プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

2016補強!スタンリッジを獲得する球団はどこか予想してみよう!

ロッテ ソフトB退団スタンリッジ獲り 国内複数球団争奪戦も

ロッテが、ソフトバンクを今季限りで退団したジェイソン・スタンリッジ投手(37)の獲得調査を進めていることが13日、分かった。


 先発ローテーションを担える新外国人投手の獲得は急務で、来日通算63勝を誇る右腕に白羽の矢を立てた。球団関係者は「日本シリーズを含めた今季の投球を見る限り、まだまだやれる力がある。シーズンを通してローテーションを守れる投手という点では、補強ポイントに合致する」と明かした。

 今季は3位で2年ぶりのAクラス入り。先発陣はエースの涌井が15勝で最多勝に輝き、2年目の石川も12勝で2年連続2桁勝利を挙げた。ただ、2桁勝利は2人だけで、ここ数年の懸案となっている先発陣の駒不足は解消されていない。球団幹部は「上位を目指すためには計算できる先発投手が必要」と力説する。スタンリッジは今季も10勝を挙げ2年連続2桁勝利をマーク。ヤクルトとの日本シリーズでも日本一を決めた第5戦で勝利投手になった。37歳という高齢で選手層の厚いソフトバンクからは来季の契約を結ばれなかったが、力は衰えていない。スタンリッジも日本でのプレーを希望している。

 さらにロッテは今季、スタンリッジに4戦4敗を喫し、「天敵中の天敵」だった。獲得できれば、今季10勝15敗と大きく負け越したソフトバンクとの対戦成績も変わるはずだ。今季の年俸は2億円と高額だっただけに「獲得するにはそれなりの資金が必要になる。他にも獲得に興味を持っている球団があるようなので、条件面で折り合えば」と球団関係者。国内の複数球団で争奪戦になる可能性もあり、球団は慎重に調査を進めている。

12/14 スポニチアネックス

 

f:id:monkox:20151214165739j:plain

 

スタンリッジ投手が退団する時点で、先発投手陣に不安のあるチームが獲得に名乗りを上げると思ったのですが、ロッテは意外でした。先発には安定感のある涌井、石川両右腕がいて、さらに韓国代表のイ・デウンと台湾出身の左腕・チェンの若い外国人投手、大嶺、唐川、藤岡の伸び悩みドラ1トリオとコマが揃っていると感じていたのでロッテはないと思ったのですが。

10/30スタンリッジ獲得の可能性があるチーム

 

記事のように、スタンリッジ投手の今季の年俸は2億円でしたが、今季の成績と37歳という年齢を考えればもっと年俸を抑えても獲得はできるでしょう。そうなると確かに、争奪戦も考えられます。

 

スタンリッジ投手の過去の成績

2015年成績 ソフト 防御率3.74 10勝7敗 投球回数144回1/3

2014年成績 ソフト 防御率3.30 11勝8敗 投球回数172回

2013年成績 阪神  防御率2.74 8勝12敗 投球回数160回2/3

2012年成績 阪神  防御率2.69 7勝12敗 投球回数150回1/3

2011年成績 阪神  防御率2.96 9勝7敗 投球回数151回

 

先発としての役目は果たせそうですが、2015年の防御率は気になります。ただ、日本シリーズのヤクルト戦で見せた投球をみて、「まだいける」と思った球団は多かったのではないでしょうか。

 

楽天

先発投手補強が急務の一番手は楽天でしょう。先発投手で則本以外に名前が浮かびませんし、松井の起用法もまだ決まっていません。仮に先発に戻したとしても、先発のコマがたりません。一年間ローテーションを守れる投手は魅力的です。

 

オリックス

金子、西、東明、ディクソンと安定感のある先発4投手にもう一枚欲しいところ。

しかし、昨年の大型補強が大失敗に終わり、補強に及び腰。

 

DeNA

DeNAは二けた勝利した投手と規定投球回数に到達し投手が一人もいない、状態になっていましたが、ドラフトで今永投手1位で獲得し、さらに2位でドラ1候補の熊原を獲得できたことは大きかったです。熊原をセットアッパーでストッパーの山崎につなげれば後は安定します。先発に安定感のある外国人投手が欲しいところです。

 

広島

広島は何と言っても、マエケンのメジャー行が確実ですが、その穴を埋める投手として大瀬良投手が先発復帰します。黒田の残留が決定したため、先発投手を無理に獲得する必要はなさそうです。広島のローテは黒田、ジョンソン、福井、野村、大瀬良に加え、ドラフトで即戦力投手の岡田と横山を獲得。

 

ヤクルト

ヤクルト、日本シリーズで見せた、先発投手陣の弱さ(ソフトバンクが強すぎただけ?)を誰もが感じたのではないでしょうか?そのヤクルトも先発陣の補強があり、スタンリッジの獲得の可能性が高いと思っていたのですが、こんな記事が。 

 

真中燕が日本一へ補強!メジャー通算43勝右腕デービーズ獲りへ

ヤクルトが来季の先発候補として、米大リーグのヤンキースに今季所属したカイル・デービーズ投手(32)の獲得に乗り出していることが13日、分かった。ブレーブス、ロイヤルズなどに所属したメジャー通算43勝の右腕。

以下省略

12/14 サンケイスポーツ

これでヤクルトのスタンリッジの獲得はなくなりそうです。

どこのチームがスタンリッジを獲得するのか楽しみです。

 

puro.hatenadiary.jp