塁到達タイムはライオンズ秋山選手 11.03秒 中日大島選手 11.11秒

 

高岡商戦のオコエ選手は

二塁到達タイム 7.73秒  三塁到達タイム 10.88秒を記録

 プロトップ選手を上回るタイムをもっていて、しかも、走力にはスランプがないです。

 

仙台育英・平沼選手

走攻守そろった内野手。U-18代表で木製バットの対応もできていました。

 

 巨人には3年後にショートを任せられる選手の獲得をしてほしいです。

それは、腰に不安のある坂本選手のためです。

やはりチームの中心選手である坂本選手には常にフル出場してほしい。


今の坂本選手は阪神の鳥谷選手のような存在です。
ハッキリ言って、好成績と言うよりも目立ちにくい出塁率や守備、そして存在感でチームに貢献するタイプの選手です。そういった選手は体が強くなければいけません。


高卒で、まだ体が出来上がってない2年目から、体に負担の大きい人工芝の東京ドームをホームに、7年連続140試合以上出場している。そろそろ、体に異常が出てきてもおかしくないでしょう。

 

鳥谷選手も10連続140試合以上出場していますが、早大卒で体できていた事と、入団の際、体の事を考え天然芝でのプレーを望んで阪神に入団した経緯があります。
(もちろん本人の努力と体のケアがあってのことです。)

この差は大きいと思います。

 

ホーム球場が硬い人工芝である以上、早いうちに坂本選手のサードへのコンバートを考えなければいけません。それは衰えでなく、選手生命を伸ばすためです。
そして、巨人のスター選手はやはりサードでしょう。長嶋終身名誉監督と原監督が守ったホットコーナーを坂本選手に守ってもらいたい。


 巨人のスカウトと育成にあまり期待してませんがここは、坂本選手を外れ1位で指名した実績もありますし、ぜひとも3年後を見据えた選手選考をお願いします。

それが出来なければ、もちろんその時はFAで!

 

puro.hatenadiary.jp