プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

ロッテ今江移籍!俸減と1年契約でFA!各球団の動きは?

楽天、FA行使の今江獲得へ調査 ドラ1オコエら若手の「手本」に

FA権を行使したロッテ・今江を、楽天が獲得に向けて調査することが明らかになった。楽天の主力は銀次、藤田ら左打者が多く、右打ちの強打者は今オフの補強ポイント。今季取得した国内FA権を使わず残留を決めたヤクルト・畠山が権利を行使していた場合には、調査に動く可能性があった。


 将来的に外国人に頼らないチームを目指しており、実績ある今江は魅力的な存在。今秋ドラフトでは将来の中軸候補として関東第一・オコエを1位指名し、中川、内田ら発展途上の選手も多い。今江を獲得できれば右打ちの若手の「見本」にもなる。複数球団との争奪戦に発展する可能性もあるが、他球団に負けない条件を検討している。

 一方、かねて今江の調査を進めていたオリックスは、獲得交渉については見送る方針となった。

11/11 スポニチアネックス

 昨日、涙のFA宣言をした今江選手を楽天が調査することになりました。

 

今江 敏晃 32歳 京都出身 PL学園ーロッテ ドラ3

通算成績 打率 284 93本塁打 637打点 30盗塁

受賞歴

ベストナイン 2005年

ゴールデングラブ賞 2005~2008年 4回

日本シリーズMVP 2005年・2010年 2回

千葉市市民栄誉賞 2006年

 

f:id:monkox:20151111120728j:plain

 

ロッテとの2度の交渉では、単年契約に減俸を提示され交渉決裂したようです。

2013年にはFAを行使せず2億+出来高の2年複数年契約を結びました。

 

2014年 120試合 445打数 120安打 打率270 10本塁打 54打点

2015年 98試合 373打数 107安打 打率287 1本塁打 38打点

 

2年契約した後の成績がこれでは減俸と単年契約は当然でしょう。

しかし、今江選手は納得いかずにFA行使した訳です。

現在、サードが安定していない球団が手を挙げることになると思いますが、実際に楽天以外で手を挙げる可能性のある球団はどこなのか?

 

2015シーズン、各球団のサードを守った選手

 

ソフトバンク松田宣浩選手

日本ハム・レアード選手

西武・中村剛也選手

オリックス小谷野栄一選手

楽天・ウィーラー選手

ヤクルト・川端慎吾選手

巨人・村田修一選手

阪神今成亮太選手

広島・梵英心選手

中日・ルナ選手

DeNAバルディリス

 

このなかで、100試合以上守った選手がいるチームは、ソフトバンク、日ハム、西武、ヤクルト、DeNAですが、松田選手はFA行使(移籍はないと思いますが)、バルディリス選手は移籍が濃厚です。

そうなると、日ハム、西武、ヤクルト以外は手を挙げる可能性があるのかと言えば、そんなに単純な話ではありません。

f:id:monkox:20151111121022j:plain

 

パ・リーグであれば、オリックスと今回手を挙げた楽天三塁手が欲しいところでしょうが、オリックスは昨年、3塁を守れる小谷野選手と中島選手を獲得している訳ですし、タイプ的には小谷野選手とダブりますから、オリックスが獲得を見送るのは当然でしょう。

 

セ・リーグは巨人、阪神は外国人選手で補強しますし、広島はFAに参加しません。中日は森ヘッドコーチがドミニカから3塁手を連れてくるでしょう。そうなると手を挙げるとすれば、DeNAでしょうか。昨年はエラーのつかないミスが多く、投手を中心とした守備力を向上させることが急務です。今江選手の守備力は頼りになりますし、梶谷選手、筒香選手など左の好打者が多いだけに、右打者というのもDeNAにはマッチしそうです。

 

ただ、問題は今江選手がランクAであることです。

ランクAとは?

各球団ごとに日本人選手の前球団の旧年俸順に上位3位までをランクA、4位から10位までをランクB、11位以下をランクCとランク付けさます。A・Bランクは人的補償を要求される場合があり、将来有望な若手選手を多く抱えている球団には、A・Bランクの選手を獲得するのに躊躇します。

巨人が大竹投手をFAで獲得したときに、広島が、一岡投手を人的補償で獲得し、活躍したのが代表的な例ですね。

 

なんだか、楽天だけなんてこともありそうです。

 

puro.hatenadiary.jp