プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

2016補強!巨人、ジョーンズ獲得!ノルマは3割25本80打点!

巨人 新助っ人は“黒田キラー” メジャー122発、4番筆頭候補

巨人は16日、前ヤンキースのギャレット・ジョーンズ外野手(34)と来季契約について、基本合意に達したと発表した。1年契約で、年俸は250万ドル(約3億500万円)。背番号は5に決まった。メジャー通算122本塁打の大砲が、来季4番の筆頭候補として期待される。高橋由伸新監督(40)のもとで迎える2016年のシーズン、V奪回へ必要となる最後のピースが埋まった。


中略
  

「黒田キラー」であることも魅力。広島・黒田がドジャース時代の09~11年に計15打席対戦し14打数5安打、打率・357、1本塁打、2打点の好成績を残した。今季チームは広島に10勝15敗で、黒田には2試合1勝1敗ながら防御率1・15に抑え込まれた。米国では一塁手として最も多く出場したが、巨人では外野が中心となる予定だ。

 球団はジョーンズの日本での適性や性格を徹底的に調査。真面目な性格で、夫婦で日本での生活を楽しみにしているという。11日に獲得が発表された前ロッテのクルーズの09年パイレーツ時代の同僚で親しかった。堤GMは「日本の野球を早めに教えてあげて」とクルーズを日本野球の指南役に指名。「これでとりあえずキャンプはスタートになると思う」と、オフの補強が一段落したとも説明した。
以下省略
 

12/17  スポニチアネックス

f:id:monkox:20151217150635j:plain

 

 ジョーンズ選手の獲得で、とりあえず補強は終わりのようです。2016年に向けて、巨人はめずらしく素晴らしい補強しました。ジョーンズ選手のメジャー実績は申し分なく、久々に活躍を期待できる外国人野手です。

 

メジャー100本塁打以上の巨人外国人選手

1975年 ジョンソン 32歳 メジャー通算124本

1年目の成績 試合91 打率197 13本 38打点

 

1980年 ホワイト 37歳 メジャー通算160本

1年目の成績 試合128 打率284 29本 75打点

 

1983年 スミス 38歳 メジャー通算314本

1年目の成績 試合102 打率285 28本 72打点

 

1992年 モスビー 33歳 メジャー通算169本

1年目の成績 試合96 打率306 25本 71打点

 

1993年 バーフィールド 34歳 メジャー通算241本

1年目の成績 試合104 打率215 26本 53打点

 

2009年 アルフォンゾ 36歳 メジャー通算146本

1年目の成績 試合21 打率146 2本 4打点

 

 

こうしてみると、ジョンソンとアルフォンゾ以外は、それなりの成績を残していますね。アルフォンゾは、巨人入団前の2年間はメジャー契約できずに、独立リーグメキシカンリーグでプレー。巨人の入団テストを受けて入団した経緯があるため年俸3500万円+出来高の1年契約ですから、そもそも他の選手とは期待値が違います。

 

私の記憶がしっかりとあるのが、モスビー以降ですが、過去の「メジャー100発」選手の成績をみると、ジョーンズ選手は 3割 25本 80打点、モスビー位の成績残してくれれば、合格点ではないでしょうか。

 

 

今回の補強は、ジョーンズ選手以上にクルーズ選手の獲得が大きかったとおもいます。打撃面というよりも、ショートが出来るという強みがあります。万が一、坂本選手が故障した時の代役もでき、戦力低下を最小限に抑えることができます。

 

そして、なによりも来季に向けた補強で巨人フロントを褒めなければいけないのは、マイコラス投手との2年契約です。これがなければ、来季の優勝と日本一奪回を望めなかったと思います。これで、コマがそろいました。あとは高橋ヨシノブ監督が、阿部選手を捕手起用するかだけですね。

 

 

puro.hatenadiary.jp