プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

プロ野球契約更改2016!個人成績と年俸の整合性が取れてない?

中田 3億円届かず毒舌「インセンティブなければ、はんぶち折った」

日本ハム・中田が4500万円増の年俸2億4500万円プラス出来高払いでサインした。8年目の今季は全試合に出場し、打率は・263ながら、自己最多の30本塁打、102打点をマーク。3億円と言われた希望額には届かなかったが、初めて出来高を付けた。

 「俺、3億なんて言ったっけ?」と言いつつ「自分の思っていた額と違ったが、インセンティブの条件が良かった。来年、自分にプレッシャーをかけるのもいい」と続けた。本塁打、打点などで設定された出来高の項目をすべてクリアすれば、総額で2億8000万円に近づくことになる。

以下省略

12/5 スポニチアネックス

 30本塁打 102打点くらいで年俸2億円から1億円もアップしていたら、そのうち10億円プレーヤーになってしまいます。そもそも、昨年にこの位の成績を期待して、2億円で契約したわけですから、4500万円増は妥当ではないでしょうか?

 

年々、選手の個人成績と年俸の整合性が取れなく、金額が妥当かどうか、わからなくなっています。もちろん、所属チームの優勝や人気面でのグッズ販売や観客動員数などの貢献が球団の経営面にかかわりますから、年俸に反映されると思いますが、それにしてもよくわかりません。

 

2015年シーズンは年俸2億円以上の選手が41人、3億円以上の選手は22人いました。3億円以上もらった選手のなかで、外国人選手を除く17名の今季の成績と来季の年俸を見てみたいと思います。

 

年俸3億円以上の選手成績

 

パ・リーグ 優勝・日本一 ソフトバンク

 

松坂大輔 4億円⇒4億円 3年契約2年目

登板なし

 

摂津 正 4億円⇒4億円 3年契約を結ぶ

防御率3.22 10勝 7敗 規定投球回数未到達

 

内川聖一 3億円⇒3億円 4年契約3年目  

打率284 11本塁打 82打点

 

セ・リーグ 2位 巨人

 

阿部慎之介 5億1000万円⇒3億2600万円  

打率242 15本塁打 47打点 0盗塁 規定打席未到達

 

杉内俊哉 5億円 4年契約終了 契約延長決定済

防御率3.95 6勝 6敗 規定投球回数未到達

 

内海哲也 4億円⇒4億円  4年契約4年目 

防御率5.01 2勝 1敗 規定投球回数未到達

 

山口鉄也 3億2000万円⇒3億2000万円  3年契約2年目

防御率2.73 5勝 2敗 2セーブ 60試合登板

 

村田修一 3億円⇒3億円 3年契約3年目 

打率236 12本塁打 39打点 1盗塁 規定打席未到達

 

セ・リーグ 3位 阪神

 

鳥谷 敬 4億円⇒4億円 5年契約2年目 

打率281 6本塁打 42打点 9盗塁 

 

f:id:monkox:20151205124530j:plain

パ・リーグ 4位 西武

 

中村剛也 3億8000万円⇒4億1000万円 4年契約3 

打率278 37本塁打 124打点 1盗塁 本塁打打点王2冠

 

セ・リーグ 4位 広島

 

黒田博樹 4億円 去就不明

防御率2.55 11勝 8敗 

 

前田健太 3億円 メジャー移籍濃厚

防御率2.09 15勝 8敗 最多勝沢村賞

 

パ・リーグ 5位 オリックス

 

金子千尋 5億⇒5億円 4年契約2年目

防御率3.19 7勝 6敗 規定投球回数未到達

 

糸井嘉男 3億5000万円 未更改

打率262 17本塁打 68打点 11盗塁 

 

中島裕之 3億5000万円⇒3億5000万円 4年契約2年目

打率240 10本塁打 46打点 1盗塁

 

平野佳寿 3億円⇒3億円 3年契約2年目

防御率4.06 0勝 3敗 12セーブ 

 

セ・リーグ 5位 中日

 

岩瀬仁紀 3億円 未更改

登板なし

 

これを見ると、各球団頭を抱えたくなりますね。残念ながら年俸と見合った働きをしたのは、西武・中村選手と広島・前田投手、黒田投手の3人だけでした。広島・黒田投手は人気面と話題性もありましたから。

 

成績と年俸の整合性がとれないのは、複数年契約の弊害としか言いようがありません。 今回、日ハムは複数年契約の陽選手に2億円から1億6000万円を提示しました。複数年契約にも関わらず4000万円減を提示したのは日ハムらしいですね。

今後、各球団が日ハムに続くのか気になります。

  

 

puro.hatenadiary.jp