プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

プロ野球戦力分析!慶大・谷田の指名漏れの理由・・・・・。

ドラフト上位候補もまさかの指名漏れ…谷田がプロ入りできなかった理由とは

 昨秋のドラフト会議では、高山俊外野手(明大→阪神1位)、桜井俊貴投手(立命大→巨人1位)、小笠原慎之介投手(東海大相模高校→中日1位)、オコエ瑠偉外野手(関東一高楽天1位)ら、実力者が順当に指名を受け、プロ入りを果たした。

 一方で、ドラフト指名が確実と言われながら、指名されなかった選手もいた。もっとも意外でビックリしたのが、慶大の谷田成吾外野手が指名されなかったこと。今季から巨人の新監督になった高橋由伸と同じ慶大のスラッガーで、「ヨシノブ2世」との呼び声も高かった。あるスカウトは「プロでも十分に通用する。あの飛距離は魅力的だよ」と話していたのに、なぜ指名されなかったのか。

 在阪のスカウトが適切な答えを出してくれた。「右投左打のバッターは今では普通。左打者なら、谷田以上の選手はいる。12球団は右打者のスラッガーを探していて、もし谷田が右打者なら確実に1位で指名されていたのではないか」。

 なるほど、その年によって、右打者なのか左打者なのか、各球団は補強ポイントを決めるのだが、今季に関しては左より右を補強ポイントにしていたということか。谷田にとっては、不運だ。

 本人ももちろん、周囲もドラフト指名、そして1位指名が確実と思っていた。慶応高校では通算76本塁打。1年から4番。3年春には神奈川県大会優勝。甲子園出場はなかったが、強打をひっさげ慶大へ進学。

 1年春から主力選出として活躍。2年秋からは3季連続で打率3割を越えた。主に3番打者として慶大打線を引っ張り、通算15本塁打をマークした。これは東京六大学野球史上12位(史上1位は高橋由伸で23本塁打)。それでもプロ入りはかなわなかった。

以下省略

3/17 ベースボールキング

f:id:monkox:20151215184725j:plain

 谷田がドラフト漏れをした理由が書かれていましたが、在阪スカウトの言葉の意味がわかりませんでした。

 

在阪のスカウトが適切な答えを出してくれた。「右投左打のバッターは今では普通。左打者なら、谷田以上の選手はいる。12球団は右打者のスラッガーを探していて、もし谷田が右打者なら確実に1位で指名されていたのではないか」。

 

確かに、右投左打のバッターは多いですが・・・・、私の考えは、今のプロ野球左打ちのスラッガーが不足していると思います。2015シーズンで言えば、左打者で30本塁打を超えたのは柳田だけでした。そうなると谷田が即戦力と評価されていれば、上位でドラフトされていたでしょう。左の大砲を獲得するか、左の大砲は育たないと獲得を見送るかの判断になります。今回のドラフトでは、各球団が後者の判断をしたと言うことです。

 

2011、2012年の統一球問題(飛ばないボール)以降、右投左打の長距離ヒッターの結果が思わしくなくなりました。巨人・阿部でも2010年に44本塁打を記録しましたが、2011年はケガもあり20本塁打、2012年は27本塁打、ボールの変わった2013年にようやく、32本塁打を記録。侍ジャパンで4番を打ったDeNA・筒香でさえ30本塁以上を記録していないことも、右投左打長距離ヒッターの評価を下ている原因になっているのかもしれません。

 

元巨人・松井秀喜氏はメジャーに渡りこう言っていました。

「左手の押し込む力が必要」

要するに、左打者なら左手、右打者なら右手でインパクトの瞬間押し込む力が必要。

そう感じた、右投左打の松井氏は左投げなどをして左手が上手く使えるように取り組んでいました。

 

現在のプロ野球では各チーム外国人投手が最低2人はいます。そして、日本人投手もツーシームやワンシームまで投げる時代です。投手の投球がメジャーに近づいているわけですから、打者の打撃もメジャーに近づけなければいけないのかもしれません。そんな理由で巨人キャンプで松井氏が「ポイントを近くし軸回転で」と指導をしてのではないでしょうか。

 

話はそれてしまいましたが、谷田が指名漏れした理由は即戦力として力が足りなかったからではないでしょうか?実際、2015年ドラフトでは右投左打の大学生野手を上位指名している球団は多くありました。

 

オリックス  ドラ1 吉田

タイガース  ドラ1 高山

ジャイアンツ ドラ2 重信

楽天     ドラ3 茂木

DeNA    ドラ3 柴田

 

ちなみに、右投右打の大学生野手の上位指名はオリックス3位指名の立大・大城のみ。

この結果を見ると谷田の指名漏れは各球団の評価が低かったと言う事です。

ですから、社会人でスカウトを見返して、2年後プロで活躍するのを期待しています。

 

下記したものは2015年10/24のブログ内容を抜粋したものです。

 

 

東京六大学出身・野手のプロでの活躍がいまひとつであること。

 

2015東京六大学出身、現役プロ野球、野手編

 

法政 ヤ・西浦選手 ヤ・大引選手 楽・後藤選手 

 

明治 日・岡選手 広・上本選手 中・石川選手 阪・荒木選手 

   楽・島内選手 ヤ・今浪選手

 

早大 阪・鳥谷選手 ロ・中村選手 中・杉山選手 日・大嶋選手 

   広・土生選手 ソ・細山田選手 メジャー・青木選手

 

慶應 巨・高橋選手 阪・伊藤選手

 

立大 0人

 

東大 0人

 

平成入団選手で目立った成績を残した選手は、高橋由伸選手、青木選手、鳥谷選手くらいではないでしょか。東京六大学は降格がなく、事実5チームで戦うぬるま湯リーグです。そんなリーグでの成績はあてにできません。

 

この実績をみると、東京六大学の野手を指名するにあたり「保険」が必要になります。その「保険」とは、守備力と走力です。それが「確か」でないと怖くて指名できませんから。今回のドラフト上位指名を受けた、明大・高山選手、早大・重信選手、早大・茂木選手なんかは代表的な例ではないでしょうか。

日ハム6位指名の慶大・横尾選手は例外的に「右打ちで長打が期待できる」という希少性が指名のポイントになったのかもしれません。

 

通算成績が良くない

 

そのぬるま湯リーグでの「良い通算成績」参考程度にはしますが、「良くない通算成績」は評価の対象になります。このリーグで成績が悪いのは致命的と判断されてしまします。

 

谷田選手の東京六大学通算成績

打率259(317ー82) 本塁打15 打点60

 

東京大学戦・通算成績

打率339(62ー21)本塁打 8 打点27

 

東京大学以外のチームとの通算成績

打率239(255-61) 本塁打7 打点33

 

東大戦の成績が通算成績を押し上げているのは否めません。本塁打と打点の約半数が東大戦ですから。これでは各球団、評価が難しかったと思います。