プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

プロ野球契約更改2016!中継ぎの価値向上!ソフトバンク契約更改

ソフトバンクが驚きの契約更改をしました!

 

ソフトB・五十嵐 一気2億円アップ、3・5億円2年契約で更改

ソフトバンク五十嵐亮太投手(36)は7日、福岡市の球団事務所で交渉し、3年契約の最終年だった今季年俸1億5000万円から、ベースでは2億円増となる年俸3億5000万円の2年契約プラス出来高払いで契約を更改した。

 3年目は一定の成績を残せば自動更新されるオプションも含まれる。3年間で168試合に登板し、86ホールド。五十嵐は「3年契約の後もソフトバンクでできたら、うれしいと思っていたのが、かなった。やるぞという気持ちが強い」と満面の笑みで語っていた。(金額は推定)

12/7 スポニチアネックス

 

 

五十嵐亮太 36歳 千葉出身 敬愛学園高 ドラフト2位

ソフトバンク3年間の成績

 

2013 投球回数53回1/3 防御率2.53 3勝 3敗 12セーブ 

2014 投球回数59回1/3 防御率1.51 1勝 3敗 2セーブ 

2015 投球回数52回  防御率1.38 3勝 1敗 2セーブ 

 

 

安定感のある素晴らしい成績です。が、2億円アップの3億5000万円は、我々以上に本人が驚いたのではないでしょうか?今季、ソフトバンクの完投数は143試合中10回ですから、133試合は中継ぎ投手起用されました。勝利数は90勝でしたから、80勝は中継ぎ投手がかかわったわけです。今季のソフトバンク圧勝は中継ぎ投手陣の活躍あってこそです。

 

ソフトバンク 30試合・30イニング以上投げたリリーフ投手

 

サファテ 65試合 回数64回2/3 防御率1.11 5勝 1敗 41セーブ 

 森   55試合 回数60回1/3 防御率2.69 5勝 2敗 

五十嵐  54試合 回数52回  防御率1.38 3勝 1敗 2セーブ

二保   44試合 回数52回2/3 防御率3.25 6勝 1敗 

飯田   35試合 回数41回1/3 防御率3.48 0勝 1敗 

バリオス 30試合 回数34回  防御率3.18 0勝 2敗 1セーブ

 

 

実に、6投手が30試合30イニング投げていますが、これはソフトバンク以外のパ・リーグのチームでも5~6投手が30試合30イニングを投げています。それだけ、各チーム、リリーフ投手の役割が大きくなっていることがわかります。

 

しかし、それだけ負担を強いている、リリーフ投手の評価が先発投手に比べ低すぎる傾向が年俸にあらわれています。2015年シーズンの年俸を見てみましょう。

f:id:monkox:20151208155109j:plain

 

先発投手

 

5億円 

巨人・杉内投手 

オリックス・金子投手

 

4億円 

ソフトバンク・摂津投手

ソフトバンク・松坂投手

巨人・内海投手

広島・黒田投手

 

3億円

広島・前田投手

 

2億5000万円

阪神メッセンジャー投手

 

2億2000万円

ロッテ・涌井投手

 

2億円

ソフトバンクスタンリッジ投手

ソフトバンク・バンデンハーク投手

 

 

リリーフ投手

 

3億2000万円

巨人・山口投手

 

3億円

阪神・呉投手

オリックス・平野投

中日・岩瀬投手

 

2億円

なし

 

年俸2億円以上の先発投手11人に対しリリーフ投手は4人です。

12球団の完投数を合わせると95完投で、12球団の勝ち数は843勝ですから、748勝はリリーフ投手がかかわっているわけです。それで、これだけ差がでてしまうと・・・・

3億2000万円の巨人・山口投手が唯一、中継ぎで高評価を受けている投手でした。

 

 

しかし、今回の契約更改でソフトバンクが五十嵐投手を評価したことは、リリーフ投手、とくに、中継ぎ投手に希望を与える契約更改になりました。これをきっかけに、各チームの中継ぎ投手の評価が高くなることを期待しています。

 

 

それができないと、各チームの中継ぎ投手の合言葉が「FAでソフトバンク」になってしまい、本格的に「ソフトバンク1強時代」が到来してしまいます。

 

puro.hatenadiary.jp