プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

2015パリーグクライマックスシリーズ、ソフトB、ロッテに勝利!

 内川 延長10回サヨナラ打!「打った瞬間、頭が真っ白」

パ・リーグCSファイナルS第1戦 ソフトバンク3―2ロッテ(2015年10月14日 ヤフオクD)

 試合を決めたのは、やっぱりこの男、内川だった。2―2で迎えた延長10回、1死満塁で右前へサヨナラ打を放った。

 「良かったです。本当にほっとしました」と息をつく内川。延長に入った瞬間、昨年、日本ハムと対戦したファイナルS初戦でも9回サヨナラ勝ちしたことを思い出し「いつか、こっちに流れが来る」と思った。さらに、先頭の上林が振り逃げで出塁したのを見て「何か起きるな」と確信した。それでも「自分まで回ってくるとは思わなかった」と言う。1死一、三塁で、3回に同点弾を放っている柳田が敬遠気味の四球で歩かされ、内川との勝負となった。

 ~省略
 これで、アドバンテージの1勝を含めて2勝としたソフトバンク。2年連続の日本シリーズ進出へ大きな勝利となったが「3勝するまでは終わりではない。気を緩めることなく行きたい」とキッパリ。

 工藤監督も「何とも言えないです。それもサヨナラということで、キャプテンが打ってくれて、みんながチャンスをつくってくれて、本当にみんなで勝ち取った1勝だと思う」と語り、リーグ覇者の意地で「一つも負けないつもりで、あしたも全員で戦っていく」と力を込めていた。

10/14 スポニチアネックス

 この試合は、テレビ観戦していましたが、いい試合でした。

ソフトバンクは、30本塁・90打点オーバートリオの柳田選手(34本、99打点)、李大浩選手(31本、98打点)、松田選手(35本、94打点)のインパクトが強く、「打撃のチーム」の印象でしたが、昨日のソフトバンクの投手継投をみていたら、印象がかわりました。

 

f:id:monkox:20151015161416j:plain

ロッテの5回表の攻撃

ソフトバンク先発の武田投手が1アウト2・3塁のピンチをむかえ、千賀投手に交代。

その、千賀投手が4番の福浦選手に四球を与え、1アウト満塁に。ここから、5番デスパイネ選手と6番クルーズ選手を連続三振でピンチを切り抜ける。

 

ここがポイントでした。千賀投手の投球がすごかったですね。ストレートで150㎞連発でマックス153㎞を記録、フォークもいいコースに決まり、6回も3者凡退で1回2/3を無失点に抑える。7、8回はバリオス投手が2イニングを1安打、1四球で無失点。

9回は同点の場面で早くも、今年41セーブの守護神サファテ投手を投入しストレートはマックス157㎞記録し1安打無失点。

サヨナラにつながる延長10表は五十嵐投手が3者凡退で無失点。

 

先発の武田投手も含めマックス150㎞以上の投手リレーは圧巻でした。

昨日、登板した投手が記録した今シーズンのストレートのマックス。

サファテ投手 159㎞

武田投手 153㎞

千賀投手 153㎞

五十嵐投手 152㎞

バリオス投手 151㎞

 

球が速ければいいという訳ではありませんが、コントロールがよければ速いに越したことはありません。ソフトバンクパリーグを圧勝した理由がよくわかるゲームでした。

 

今シーズンのチーム防御率3.16でリーグ1位です。ただ、良く考えてください、今年ヤフオクドームはホームランテラスをつくり、その恩恵でチーム本塁打数も12球団でトップの141本となりました。裏を返せば投手にとってはホームランのリスクが高い球場になった訳です。実際、被本塁打113本で楽天に並んでリーグ最下位です。

 

しかし、失点はリーグ最少の491で次に少なかったオリックスは548でした。

その要因は、被打率231とリーグ最少で与四球もロッテとならんで422個でリーグ最少。狭くなったホーム球場で失点を抑えた投手力こそが、今年のソフトバンクの本当の強さの理由です。

 

ちなみに千賀投手は2010年の育成ドラフト4位です。

こんな投手がでてきたら、育成に力を入れるわけですね。

 

本日の予告先発

ソフトバンク バンデンハーク投手 9勝0敗

ロッテ    古谷投手 3勝4敗

 

puro.hatenadiary.jp