プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

広島カープ来季先発投手に大瀬良再転向!不安の多いカープ投手陣

先発再転向の大瀬良 フォーク完全習得へ「投球が変わってくる」

来季、先発に再転向する広島・大瀬良が、フォークの完全習得を目指すことを明かした。

 大分・湯布院でのリハビリキャンプ参加し「フォークを決め球にしたい。空振りを取る変化球。プレミア12を見ても、空振りを奪うには落ちる球が多い。そのレベルに持っていけたら、投球が変わってくる」と話した。フォークを武器にする同僚の福井から助言も受けており「1試合に2桁三振を奪えたらうれしい」と理想を思い描いた。

11/19 スポニチアネックス

2014年に先発投手として新人王を獲得した、 大瀬良投手が来季先発に再転向することになりました。

大瀬良 大地 24歳 長崎出身 長崎日大-九共大 ドラ1

2015年成績 防御率3.13 3勝8敗 2セーブ 20ホールド

 

今シーズンは先発は9試合で、チーム事情で6月から中継ぎに。中継ぎとしてチームに貢献しました。記憶に新しいのが10/7中日戦です。3年連続クライマックス出場をかけたシーズン最終戦、中4日で先発した前田投手が好投し7回無失点。それを受け8回から大瀬良投手が登板し、3点失い結果0-3で中日に敗戦しクライマックス出場を逃す。

 

この時に、涙を流す大瀬良投手がとても印象的でした。それと同時に、大切な最終戦とはいえ、投手があそこまで感情を出してしまうのは気になりました。前日の試合結果に関係なく、毎日登板の可能性のあるリリーフ投手は精神的に「タフ」でなければいけません。常にチームと先発投手の勝ち星を背負って登板する、リリーフには性格的に向いてないのではないかと。なので、今回の先発再転向は大賛成です。

 

来季は、広島を支えた先発3本柱の前田投手と黒田投手が抜けるかもしれません。来季、黒田投手が残ったとしてもラスト1年ですし、ジョンソン投手も来季で契約が切れ巨人入りが濃厚ですから、野村投手、福井投手、大瀬良投手、新人・岡田投手を中心に急激な世代交代がおこなわれます。

 

とくに、野村投手、福井投手、大瀬良投手のドラ1トリオが来季、2ケタ勝利を上げなければ、再来年から広島の暗黒時代が到来するかもしれません。それと、さらに心配なのが、広島の新人王投手の活躍期間が短いことです。

f:id:monkox:20151119185150j:plain

広島・新人王投手は選手生命が短い

過去に広島の新人王獲得投手は7人です。

 

1982年 津田恒美 南陽工協和発酵 ドラ1

1年目 防御率3.88 11勝6敗 新人王 

通算成績 防御率3.11 46勝41敗90セーブ 

1991年引退 1軍通算10年

悪性脳腫瘍のため32歳の若さで他界。

 

1985年 川端順 鳴門高ー法大ー東芝 ドラ1

2年目 防御率2.72 11勝7敗 新人王 

通算成績 防御率3.00 46勝26敗19セーブ 

1992年引退 1軍通算9年

 

1986年 長富浩志 千葉日大ー国士舘NTT関東 ドラ1

1年目 防御率3.04 10勝2敗 2セーブ 新人王 

通算成績 防御率3.84 77勝277敗10セーブ 

2002年引退 1軍通算16年(広島9年、日ハム3年、ダイエー4年)

 

1995年 山内泰幸 尾道商ー日体大 ドラ1

1年目 防御率3.03 14勝10敗 新人王 

通算成績 防御率4.40 45勝44敗1セーブ 

2002年引退 1軍通算8年

 

1997年 澤崎俊和 志学館ー青学大 ドラ1

1年目 防御率3.47 12勝8敗 新人王 

通算成績 防御率4.70 24勝17敗15セーブ 

2005年引退 1軍通算8年

 

2012年 野村祐輔 広陵ー明大 ドラ1

1年目 防御率1.98 9勝11敗 新人王 

通算成績 防御率3.43 33勝33敗1 

1軍通算4年目

 

2014年 大瀬良大地 長崎日大ー九共大 ドラ1

1年目 防御率4.05 10勝8敗 新人王 

通算成績 防御率3.66 13勝16敗2セーブ 20ホールド

1軍通算2年目

 

新人王を獲得した広島投手は全てドラフト1位です。入団1年目は期待に応え活躍をしチームに貢献しますが、それ以降期待通りの活躍がありません。(津田投手以外)

 

例外的に16年間活躍した長富投手も複数球団を渡り歩き、日ハム・ダイエーではリリーフとしてチームに貢献しましたが、1995年に日ハム・木村拓也選手との交換トレードされているので、エースとしての働きは残念ながらなかったと言う事です。

f:id:monkox:20151119185312j:plain

野村投手は2年目も12勝6敗と活躍しますが防御率が3.74と上昇し、3年目は7勝8敗防御率4.39、4年目は5勝8敗防御率4.64の年々成績が下降しています。

 

広島は外国人選手以外の補強に力を入れません。昨年初めてFAで選手を獲得しましたが黒田投手ですから、特例です。今後のことを考えても、野村、福井、大瀬良投手が活躍しなければ広島の投手陣は崩壊してしまいます。今からとても心配です。

 

puro.hatenadiary.jp