プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

2016補強!阪神、藤川投手先発で復帰!抑えは呉投手

藤川球児4年ぶり阪神復帰は先発で「全身全霊を」

「先発球児」を補強!! 阪神は14日、四国IL・高知を退団していた藤川球児投手(35)と契約合意したと発表した。2年総額3億円(推定)で、米大リーグに挑戦した12年以来、4年ぶりの古巣復帰。球団は先発要員として構想していることも分かった。金本知憲監督(47)が口説くなど、球団のラブコールに応えた格好だ。球団最多220セーブを誇る、かつての守護神が、イメチェンして甲子園に舞い戻る。

 「火の玉ストレート」が甲子園に帰ってくる。球団担当者のもとに連絡が入ったのは前日13日の夜。藤川が代理人を通じて「お世話になります」と入団の意思を伝えてきたという。

 来季は新たな「球児」を見られそうだ。あくまで来季の戦力編成が整い、力量を見てポジションを判断されるが、球団は先発要員と見込んで獲得。かつて不動の地位だった守護神には現在、韓国人最強クローザーの呉昇桓が君臨する。今季で契約を終え、去就は流動的だが球団首脳は「うちの抑えは、あくまでスンファン」と話すように、来季も2年連続セーブ王の剛腕に抑え役を任せるつもりだ。

誰もが「どうせ阪神でしょ」と思っていた藤川投手の阪神復帰がきまりました。今後は藤川投手の起用法が気になるところです。

以下省略

11/15 日刊スポーツ

2年総額3億円!! 藤川投手の 「火の玉交渉」でシーズン中の阪神からのオファー、2年総額から1億円から2億円アップを勝ち取りました。是非この粘りを投球に生かして頑張ってください。ちなみに、ヤクルトは2年総額1億2000万円でした。

 

「熱意」+「誠意」=「お金」と言う事が良く分かりました。ただ、プロ選手はこれでいいのです。自分自身が商品なわけですから、商品を評価するのは「お金」です。

「熱意」や「誠意」が感じられないなんてキレイごとはいらないので、今後は「〇億円ほしい」とハッキリ言ってほしいですね。そしたら阪神も「一人マネーゲーム」をしなくて済みますから(笑)

 

阪神で活躍後の藤川投手の経歴

2012年オフにFA行使

2012年12月にシカゴ・カプスと契約しメジャーに渡る。

2013年6月に右ひじをトミー・ジョン手術をうける。

2014年8月に故障者リストから復帰、オフにFAとなる。

2014年12月にテキサス・レンジャースと契約。

2015年5月に自由契約となる。

2015年シーズン途中に阪神からのオファー(噂ですが年俸5000万円の2年契約)を蹴って、独立リーグに所属し先発として活躍。

f:id:monkox:20151115001804j:plain

藤川球児投手、メジャー成績

通算3年 29試合 防御率5.74 1勝1敗 2セーブ

藤川球児投手、独立リーグ成績

通算1年 6試合 防御率0.82 2勝1敗  2完投 1完封

 

風の噂で藤川投手は先発で起用されるのではと言われていましたが、噂通り先発起用になるようです。ただ、岡田元阪神監督は藤川投手の先発について、こう発言しています。「藤川にはスタミナに大きな不安があるんよ。アイツは80球前後でガクンと球威が落ちていた。だから俺は、プロとして生き残りたいなら中継ぎで成功するしかないぞ、というて、転向させたんや」

 

”藤川投手も成長しているのでは”記者に聞かれると、岡田元阪神監督はこう答えています「メジャーで活躍できたわけじゃないし状況は変わってないのと違うかな。戻ってきたとしても中継ぎエースでやればエエのよ。メジャーでは環境が合わなかっただけやと思うし、まだそれだけの力はあるやろ」

長年、藤川投手を見てきた岡田元監督は中継ぎとしての起用を示唆しています。

 

              f:id:monkox:20151115002100j:plain

 

先発か?中継ぎか?と議論する前に、私の不安は肘の手術もあり、2013年~2015年の3年間での登板数が少ないことです。、3年間まともに投げなかったことで、1年間通して働けるのか?という不安があります。ハッキリ言えばシーズンを通して「計算ができない」ということです。メジャーに渡る前の日本での実績は素晴らしいですが、手術と3年間のブランクはあまりにも大きすぎます。

 

このブランクをプロよりもレベルの落ちる独立リーグで、”6試合33イニング”投げただけで到底埋めることはできません。なぜ、今季途中にあった阪神のオファーを受け復帰しなかったのでしょうか?今季、プロのレベルで3年のブランクを埋め、来季に勝負を賭けようと判断しなかったのか?「誠意」を感じるまえに「不安」を感じてほしかったです。ともあれ、阪神復帰おめでとうございます。

 

藤川投手について詳しくはコチラ3記事↓

puro.hatenadiary.jp

 

 

puro.hatenadiary.jp

puro.hatenadiary.jp