プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

ロッテ涌井投手過去の成績からみる。最多勝は「利己主義」か?

 ◇パ・リーグ ロッテ9―3楽天(2015年10月6日 コボスタ宮城)

 ロッテの涌井秀章投手(29)が延長10回を投げ、137球の熱投で15勝目をマーク。今季レギュラーシーズン最終戦で大谷(日本ハム)に並び、西武時代の09年以来、6年ぶり自身3度目の最多勝を獲得した。2球団での最多勝は史上7人目。「毎年目指していた。久しぶりに取れてうれしい」と笑顔を見せた。


 執念だった。10日のCSファーストS初戦の先発が検討されていたが、「そんなにないチャンスなので、もう一度投げさせてください」と伊東監督に直談判し、中4日で登板した。打者37人を6安打3失点に抑えると延長11回に打線が6点を勝ち越した。西武時代の07年(17勝)、09年(16勝)に続く自身3度目の最多勝は、ロッテ移籍後は2年目で初めて手にしたタイトルだった。

 涌井は最多勝の称号を手にし、CSは中4日で11日のファーストS第2戦に先発する見込みだ。

10/6 スポニチアネックス

 涌井投手の高校時代

涌井投手には少し思い入れがあります。

涌井投手が横浜高校3年時代「夏の甲子園大会」の一回戦をみた影響でしょうか?

相手は地元兵庫代表の報徳学園、一回戦にも関わらず満員でした。

報徳学園には、プロ注目投手、2年生左腕・片山投手(楽天高校生ドラフト1位。2015年10/4支配下選手登録を解除)との投げ合いが予想されていましたが、結果は横浜の圧勝でした。

 

その時の、涌井投手は、フォームに力感がなく、軽く投げてる印象でしたが、140㎞を後半を連発する姿が印象的でした。「こんな投手がドラフト1位になるんだな」と思ったくらいです。確か、先発マスクをかぶっていたのが、1年生捕手、現・中日、福田永将選手でしたね。これは、危なっかしくて見てられませんでした(笑)

 

2004年ドラフト1位で西武に入団。ライバルとなるダルビッシュ投手も日ハムにドラフト1位で入団。ともに、単独指名でした。伝説のスカウトマン・元ヤクルトの片岡氏の言葉をかりれば「スカウトマンの目は節穴」ってことですね。

f:id:monkox:20151008122844j:plain

本題に戻ります。

クライマックスの出場が決定し、最下位楽天との最終戦登板は、涌井投手以外に誰にもメリットもありません。クライマックスの第1戦の先発が予想されたなか、それを回避したわけですからデメリットしかありません。

 

それを承知して、過去2回も獲得した最多勝にこだわった、涌井投手に「意地」を感じました。それは、近年の不調があったからです。

入団2年目の2006年~2010年の5年間に12勝、17勝、10勝、16勝、14勝と積み上げてきましたが、2011年からは不調で、2009年に先発の名誉である沢村賞を獲得した投手が、リリーフ、抑えをさせられるほどまで調子を落としました。

 

その間、ライバルのダルビッシュ投手は日本で敵なしになり、メジャーへ移籍。

涌井投手の悔しさは相当だったはずです。だからこそ、最多勝にこだわり、「涌井はまだ終わっていない」というのを示したかったのではないでしょうか。仮に順調に成績を残していたら、今回の様なことはなかったと思います。

 

しかし、今回の涌井投手の最終戦登板は「利己主義」と批判されてもしかたないことです。クライマックスの結果がでるまでこの「最多勝」は、ロッテファン、チームメイトからも祝福されることはないでしょう。

 

実際にローテ変更がありそうです。

 

ローテ CSローテ再編も 疲労考慮しチェン→石川→涌井案

日本ハムと対戦するCSの先発陣のローテーションが再考されることになった。当初は第1戦(10日)は石川、第2戦が涌井、第3戦がチェンという予定だった。

 ところが、涌井が6日の楽天戦(コボスタ宮城)で10回137球を投げたため中4日では疲労が回復しない可能性もある。伊東監督は「チェンは前回登板で球数が少なかったので中4日で初戦で投げさせるかもしれない。その場合は石川、涌井という順になる」と説明。チームはこの日、仙台から札幌入り。今後は3人のコンディションを見極めながら登板順を決める。

10/8 スポニチアネックス

 

すでにチームに迷惑をかけています。3戦2勝のクライマックスで、チームの勝ち頭が第3戦ではやはりおかしいでしょう。

クライマックスの結果次第で、最終戦に先発を直訴した涌井投手とそれを許した伊藤監督に批判が集中するでしょう。

 

puro.hatenadiary.jp