プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

2016ジャイアンツ戦力分析!広島戦から、重信1番起用を考える!

【巨人】ドラ2重信、連日の快音!

オープン戦 巨人─広島(21日・那覇

 巨人のドラフト2位・重信慎之介外野手(22)=早大=が21日、実戦5試合連続ヒットを放った。

 広島とのオープン戦那覇)に「1番・中堅」で先発出場。初回先頭で早大の先輩・福井の131キロを左前にはじき返した。前日20日のDeNAとのオープン戦那覇)では2安打し、紅白戦、練習試合を含めて4戦連続マルチ安打としていたが、連日の快音を響かせた。

2/21  スポーツ報知

 2/21広島戦のオーダーです。

 

①センター    重信      

②セカンド    片岡         

③ライト     長野        

④ファースト   ギャレット        

⑤ショート    クルーズ         

⑥レフト     亀井  

指名打者    村田        

⑧サード     岡本  

⑨キャッチャー  小林 

 

1番・重信を試したオーダーになっていましたね。出塁率の高い重信を1番に起用することは当然だと思います。ただ、重信は2番の方が生きると思います。

 

f:id:monkox:20160222115402j:plain

 

2番・重信の理由

 

2番・重信を押す理由は、足が速く、空振りが少ないという特徴が生きるからです。

1点勝負であれば送りバントも大切ですが、浅い回であれば大量点を狙って攻撃的に攻める野球がこれからは求められます。そのためにも、併殺にならない走力とヒットやエンドランでチャンスを広げる、攻めの攻撃ができるバット技術が必要になります。

 

・ノーアウトランナー1塁から、バントでなく打っていっても併殺の確率が低いですから、1アウトて1塁に重信が残ります。そうなれば、盗塁でチャンスを広げることが可能になります。

 

・1アウト1塁の場合であれば、空振りの少ない重信にとってエンドランでチャンスを広げる確率が上がります。投手にとって重信が2番にいることが一番ストレスになるはずです。それを踏まえ現段階の予想開幕オーダーは

 

1番センター   立岡

2番レフト    重信

3番ショート   坂本

4番キャッチャー 阿部

5番セカンド   クルーズ

6番ファースト  ギャレット
7番ライト    長野

8番サード    岡本

 

ギャレットの今の状態では4番は厳しく6番に、今の村田の状態だったら、岡本は育成を優先させ8番サードに。4番は実績で阿部を据えます。オープン戦が進み、長野の調子が上がってこなかったり、岡本の守備がキビシイと判断すれば、大きな変更があるでしょう。できれば、阿部に4番・捕手という大きな負担をかけたくないため、ギャレットの調子が上がることを祈ります。

 

と、考えていたのですが、こんな記事が

【巨人】阿部、オーバーワークで1軍本隊離れる

巨人・阿部慎之助捕手(36)が21日、オーバーワークによるコンディション不良のため、ペースダウン指令を受けた。今後は1軍本隊を離れ、キャンプ終了後も当面は別メニューで疲労回復に努めることになる。高橋監督は「まだ、コンディション的にゲームに、という感じではない。ちょっと時間があってもいいのかな、というところ。体の張りや疲れとかもあるでしょうから。本人に任せている部分もあるし」と説明した。

以下省略

2/22 スポーツ報知

 キャンプで自己流の調整をしてきたのにオーバーワークになるようでは、シーズン通しての出場は難しそうです。投手との兼ね合いで、小林との併用になり割合的には半々位になるでしょうか。そうなると、常時出場のできない阿部を4番に据えるのは難しいです。巨人としては「4番固定」が理想ですから、そうなると、やはりギャレットに期待するしかなさそうです。

 

頼むぞギャレット!