プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

大田選手成長が2016巨人強化の最大の戦力補強!

【巨人】大田、ヤクルト・山田ばり飛躍へフルスイング習得だ!

巨人の大田泰示外野手(25)が6日、7日からの秋季キャンプで迫力あるフルスイングを習得すると誓った。今季は60試合で打率2割7分7厘もわずか1本塁打。14年、前年の3本塁打から29本に増やしたヤクルト・山田級の飛躍を目指し、バットを振りまくる。

 今年は10試合で4番を務め、4番での打率は3割9分5厘。コンパクトな打撃で確実性は増したが、長打力は影を潜めた。「ヒットは出ても、“捉えた”という打球は少なかった。しっかり振っていけるようにしたい」と課題を掲げた。

 もちろん、ただ、振り回すわけではない。「自分は力むと左肩が開いてしまう。いいポイントで強く捉えられるように、いい形で量を振ることが大事だと思う」。パワーはある。角度良くバットを出し、芯に当てるコツをつかめば、本塁打も自然と増えるはずだ。

 貧打に泣いた今年は、チーム全体で迫力のある打撃が少なかった。大田は来季8年目だが、4年目で急成長した山田や、10年目で初めて2ケタ本塁打したヤクルト・畠山の例もあり、期待は大きい。「来年、一気に上がれるように頑張ります」。決意を胸に、宮崎の土を踏んだ。

11/7  スポーツ報知

 入団7年目の大田泰示選手には大型内野手として高校時代から期待していました。それこそ一時は松井秀喜選手の背番号「55」を引き継いでいた男ですし、2008年のドラフトでも巨人とソフトバンクが競合したくらいの選手ですから。

 

その大型選手が未だ芽が出ず、くすぶっている事が納得できません。希望としては25歳とまだ若いうちに、日ハムかソフトバンク移籍し再生してほしいと思っています。

そのために、日ハムの陽選手とのトレードをと、常に妄想を膨らませていました。巨人のことを考えてではなく、大田選手を思っての妄想です。

 

f:id:monkox:20151108144301j:plain

 

ただ、この記事をみて少し安心しました。原巨人では打撃が年々小さくなって、持ち味がなくなってしまっているのが気になっていましたが、これからは三振かホームランか位の「豪快」なバッティングをできるようになってほしいですね。身体能力はソフトバンク・柳田選手にも負けないと思っています。

 

大田泰示 25歳 広島出身 

外野手 188㎝ 95㎏ 右投右打 年俸1800万円

2008年ドラフト1位 東海大相模ー巨人

通算成績 

168試合 322打数77安打 打率239 5本塁打 27打点 11盗塁

 

プロ生活7年でこの成績は悲しいですね。入団1年目にイースタン・リーグで101試合で17本塁打56打点、2年目は101試合で21本塁打70打点を記録。

3年目はイースタン・リーグで105試合で6本塁打に減少し盗数28(失敗15)記録。

この時期から打撃が小さくなってしまったのかもしれません。

 

巨人の外野手は左打ちの俊足好打の選手が多くいますから、大田選手のような大型選手を小さくまとめようとした事は「原巨人」の負の遺産です。

「高橋巨人」でなんとか大田選手を開眼させてくだい。

大田選手が同じ広島県出身の大砲、ソフトバンク・柳田選手(27)と日ハム・中田選手(26)に続き活躍できるよう期待しています。

 

puro.hatenadiary.jp