プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

2015セリーグクライマックスシリーズ、巨人、ヤクルトに勝利!

原監督の継投ズバリ!内海奮投、田原は山田斬り、山口2回完璧救援

セ・リーグCSファイナルS第1戦 巨人4―1ヤクルト(2015年10月14日 神宮)

 巨人・原監督の投手起用がピタリとはまった。先発の左腕・内海が4回2/3を5安打1失点の粘投。

 勝ち投手の権利を目前した5回2死一塁で2番手の田原に代えたが、その田原が“トリプルスリー男”山田を空振り三振に仕留める。3点リードの7回には4番手のマシソンが無死一、二塁のピンチを招くと、迷わず山口にスイッチ。山口はピンチを無失点で切り抜け、続く8回も3者凡退と2回を無安打無失点で今ポストシーズン初勝利。9回は守護神・沢村が四球で1人走者を出しながらも締めた。

 原監督は「内海は初回に併殺で0点に抑えたのが非常に良かった。みんなの力で1点に抑えたということ」と投手陣の踏ん張りを評価。それでも、ヤクルトのアドバンテージを含めて1勝1敗のタイになっただけとあって「まだまだ戦い半ば。結論を言うには早いでしょう」と表情を引き締めた。

10/14 スポニチアネックス

 巨人が最高のスタートをしました。何と言っても、今シーズン13勝の石川投手を相手に2勝1敗、防御率5.01の内海投手を先発に立て、勝利したことが大きいですね。アドバンテージのあるヤクルトと互角となり今日から、マイコラス投手、菅野投手、ポレダ投手と巨人3本柱を投入できますから。

 

「打線は水もの」といいますから、短期決戦だと「打力」より「投手力」がある方が、計算できます。両チームとも、中継ぎから抑えの投手陣はいいですから、ポイントは先発投手になるでしょう。6回までにいかに多く得点できるかが勝敗に左右します。

昨日の試合も巨人は5回と6回に2得点づつし、7回以降は両チームとも得点なしですから。

 

今日、巨人はマイコラス投手ですから勝利する確率が高く、勝てば2勝1敗になります。昨日の勝利で余裕ができたので、第三戦は高木勇投手を先発させ、第四・五戦は菅野・ポレダ投手もしくは、ポレダ・菅野投手の順で先発させるかもしれません。ファーストステージの菅野投手の調子が良くなかったですから、間隔をあけ万全の状態で先発させたほうがいいですよ、原監督。

f:id:monkox:20151015115346j:plain

 

昨日のゲームでヤクルトバッテリーが少し気になるところがありました。

4回と6回のノーアウト1・2塁の場面で簡単に送りバントを決められた場面です。

確かに、村田選手と加藤選手のサード側に見事に決めた素晴らしいバントでしたが、村田選手は石川投手が投じた、初球の外から真ん中に入ってくる変化球を、加藤選手はロマン投手の投じた0ボール1ストライクからの真ん中の変化球をバントしています。

 

なぜ、簡単にバントしやすい球を投げたのか、まして、加藤選手の場合は投手有利のカウントで余裕があったはずなのに、なぜ変化球の真ん中なのか?なぜ、ロマン投手の150㎞近い高めのストレートを使わなかったのか?速い球なら、サード側に転がすのが難しく、ファーストがチャージすれば、三塁でフォースアウトを狙えたはずです。

2塁ランナーの村田選手に片岡選手を代走に出し、加藤選手の打撃を考えれば送りバントは確実と判断できたわけですから。

 

もちろん、両投手とも真ん中を狙って投げたわけではないと思いますが、こういった細かいミスが短期決戦には大きく影響します。

今日は、ヤクルト打線に期待します!!

1位の維持を見せろ!がんばれ、ヤクルト!

 

本日の予告先発

ヤクルト 小川投手 11勝8敗

巨人   マイコラス投手 13勝3敗

 

puro.hatenadiary.jp