プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

2015セリーグクライマックスシリーズ、巨人勝利、阪神和田監督退任!

 巨人“助っ投”躍動でCSファイナル進出!和田監督退任の阪神終戦
セ・リーグCSファーストステージ第3戦 巨人3―1阪神(2015年10月12日 東京D)
 
 セ・リーグクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第3戦(3試合制)が12日、東京ドームで行われ、レギュラーシーズン2位の巨人が先発左腕・ポレダの好投などで同3位の阪神を3―1で下し、14日から神宮球場でヤクルトと対戦するCSファイナルステージ進出を決めた。
 
 巨人は初回、先頭・立岡の右中間への三塁打などで1死一、三塁としてから阿部の中犠飛で先制。6回には1死一、三塁から阿部の右前打で1点を加えると、さらに阪神2番手・岩田の暴投でもう1点が入り、3点をリードした。
 
 阪神は4回まで巨人先発のポレダに1人の走者も出せず。1点を追う5回には、ゴメスの右翼線二塁打マートンの三塁への内野安打で無死一、二塁と絶好の同点、逆転機を築いたが、関本と江越が連続三振に倒れ、代打・新井も遊ゴロに終わってチャンスをつぶした。3点を追う7回には先頭・福留の右越え本塁打で1点を返したが、ここで登板したマシソンにゴメス、マートンが連続三振仕留められるなど、あと1本が出ず。9回には3番手・沢村から鳥谷と代打・西岡が連打を放つなど1死二、三塁としたが、ゴメスが三振、マートンも遊ゴロと最後までホームが遠かった。
 
 巨人先発のポレダは6回0/3で64球を投げ、3安打無四球で福留のソロ本塁打による1失点のみ。7回から登板した2番手のマシソンも2回を完全に抑え、守護神・沢村につないだ。初戦で7回2失点だったマイコラスに続き、外国人投手が好投した巨人。ファイナルステージでは、セ・リーグを14年ぶりに制したヤクルトに挑む。
10/12 スポニチアネックス

 

沢村投手が「マッチポンプ投法」で最後まで盛り上げてくれました。
とにかく、シーズン2位のチームが勝ち進んでくれてよかったです。
阪神は監督の解任が決まっていて、しかも負けたら最後の試合は、引退の決まっている関本選手と退団の決まっているマートン選手がスタメン起用ですから、選手たちはモチベーションの維持は難しかったでしょう。
 
6回に能見投手から岩田投手へのリレーでしたが、残念ながらその岩田投手が変わってすぐに失点してしまいました。先の試合を考えず、先発の岩田投手をリリーフ登板させたのは当然だと思います。結果的に失点となりましたが総力戦という考え方はよかったです。

f:id:monkox:20151012200417j:plain

和田監督、4年間お疲れ様でした。4年間の成績は2012年から5位、2位、2位、3位。
優勝はありませんでしたが、阪神球団のドラフト戦略や育成の能力の低いなか、よく頑張りました。来季の阪神は監督を変えるだけでなく、フロントも一新してほしいですね。そういえば、今日の解説は噂の金本氏でしたね。