プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

侍、日本代表優勝へ!好調日ハム中田!準決勝は大谷投手!

侍エース・マエケン準々決勝プエルトリコ戦に先発

<プレミア12:日本6-5ベネズエラ>◇1次ラウンドB組◇15日◇台湾・桃園

 侍ジャパンのエース前田健太投手(27=広島)が、16日の準々決勝・プエルトリコ戦に先発することが決まった。

 試合後のインタビューで、小久保監督が「明日は前田健太でいきます」と宣言。「日本のエースですから、堂々とマウンドでねじ伏せてほしいです」と期待を込めた。強化試合で先発し、3回を無失点に抑えた前田は「あの時は本番じゃないですから。メンバーも変わってくると思います」と冷静に話した。

11/15 日刊スポーツ

f:id:monkox:20151116120000j:plain

 ベネズエラ戦にサヨナラ勝ちし、予選リーグ1位突破を決めました。メジャーが参加しない大会であっても日本代表の試合がみれるので楽しみにしていましたが、まさかの接戦の連続で予想外のおもしろさになっています。

本日の準々決勝~決勝までの先発投手も決まりさらに盛り上がりそうです。

 

侍ジャパン 先発投手決定!

11/16 準々決勝 プエルトリコ戦 前田健太(広島) 台湾・桃園

 

11/19or20 準決勝 韓国とキューバの勝者 大谷翔平(日ハム) 東京ドーム

 

11/21 決勝 おそらく、アメリカかカナダの勝者 菅野智之(巨人) 東京ドーム

 

今日のプエルトリコ戦は前回のメキシコ戦から中4日で前田投手が先発。本来であれば、11/8の韓国戦に先発した大谷投手中7日で先発なんでしょうが、スポンサー、テレビ局、プロ野球ファンのことを考え、東京ドームでの準決勝に大谷投手を合わせたのでしょう。大谷投手が先発とわかれば、球場に足を運ぶファンも増えますし、もし日韓戦になればさらに盛り上がるでしょう。

 

興行的な理由で中4日の前田投手に負担がかかってしまいますが、勝たなければ東京ドームで侍ジャパンの試合がみれませんから、前田投手頑張れ!

 

決勝は、東京ドームを本拠地とする菅野投手が先発します。投げなれた東京ドームですから、期待できます。ただ、不安要素もあります。昨日の西投手もそうだったのですが、けん制がうまい投手がランナーを背負った時に、投げにくい大会になっていることです。菅野投手もシーズン中の試合を見ていると、けん制がとてもうまいです。

 

けん制のうまい投手はボールを長く持ち、ランナーのスタートを切りにくくする技術がありあます。とくに、菅野投手と西投手はそれがうまいのですが、今大会の外国人の主審はそれを嫌い、すぐにタイムをかけます。ですから、ランナーがでると普段のペースで投球できないのが不安になります。しかし、菅野投手は器用なので、その点を修正してくるでしょう。

 

f:id:monkox:20151116120057j:plain

 

プレミア12が始まる前は、私のようなプロ野球ファンしか関心がないのではと不安でしたが、まだまだ、プロ野球人気も捨てたもんじゃないですね。

プレミア12平均視聴率、瞬間最高視聴率

11/8 韓国戦 平均視聴率19% 瞬間最高視聴率24.7%

 

11/11 メキシコ戦 平均視聴率16.4% 瞬間最高視聴率24.2%

 

11/12 ドミニカ戦 平均視聴率15.4% 

同日に行われたサッカーワールドカップ予選はは平均視聴率13.2%。

 

11/15 ベネズエラ戦 平均視聴率20% 瞬間最高視聴率35.2%

 

予選でこれだけの視聴率を残すことが出来れば、第2回大会の開催が不安でしたが、問題なさそうですね。ただ、「世界一」、まして「野球国力世界一」なんて初めて聞くような言葉を並べずに、WBCに向けた、侍ジャパン強化大会として試合数を少なくして開催したほうがいいかもしれません。

 

私は、メジャー選手が出場しないプレミア12に対して批判的なスタンスですが、選手が懸命にプレーしている姿をみると申し訳ない気持ちになってしまします。

ただ、選手がこの大会で故障しないか、そこが心配です。

 

puro.hatenadiary.jp