プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

日ハム!吉井コーチと栗山監督の確執は大丈夫?吉井投手コーチ復帰!

 優勝請負人”吉井投手コーチ、4年ぶり日本ハム復帰!

 日本ハムが来季の投手コーチとして、前ソフトバンク1軍投手コーチの吉井理人氏(50)を招聘(しょうへい)することが25日、分かった。吉井氏は2008年から12年まで日本ハムで投手コーチを務め、09、12年のリーグ優勝を支えた。来季は4年ぶりの復帰となる。

 「優勝請負人」が、北の大地に戻ってくる。米大リーグのメッツや、近鉄、ヤクルトなどで活躍した吉井氏は、2008年から12年まで日本ハムで投手コーチを務めた。2軍担当だった10年を除き、1軍の4シーズンはすべてAクラスで2度のリーグ優勝。今季はソフトバンクで2年連続日本一に貢献した。

 日本シリーズ後の3日にソフトバンクの退団が発表された。現在は「学生にもどり、修士論文を書き上げることに集中するつもり」と自身のブログにつづり、来春にも筑波大大学院を修了する予定。今季2位に終わった日本ハム投手陣を束ね、今季9勝15敗1分けと大きく負け越した古巣の王者・ソフトバンクに挑むことに支障はない。
以下省略

11/28 サンケイスポーツ

 「学生にもどり、修士論文を書き上げることに集中するつもり」

ソフトバンク退団発表後のコメントが退団理由みたいになっていましたが、実際は、3軍コーチ降格に納得いかなかったんだと思います。ソフトバンクの投手コーチ就任1年目で日本一になったのに納得いかないでしょう。考え方によっては、「今回の日本一は、吉井投手コーチの力は関係ない」と言っているようにも感じますし。

 

投手出身の新人監督が、佐藤義則投手コーチ、吉井投手コーチのような、有能で実績のある投手コーチを同時に扱うのは難しかったのかもしれません。

そんななか、4年ぶりに吉井コーチが日ハムに復帰したわけですが、2012年に吉井コーチが日ハムを退団した理由を皆さん覚えていますか?理由は栗山英樹監督との確執です。

吉井投手コーチと栗山監督の確執

2012年リーグ優勝を果たし、クライマックスでソフトバンクを4勝0敗で下し、日本シリーズ進出し巨人と対戦。2勝4敗で敗戦が決まったが翌日、吉井コーチは退団を申し出た。その時、理由を報道陣にこう説明しました。

 

「監督とうまくいかないで迷惑をかけることもある。作戦を決めるのは監督。僕が邪魔になるのならいない方がいいと思い、こうなりました。監督との折り合いが悪いことは選手も分かっていた。このままだとチームのマイナスになると思った」

 投手起用で二人の意見の食い違いはシーズン中から度々あり、その結果として、予告先発が発表されてから、初めて吉井コーチが先発投手を知るという異常事態が起こっていました。

f:id:monkox:20151128113535j:plain

 

このようなかたちで辞め方にも関わらず、栗山監督が指揮を執る日ハムに復帰ですから、さすが日ハムですね。それだけ、吉井コーチに対する日ハムの評価が高いのが良くわかります。日ハムはGMとフロント主導でチームを構成し、それを監督が指揮を執る。まさにメジャー式!フロントに能力があるからこそ出来ることです。

 

今季、楽天の三木谷氏が日ハムの真似事をして火傷しました。それは、現場に口を出したからです。チーム構成まではフロントの仕事ですが、起用法と采配は監督の仕事です。その監督を選ぶのもフロントの仕事ですから、自分たちで選んだ監督の力に不満を持ち、スタメンオーダーにも口を挟むなんて言語道断です。

 

話はそれましたが、吉井投手コーチが大谷投手の力をさらに引き出してくれることを期待したいと思います。

 

puro.hatenadiary.jp