プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

野球賭博で揺れる今、名球会痛恨の人選ミス!空気を読みなさい!

 一般社団法人日本プロ野球名球会は8日、来年1月11日に福岡ヤフオクドームで「名球会ベースボールフェスティバル2016」を開催すると発表し、都内のホテルで記者会見を行った。

 会見にはソフトバンク球団会長でもある、王貞治顧問や山本浩二理事長らが出席。今回のイベントには全57人の会員のほぼ全員が出席し、名球会がセ、パに別れて紅白戦を行ったり、女子ソフトボール日本代表メンバーとともに「野球・ソフトボール教室」を開催する。

 山本理事長は「本塁打競争も行う予定ですし、紅白戦では皆さんの意見をお聞きして色々な対戦をお見できれば」と興奮気味。松井秀喜氏も参加予定で、恩師・長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督(79)=報知新聞社客員=と、13年5月5日の国民栄誉賞授与式(東京D)以来の「対決」についても「それも考えましょう。あのときは長嶋さんも間違いなく打ちに行っていましたし、今回も(バットを)振っていただけるのではないでしょうか」と山本理事長も大物対決に期待を寄せた。

 10/8  スポーツ報知

 五輪に向けてとても素晴らしい取り組みなんですが、今回の名球会ベースボールフェスティバル2016」に参加したメンバーの人選が悪すぎます。

和田一浩氏、佐々木主浩氏、立浪和義氏、王貞治氏、山本浩二氏、柴田勲東尾修

 

太字の2人は今のタイミングで公の場に出てきたらまずいでしょう。

巨人の野球賭博問題で大変な時に、名球会のメンバーが五輪復活に関係するイベントに出てきたら、野球賭博の質問をされるに決まってるじゃないですか。

 

f:id:monkox:20151009110254j:plain

 

東尾修 元西武ライオンズ投手 通算251勝

1987年、15勝9敗 防御率2.59でMVP獲得。この年のオフに暴力団が絡みの麻雀賭博書類送検される。半年間の出場停止と減俸2500万円。

会見で「すべて私の不徳の致すところ、雀荘でやるのは好きでなかった。メンツにヤクザがいると知っていたら加わらなかった、軽率だった」と謝罪。

この時「不徳」を「フタク」と読み、関係者に注意される。

 

f:id:monkox:20151009110317j:plain

 

柴田勲 元読売巨人軍野手 通算2018安打

評論家時代の1992年、現金賭博(トランプ賭博)で検挙。

逮捕後の釈明会見でトランプのジョーカー柄のセーターで登場したことは、今もなお伝説となって語り継がれている。

 

ダメでしょ、この2人をだしたら。しかも昨日の会見で、東尾氏は1969年に西鉄ライオンズ黒い霧事件」(八百長)があったとき「ちょうどプロ2年目に当時目の当たりにして非常に厳しい状況になった。これからが大変だと思います。」と赤ら顔で発言してましたが、本人の麻雀賭博について語ったかはテレビの編集上わかりませんでした。

 

なぜ、この2人を人選したのか、名球会と言う組織が心配になってきました。

 

puro.hatenadiary.jp