プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

2016ジャイアンツ戦力分析!マイコラス離脱でどうなる開幕ローテ?

【巨人】マイコラス長期離脱 マー君も採用「PRP療法」で復帰5月以降か

巨人のマイルズ・マイコラス投手(27)が7日、右肩治療のため米国へ一時帰国した。2月の宮崎キャンプ中に患部の張りを訴え、ファームで別メニュー調整を続けていた。15日に再来日予定だが投球練習再開のメドは立っておらず、1軍復帰は5月以降にずれ込む見通し。昨季13勝を挙げた助っ人右腕の出遅れは避けられず、高橋監督は当面、先発陣の苦しいやり繰りを強いられることになった。


 ローテーションの柱として期待されていた助っ人が、大きく出遅れる可能性が出てきた。右肩の張りを訴えていたマイコラスがこの日、米国に緊急帰国。現地で数日間、患部の治療を受けることになった。再調整期間が必要なこともあり、1軍登板は5月以降にずれ込む公算が大きくなった。

以下省略

3/8 スポーツ報知

 マイコラス長期離脱は、あまりにも痛いです。巨人優勝を予想した一番の理由は、マイコラスの残留決定でしたから。昨年、巨人の成績は75勝67敗1分けで貯金8でした。

昨年の主な巨人先発投手陣の成績をみてみます。

 

マイコラス 防御率1.92 13勝 3敗  貯金10

菅野    防御率1.91 10勝 11敗 借金1

高木    防御率3.19 9勝 10敗  借金1 

ポレダ   防御率2.94 8勝 8敗   0

杉内    防御率3.95 6勝 6敗   0

 

こうしてみると、巨人の貯金数は主な先発投手陣の貯金と同じになります。菅野の場合は、防御率をみると可哀想な気がしますが、結果は結果です。ただ、菅野昨年と同じくらいの防御率を残せたら、今年の巨人打線ならば15勝は期待できます。マイコラスと菅野で30勝で貯金13~15と予想して優勝と思ったのですが、計算が狂いました。

 

f:id:monkox:20160308124648j:plain

 

巨人先発再編

 

マイコラスの離脱で巨人の先発陣は再編しないとなりません。

菅野、高木、ポレダ、マシソンを確定とし、桜井・内海・田口・今村のなかからもう2人を選ぶことになりそうです。桜井は大卒ドラ1の1本釣りですから、もちろん即戦力、開幕ローテーションを期待し獲得したわけですから、外せないでしょう。そうなるともう1枠は左腕3投手からとなりますが、実績の内海となるでしょう。ただ、オープン戦の内容は悪いですけどね。

 

マシソンが先発に起用されても、山口、田原、戸根、土田、矢貫、中川など若い中継ぎも多く心配はないでしょう。問題は抑えの澤村が昨年以上の安定感を出せるのか。そこが心配です。澤村の昨年の成績は

防御率1.32  7勝3敗 36セーブ

と素晴らしい数字なのですが、内容が今一つです。

サファテ、バーネット、澤村の比較表をみてみましょう。 

 

 サファテバーネット澤村
防御率 1.11 1.29 1.32
セーブ数 41 41 36
イニング数 64回2/3 62回2/3 68回1/3
奪三振 102 56 60
奪三振 14.2 8.04 7.90
被安打 27 37 58
本塁打 4 1 4
四死球 15 22 24
失点 8 10 12
自責点 8 9 10
被打率 124 168 247

 

 セーブ数と防御率は両外国人選手に引けをとらないのですが、被安打とそれに比例して被打率が悪すぎます。四死球を含め68回1/3イニングに対し、82回の出塁を許してこの防御率(1.32)で抑えたことが奇跡的であって、一つ間違えば大量失点していてもおかしくない内容です。

 

今季は澤村の投球内容をどこまで改善できるかがポイントでしょう。昨年と同じ内容では、防御率1.32、36セーブという数字がついてこないと思います。

 

マイコラスの復帰は5月以降にずれ込むらしいですが、あくまでも「以降」ですから、

6月なのか?、10月なのか?それとも来季になるのか?とても心配です。

 

 マイコラスの早期復帰を願う!