プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

巨人低迷の理由  なぜ打撃不振に?

球団史上最弱? 巨人打線、不振のワケ

◆ 2年続けて3割打者なしは球団史上初

 とにかく、「打てない」。今季の巨人を表す言葉はこれに尽きるだろう。

 チーム本塁打数は97本でセ・リーグ4位だが、チーム打率.242はリーグワースト。規定打席に達しているのは坂本勇人長野久義のふたりだけでリーグ最少だ。両選手とも打率トップ10に入らず、3割にも遠い。昨季も、巨人は3割打者がひとりもいなかったが、2年連続で巨人に3割打者がいないのは2リーグ制後で球団史上初のことになる。

 また、チーム最多本塁打阿部慎之助の15本で、シーズン20本塁打にひとりも到達しなければ1960年以来55年ぶりのことだ。

 かつては12球団屈指の破壊力を誇ったが、この2年ですっかり弱体化してしまった巨人打線。要因はさまざまだろうが、そのひとつは初球時の打率の低下にあると見る。

 28日現在、セ・リーグ規定打席に達している選手の初球時の平均打率は.329。巨人のレギュラー陣で、初球時の打率がリーグ平均を上回っているのは長野の.353、村田修一の.381、立岡宗一郎の.333、井端弘和の.345と4人しかいない。

 坂本の初球時の打率は.250でリーグ4番目に悪く、阿部慎之助は.303、亀井善行は.273、アンダーソンは.250、小林誠司は.231と3割に届いていない選手も多い。 

 

 ファーストストライクに視点を変えても、規定打席到達者の平均が.341に対し、巨人のレギュラー陣は.326。長野の.402や阿部の.377が目立つぐらいで、坂本は.261にしか打てていない。

 バッテリーにとって最も難しいのは初球の入り方だと言われている。ただ振ればいいということもでないが、ストライクを取りに来た甘い初球を見逃してしまうのは実にもったいないことだ。今季の巨人打線は甘い初球を見逃し、難しい球に手を出して凡退というケースが多い。相手バッテリーを楽にさせてしまっては、たとえ好打者が並ぶ打線でも威力は半減してしまう。
 
  以下省略

9/30 ベースボールキング

 9/27のヤクルト戦でノムさん「長野ぐらい積極的な勘違いしているのは、他に類を見ない。こういうところに巨人打線の脆さというかな。天才打線の脆さよ」とクサしていましたね(笑)

この発言は、”得点圏にランナーをおいて、長野選手のような好打者に初球からストレートでカウントを取りにこないでしょ”と初球のあきらかな変化球のボール球に空振した長野選手に対してです。

 

初球から、なにも考えずに振っていたらカウントも不利になりますから、成績にも影響します。今シーズンの長野選手の成績は打率243 本塁打14 打点48

初球から振れることは大切ですが、今の巨人の打撃低迷の原因はコレではないと思います。

 

f:id:monkox:20150930205601j:plain

 

打撃低迷の理由は、補強から育成に舵をきったことです。

育成に成功していれば、こんな成績になっていなかったと思いますが、なぜ、ソフトバンクのように育成と補強を同時進行しなかったのでしょうか?

 

 

そこで、巨人の強打者補強の歴史を観てみましょう!

  落合博満
  巨人在籍期間:1994年~1996年(3年間)
  移籍前所属球団:ロッテオリオンズ中日ドラゴンズ

  

  広沢克己 

  巨人在籍期間:1995年~1999年(5年間)
  移籍前所属球団:ヤクルトスワローズ
  
  ジャック・ハウエル 

  巨人在籍期間:1995年シーズン途中まで(約半年)
  移籍前所属球団:ヤクルトスワローズ
  
  清原和博 

  巨人在籍期間:1997年~2005年(9年間)
  移籍前所属球団:西武ライオンズ
  
   石井浩郎 
  巨人在籍期間:1997年~1999年(3年間)
  移籍前所属球団:近鉄バファロー
  

  ドミンゴマルチネス
  巨人在籍期間:1999年~2001年(2年間)
  移籍前所属球団:西武ライオンズ
  

  江藤智 

  巨人在籍期間:2000年~2005年(6年間)
  移籍前所属球団:広島東洋カープ  
  
  ロベルト・ペタジーニ 

  巨人在籍期間:2003年~2004年(2年間)
  移籍前所属球団:ヤクルトスワローズ
  
  小久保裕紀 

  巨人在籍期間:2004年~2006年(3年間)
  移籍前所属球団:福岡ダイエーホークス
  
  タフィ・ローズ 

  巨人在籍期間:2004年~2005年(2年間)
  移籍前所属球団:近鉄バファローズ-大阪近鉄バファローズ
  
  李承燁

  巨人在籍期間:2006年~2010年(5年間)
  移籍前所属球団:千葉ロッテマリーンズ
  
  谷佳知 

  巨人在籍期間:2007年~2013年(7年間)
  移籍前所属球団:オリックス・バファローズ
  
  小笠原道大 

  巨人在籍期間:2007年~2013年(7年間)
  移籍前所属球団:北海道日本ハムファイターズ
  
  アレックス・ラミレス 

  巨人在籍期間:2008年~2011年(4年間)
  移籍前所属球団:東京ヤクルトスワローズ
  
  大村三郎(サブロー) 

  巨人在籍期間:2011年途中~シーズン終了まで(約半年)
  移籍前所属球団:千葉ロッテマリーンズ
  
  村田修一 

  巨人在籍期間:2012年~在籍中(在籍4年目)
  移籍前所属球団:横浜ベイスターズ

 

素晴らしい選手ばかりですね。これぞ巨人という感じです!

なかには、忘れていた選手もいましたが(笑)  

ただ、2011年の村田選手を最後に強打者の補強はしていません。

補強をせず、育成を失敗した巨人の打撃成績が低迷するのは当然ですね。

補強は悪い事ではないです。育成はほどほどに、どんどん補強しましょう!

今年のオフは巨人に期待しています!!  

 

puro.hatenadiary.jp