プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

2016補強!阪神、呉投手残留が微妙で藤川投手が守護神に浮上?

 球児 急転、守護神も 先発想定も呉昇桓退団なら…香田コーチ示唆

阪神香田勲男投手コーチ(50)が1日、兵庫県の「三木よかわカントリークラブ」で行われたサンテレビ「Let’s Go!! タイガースゴルフ2016」(来年1月2日、午後8時放送)に参加。契約保留選手名簿から外れた呉昇桓(オ・スンファン)が退団となった場合には、「スンファンありきの先発案だからね…」と先発としての起用が想定されていた藤川を守護神に復帰させる可能性があることを明かした。


 藤川は日米通算222セーブと経験は豊富だが、2013年に右肘を手術していることもあり、「負担を掛けるのは避けたい。(先発として)ある程度、間隔を空けての方が負担は少ないからね」と同コーチ。先発での起用を基本線と考えているが、有事の際には「本人は何でもやってくれるとは思う」とした。

 同コーチは他の代役守護神候補についても言及した。セットアッパーとして期待が掛かる歳内については「彼にはまだ荷が重いかな」と経験不足を指摘。38歳の福原についても「適任ではあるんだろうけど、あまり負担をかけては…」と消極的な姿勢を示した。

 もちろん、呉昇桓の残留が一番であるのは間違いない。「なんとか残ってくれることを信じています」と交渉がスムーズに進むことを願っていた。

12/2 スポニチアネックス

守護神・藤川球児

普通に考えて、 藤川投手が守護神ってありえないでしょう。記事にあるように、2013年に肘の手術をして、アメリカに渡ってから今日まで一度もシーズン通して投げていない投手を抑えと考えるだけでも異常です。金本監督もそのような考えなんでしょうか?

 

プロ野球通算成績 42勝-25敗 220セーブ 防御率1.77と実績と経験があるのは間違いないですが、3年間のブランクがある投手を抑えで投げさせるのは酷です。確かに2年4億円の大型契約ですから、抑えをしてもらいたいでしょうが、藤川投手が復帰会見で「全身全霊でグラウンドでいつ倒れてもいい覚悟でやれる」と語っていましたが、本当にグランドで倒れさせたらシャレにもなりません。

f:id:monkox:20151202123643j:plain

 

阪神フロントは呉投手がメジャー移籍の可能性が少しでもあれば、早急にストッパーのできる新外国人を獲得すべきでした。今からでも遅くないので早急に獲得をしてください。もし、呉投手が残留すればセットアッパーとして起用すればいい訳ですから。

 

阪神の今季の救援防御率は12球団最下位の4.16ですから。ちなみに4点代は阪神だけです。ベテランの福原投手や安藤投手が活躍してもこの数字ですから、さらに今季以上の活躍を望むのは年齢的にも難しいです。

 

ドラフトでは1・2位で野手を指名したわけですから、当然、中継ぎができる新外国人投手を獲得に動いていると思うのですが、ヘイグ内野手のときとは違い、あまり情報を耳にしないのが不安です。まさか、中日からFAで獲得した高橋投手だけじゃないですよね?

 

仮にそうなると、仮に呉投手が残留しても藤川投手が中継ぎやセットアッパーになる可能性もあります。適任だとは思いますが、来季はあまり無理な起用法をしてほしくありません。

 

阪神は藤川投手を獲得した以上、肘の負担を考えながら故障をさせないように起用する責任が球団にはあります。金本監督が掲げている「超変革」はまずは球団フロントからしないといけませんね。

 

puro.hatenadiary.jp