プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

2016補強!巨人マイコラス残留決定的、来季は「あの」投手を獲得?

 【巨人】マイコ残留!近日正式発表、単年8300万円→2年5億円

巨人のマイルズ・マイコラス投手(27)の来季の残留が23日、決定的となった。今季、最高勝率(8割1分3厘)のタイトルを獲得しチームトップの13勝3敗を挙げた右腕との交渉は最終段階に入っている。契約内容は2年総額5億円とみられ、近日中にも正式発表される見込みだ。またアーロン・ポレダ投手(29)、スコット・マシソン投手(31)も残留となる模様だ。

 マイコラスと球団の交渉はシーズン終盤から進められ、この日まで大筋で合意した。今季は1年契約で年俸8300万円だったが、大幅増となる2年総額5億円。細部を詰め、近日中に発表となる。

 ~省略

 マイコラスとともに先発ローテを支えたポレダも、金額は未定も1年契約での残留が濃厚。今季年俸6800万円のポレダは24登板で8勝8敗ながら阪神戦に5勝するなど、虎キラーとして力を発揮。198センチの長身から投げ下ろす150キロ超の直球は脅威だった。

 19日の帰国時には「巨人に帰ってくる可能性はあるし高いと思う。今は細かい部分を話している段階だが、自分の希望としても一致している」と話していた。

 2年契約が満了したマシソンとの交渉も、1年契約の条件で大詰めとなっている。3投手とも190センチを超える身長から原前監督に「スカイスリー」と命名された助っ投トリオの残留が決定的となり、由伸新体制をその剛腕で支えていくことになりそうだ。

10/24 スポーツ報知

 お見事!

ジャイアンツファンには朗報ですね。これは巨人球団フロントの大手柄です。

正直、後任監督問題よりもマイコラス残留するかどうかのほうが来季の成績を左右する問題であって、これが残留という最高の形で解決して本当によかったです。

ドラフトで桜井投手を1位指名した時、マイコラス投手の残留が難しいのかなと思ってたので余計に「1位指名」の謎が深まりました。ともあれ、投手は何人いてもいいですから、今回は巨人フロントが「力」を見せてくれました。

是非、その「力」で賭博問題も早急にカタをつけてください。

 

2年5億とは思ったより高くなかったですね。メジャーと天秤にかけたので、もっと高騰すると思っていました。阪神メッセンジャー投手が2億5000万円、ソフトバンクスタンリッジ投手は2億ですから、二人の実績と今シーズンの成績をみると妥当な値段です。しかも、2年契約できたのも大きいですね。「グッジョブ!」

 

f:id:monkox:20151025172725j:plain

 

もう一人の外国人投手、ポレダ投手の残留も濃厚だそうです。これで、来季の先発投手陣は間違いなく安定するでしょう。ポレダ投手とは「1年契約での残留」となっていますが、本来なら、左腕杉内投手の股関節手術、同じく左腕の内海投手の不調(4年契約をした2013年から13勝ー7勝ー今季は2勝)そして、先日のドラフトで高校生左腕の小笠原投手の指名を見送ったことを考えれば2年契約が妥当だと思うのですが・・・・

 

しかし、これは巨人フロントの「したたか」な戦略で、来季オフに広島のジョンソン投手の契約が切れるためだと思います。巨人が苦手としているジョンソン投手を獲得すれば、今季相性の悪かった、広島との対戦成績もよくなり一石二鳥ですから。来季オフ、かなりの金額をジョンソン投手に提示すると思いますよ。

 

とにかく「髙橋ジャイアン」にとっていいスタートが切れてよかったです。

 

puro.hatenadiary.jp

 

 

puro.hatenadiary.jp