プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

2016補強!巨人、元西武アブレイユ外野手と育成契約秒読み!

巨人、元レオ助っ人アブレイユを育成契約で獲得へ!今季独立Lでプレー

巨人が新外国人選手として、元西武のアブナー・アブレイユ外野手(26)=四国アイランドリーグplus・高知=を獲得する方針であることが5日、明らかになった。育成契約となる見込みで、既に大筋合意に達している。

 アブレイユは2013年に育成選手として西武に加入し、2年間プレー。今季は8月に独立リーグの高知に入団した。パワフルな打撃が魅力で、外野だけでなく、内野にも挑戦。攻守ともに荒削りだった西武時代から成長を見せている。

 今季の巨人の外国人野手はセペダ、フランシスコ、カステヤーノスらがいずれも不発。球団はシーズン中から米マイナーリーグや韓国リーグへの視察を続けており、中軸を任せられる強打者に狙いを絞り、今後も補強に動いていく

11/6  サンケイスポーツ

 アブナー・アブレイユ 26歳 190㎝ 85㎏

ドミニカ共和国出身 右投右打 外野手

 

2012年11月に西武と育成契約、2014年5月に支配下選手登録にになるが、9月に球団より契約解除。7試合に出場 16打数4安打 打率250 本塁打0 打点4

2015年8月に四国アイランドリーグの高知ファイティングドックスに入団

 

巨人が「球界の盟主」奪回に向け、どんどん補強することはとてもいいことです。

しかし、今回のアブレイユ選手との育成契約は、どのような意味を持っているのでしょうか?

2・3年育成して、支配下登録する考えにしては26歳という年齢は中途半端な感じもしますし、もしくは西武時代に巨人と同じイースタンでプレーしてますから、球団フロントが実力を評価していたのかもしれません。それと現在の巨人は、右打ちの外野手が少ないことも影響している可能性もあります。

 

巨人の主な外野手

長野選手・右

亀井選手・左

松本選手・左

橋本選手・左

大田選手・右

アンダーソン選手・左

立岡選手・左

鈴木選手・左

堂上選手・左

ドラフトで外野手の指名は1人で、重信選手・左でした。

f:id:monkox:20151106160502j:plain

 

矢野選手が日ハムに移籍し、右打ちの外野手は長野選手と大田選手だけになってしまいました。 この偏りもあって、何とか巨人に日ハムから陽選手が移籍しないか、私は、根拠もなく毎日願っているのです。すいません話が妄想になってしまいました。

もう一つおまけに妄想ですが、近いうちに岡本和真内野手が外野コンバートされると思います。

 

来季に向け巨人フロントは、外国人野手の獲得を3人考えているそうです。もちろん支配下選手でしょうから、今回のアブレイユ選手はその3人に含まれていないでしょう。

ただ、これから獲得する3人が、セぺダ選手、フランシスコ選手、カツテヤーノ選手のようになってしまったときの「保険」として、アブレイユ選手の育成契約ということが一番腑に落ちますね。

 

ですから、来季は、早い段階でアブレイユ選手に出番が来るかもしれませんよ。なんせ、巨人フロントが選んで連れてくる外国人選手ですから。 

puro.hatenadiary.jp

 

puro.hatenadiary.jp