プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

日ハム中田メジャーに興味アリ!中田翔のメジャー移籍を考える!

 

日本ハム中田「メジャーに興味あるし行きたい」 TVで強い思い明かす

日本ハム中田翔内野手(26)が8日、フジテレビ系で放送された「ダウンタウンなう」に出演し、米大リーグ挑戦への強い思いを口にした。

 司会のダウンタウン浜田雅功に「いつまで日本でプレーするの?」と聞かれた中田は「やっぱりメジャーにも興味ありますし行きたいんですけど、向こうには長距離砲が腐るほどいる。今できるっていう自信がないので踏ん切りがつかないのありますね。行ってみたい気持はすごく強いです」と、真剣な表情で話した。

 大リーグにはパワーヒッターが多いことを説明しながら「骨格も違えば、中にはこれやってるのもいるじゃないですか」と、注射するポーズで笑わせたが、「でも2年ぐらい行ってみたいなっていうのはありますね」と再び真面目な顔になって語った。

 中田は5日にハワイ自主トレに出発。「みっちり体を鍛えて、筋力トレーニング、技術練習の両方をやって追い込んでいきたい」と意気込んだ。また同日、栗山監督が「3冠王を獲ってもおかしくないと思っている」と話していたことを伝え聞くと「自分にプレッシャーをかける意味でも高い目標を持ってやっていきたい」と応じていた。

1/8  デイリースポーツ

 私も観ていましたが、中田がメジャーへの気持ちをバラエティー番組ないで明かしていました。中田らしく、正直な気持ちをそのまま言ったようでしたね。

「2年位いってみたい」の言葉に「メジャーへの憧れ」ではなく「どれだけ自分の実力が通用するのか」を試したいと感じました。

 

この考えでは、中田がメジャー挑戦することはおそらく「無い」でしょう。サッカーのようにレンタル移籍があれば別ですが(笑)

 

f:id:monkox:20160109170256j:plain

仮に、中田がメジャー挑戦をするときにまず問題となるのがポジションです。現在の1塁手であれば、メジャーでレギュラーは約束されることはないでしょうし、外野で挑戦となっても走力を考えれば、レフト以外は無理でしょうから、現実的には厳しいです。メジャーからの中田の評価は、元ソフトバンクの李 大浩の評価に近くなるのではないでしょうか。

 

中田は、李 大浩の評価に加え「若い」がプラス評価になるでしょう。今のところ、李 大浩の交渉の進捗具合はわかりませんが、メジャー移籍がまとまれば、その時に中田のメジャー評価がわかります。

 

中田翔のFAと移籍先

 

メジャー行はさておき、中田の移籍先を今から考えましょう。国内FAは順調に行けば、2017年のシーズン終了間際に取得予定です。そうなると2018年には他球団でプレーしていることになります。昨日のテレビでも「日ハムは金銭に渋い球団」と語っていましたから、中田に高額の年俸を支払続けることはしないでしょうから、移籍確定となります。

 

では、どの球団に移籍するのか?

 

ドラフト前は、スカウトが熱心に通っていた阪神と考えていたようです。ただ、年月もたち考えは変わるでしょう。金銭的に考えれば、ソフトバンク、巨人、阪神の3球団以外は考えにくいでしょう。

 

巨人は、中田が「紳士球団」のチームカラーには合わないため、かなり確率が低くなります。ヤンチャでならした、清原、村田修一などチームカラーになじめず活躍できていません。中田にしたら息がつまる思いでしょう。ただ、在京球団という魅力はあります。

 

阪神は、ソフトバンク、巨人にマネーゲームでかないません。中田のドラフト前の気持ちと、同郷で同じトレーニングジムつながりの金本監督に期待するしかないでしょう。

 

そうなると本命は、ソフトバンク。内川、松田の右打者の高齢を考えれば、相当な好条件でオファーをだすでしょう。もしかしたら、日本人野手最高年俸になるかもしれません。そのくらい出す準備があるでしょう。人気・実力は申し分ないですし、日ハムと同一リーグですから、成績も計算できます。ソフトバンクとしては入団したらすぐに、「お父さん犬」と共演させたいくらいでしょう。

 

2018年は中田はソフトバンクで決まり!

 

puro.hatenadiary.jp