プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

プロ野球、捕手の成績を考える!捕手打撃成績から見える巨人の3連覇!

毎回、内容の濃い記事を提供する、webスポルティーバ元世界一・里崎智也に聞く「日本代表の正捕手をどう育てるか?」と言う、おもしろい記事がありましたので一部抜粋してご紹介します。

 

これまで日本代表は3度のWBCに出場したが、06年は里崎氏、09年は城島健司氏、そして13年は阿部慎之助と、絶対的な捕手が存在していた。しかし、今回のプレミア12では嶋、炭谷銀仁朗(西武)、中村悠平(ヤクルト)の3人が日本代表に選出されたが、先発マスクは嶋が5試合、炭谷が3試合。要するに、今回の日本代表には絶対的な捕手がいなかったということだ。

 

もちろん、捕手は固定した方が望ましいんですけど、それができない場合は少なくともバッテリーだけは決めた方がいい。投手もキャッチャーがコロコロ代わってしまうのはやりにくいと思います。


  ただ、捕手を固定できない理由は打てないからなんです。これまでWBCで正捕手を務めた私、城島、阿部の3人はそれなりに打撃でも結果を残しました。だから使われたんです。それだけです。

 そういう意味で、今回の3人は物足りないですよね。プレミア12もそうでしたが、シーズンでも打率は2割5分に届かず、ホームランも1ケタ。彼らに限らず、今は本当に打てる捕手がいなくなったと感じます。

 僕が捕手を評価する時の優先順位は、「打てる」ことが一番です。もちろん、「捕る」「止める」「投げる」ことが一軍レベルにあるということが大前提にありますけど。これまで名捕手と言われた野村克也さんや田淵幸一さん、古田敦也さん、谷繁元信さんなど、みんな打っていましたよね。

 よく捕手はリードが大事だと言われますが、それ自体、定義がないですから良いも悪いもないと思うんです。すべては結果なんです。勝てば官軍、負ければボロカス(笑)。勝てるチーム、強いチームにいるのが、いい捕手ということになるんです。

 

f:id:monkox:20151126160428j:plain

 

確かに、両リーグ見渡しても「打てる捕手」はいませんね。里崎氏は日本代表について言っていますが、これはプロ野球の問題でもあります。今シーズン規定打席に達した捕手は西武・炭谷選手とヤクルト・中村選手の2人だけです。完全な捕手不足になっています。今シーズン、各チーム主にマスクを被った選手の成績を見てみたいと思います。

 

パ・リーグ捕手個人成績

 ソフトバンク

高谷選手 打率175 1本塁打 16打点 打席数192

鶴岡選手 打率195 1本塁打 9打点 打席数142

細川選手 打率116 0本塁打 5打点 打席数114

 

日ハム

大野選手 打率194 0本塁打 10打点 打席数180

市川選手 打率226 2本塁打 12打点 打席数120

 

ロッテ

田村選手 打率170 2本塁打 32打点 打席数365

吉田選手 打率227 1本塁打 9打点 打席数131

 

西武

炭谷選手 打率211 4本塁打 35打点 打席数443

 

オリックス 

伊藤選手 打率271 1本塁打 28打点 打席数290

山崎選手 打率204 0本塁打 14打点 打席数188

 

楽天

嶋選手 打率219 4本塁打 18打点 打席数411

 

セ・リーグ捕手個人成績

ヤクルト

中村選手 打率231 2本塁打 16打点 打席数192

 

巨人

小林選手 打率226 2本塁打 12打点 打席数204

相川選手 打率313 4本塁打 17打点 打席数114

加藤選手 打率240 2本塁打 3打点 打席数83

 

阪神

鶴岡選手 打率229 1本塁打 15打点 打席数179

藤井選手 打率172 0本塁打 3打点 打席数158

梅野選手 打率239 4本塁打 18打点 打席数149

 

広島

會澤選手 打率246 6本塁打 30打点 打席数290

石原選手 打率241 2本塁打 12打点 打席数238

 

中日

杉山選手 打率183 3本塁打 17打点 打席数161

松井選手 打率135 0本塁打 7打点 打席数146

桂 選手 打率229 2本塁打 7打点 打席数113

 

DeNA

嶺井選手 打率237 5本塁打 26打点 打席数208

黒羽根選手 打率178 1本塁打 7打点 打席数149

高城選手 打率202 1本塁打 9打点 打席数148

 

本塁打数は最高6本、打点は35となっていて、打率は3割超えていたのが、相川選手(114打席)のみで、あとは2割5分以下となっています。プロ野球全体が「捕手は打たなくていい」という流れになっています。

f:id:monkox:20151126161522j:plain

 

こうなると、捕手が打席に立つと安パイになってしまい、セリーグはさらに投手が打席に立ちますから、安パイが2人並ぶことになり投手有利になります。こうなると、交流戦などでDHありの試合になると、セ・リーグの投手は精神的にきつくなり、交流戦で毎年パ・リーグが圧倒するのも当然かもしれません。

 

パ・リーグ防御率2点代を記録した投手が3人に対し、セ・リーグは1点代が3人、2点代が6人となっています。ここまで投手の成績が違うと、投手の個人成績の数字が、セ・リーグパ・リーグで価値が異なってしまいます。実際にメジャーのスカウトもセ・リーグ投手の評価はパリーグ投手より低いです。これは、セ・リーグでは一流投手が育ちにくいと言う事です。

 

2012~2014年に3連覇した、巨人がセ・リーグ各チームの参考になるかもしれません。この時マスクを被っていた阿部選手です。

2012 打率340 本塁打27 打点104

2013 打率296 本塁打32 打点91

2014 打率248 本塁打19 打点57

 

阿部選手が捕手として、これだけの打撃成績を残したからこその3連覇だったと思います。相手投手からしたらシーズン通して、パ・リーグのチームと戦っている様な感じだったと思います。

 

仮に、今季の阿部選手が(打率242 本塁打15 打点47)捕手で出場できていたら、DeNAに移籍したファースのロペス選手(打率291 本塁打25 打点73)を※移籍させる必要がない訳ですから、単純にロペス選手の成績を加算すると本塁打数はリーグ1位、打点はリーグ2位となり巨人が優勝していたでしょう。

※ロペス選手は阿部選手のファーストコンバートにより、玉突き的に退団

 

打てる捕手を作ることが、これからのプロ野球に必要です!

西武・森選手、日ハム・近藤選手、中日新人・木下選手に期待します!

パ・リーグに「打てる捕手」が誕生したら、投手は大変ですね。

 

puro.hatenadiary.jp