プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

2016補強!パリーグドラフト1位予想、ロッテ、日ハム、ソフトB

前回に続いて、各球団のドラフト1位指名を予想してみたいとおもいます。実際に1位指名が確定したものと、私の予想と希望が入り混ざってますがどうぞご勘弁を。

今回はパ・リーグソフトバンク、日ハム、ロッテの3チームです。

f:id:monkox:20151017141426j:plain

 

 

 パ・リーグ3位 ロッテ

 

クライマックスシリーズでロッテの戦いぶりを見ましたが、いいチームでした。

先発 涌井、石川、イ・デウン、チェン、大嶺、古谷

中継 藤岡、益田、松永、内

抑え 西野

残念ながら西野投手が故障してしまいましたが、投手陣は充実しています。

 

野手は清野を中心に大きな穴がない印象でした。何といっても、3年目の21歳、田村捕手の成長が印象的でした。盗塁阻止率も高く、ロッテは田村選手の故障がない限り、捕手の心配はしなくていいですね。これから、ロッテの強みになると思います。

他球団は捕手の育成に四苦八苦してますから。

 そう考えると、無理に即戦力にこだわる必要がなく、高校生の指名が有力になります。

野手であれば仙台育英の平沢大河選手、投手であれば高橋純平投手でしょう。

やはり1位は高橋純平投手でしょう。

 

パ・リーグ2位 日ハム

 

「今年一番いい選手を指名」する球団ですから、高橋純平投手で決まりでしょう。

先発の左投手が不足していますから、東海大相模の小笠原投手も十分可能性があると思いますが、実力は高橋投手が上だと思います。ただ新聞によって、高橋投手で決まりとした社と高橋投手か小笠原投手かドラフトの流れでわからないとした社がありましたが1位は高橋投手でしょう。

 

パ・リーグ1位 ソフトバンク

 

シーズンに続き、クライマックスも圧倒的な力で勝ち抜きました。

あえて、補強のポイントがあるとすれば、捕手です。高谷選手、細川選手、鶴岡選手と捕手を固定させずに戦いましたが、3人とも30代半ばで高齢化していますから補強のポイントでしょう。

 

2010年にドラフト1位で習志野高の山下捕手、2014年ドラフトでは2位で春江工高の栗原捕手を指名しています。2011、2012、2013と捕手は育成指名のみですから、あまり捕手育成に力を入れている感じがしません。細川捕手、鶴岡捕手ともにFAですから、「捕手がいなければFA」と考えているのでしょう。

 

そうなると、どのポジションも即戦力を必要としてませんから、高校生投手の指名になります。ソフトバンクの先発陣は左腕のコマ不足です。大隣投手も大病から復活しましたが6月に左ひじの炎症で離脱しました。高校生左腕の獲得となれば、工藤監督も同じ境遇で左のエースとして活躍してきましたから、高卒左腕を育てたい気持ちもあるでしょう。小笠原投手も「12球団OK」と言っていますし、東海大相模出身だからと言って、巨人にたいした思い入れはないようです。

その巨人も今年の貧打ぶりをみると、大学生野手の指名があるかもしれません。

 

単独指名を確実にするならソフトバンクは、オコエ選手の1位指名の可能性もあります。圧倒的な力でリーグ優勝し、戦力的に余裕があるので、育成に時間のかかる高卒野手の指名も可能です。甲子園の活躍で人気もありますし、右の好打者は松田選手・内川選手と30代ですから、将来をみすえての指名もあります。来春には筑後市に2つの球場と屋内練習場、選手寮などがある広大なファーム施設が完成し、育成環境がさらに充実しますから、オコエ選手にもいい条件だと思います。これは、私に希望です。

 

puro.hatenadiary.jp

puro.hatenadiary.jp