プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

ジャイアンツ対ヤクルト結果!マシソン2試合連続失点も3連勝!

由伸巨人、開幕3連勝 新外国人ギャレットが逆転2ラン

「巨人3-2ヤクルト」(27日、東京ドーム)

 巨人は、ギャレットの1号2ランで逆転勝ちし、開幕3連勝を飾った。

 1点を追う巨人は八回、坂本がヤクルト3番手の秋吉から右前打を放ち、出塁。続く、新外国人のギャレットが右中間へ来日初アーチを放ち、逆転した。

 ヒーローのギャレットは「非常に気持ちが良い。1号ホームランがチームの勝ちに直接結びついてうれしい」と喜びを語った。高橋監督も「(ギャレットは)力のある選手と思っているし、最高の形を出してくれた。選手たちがこうした形を続けてくれれば」と淡々と3連勝を振り返った。

 開幕2連敗中のヤクルトは1-1の八回、畠山の適時二塁打で勝ち越し。プロ初先発のドラフト1位・原樹が6回1失点と好投したが、救援陣が踏ん張れなかった。

3/27 デイリースポーツ

 ヨシノブ巨人が開幕3連勝をあげました。先発した若手左腕・田口と新戦力4番・ギャレットの逆転本塁打で勝利したことは、勝ち方としては最高ではないでしょうか。

ただヤクルト戦3連勝でも不安がいくつかありました。

①亀井の欠場

②左の代打不足

③長野の1番の適正

④戸根、マシソンの結果

 

f:id:monkox:20160328003003j:plain

①は昨日活躍した亀井が、カラダの張りで早くも欠場したことに驚きましたが、中井がレフトでスタメン出場したことにはもっと驚きました。重信の評価はオープン戦の結果を見れば仕方ないですが、大田は立場なしです。なぜ中井だったのか?よくわかりません。

 

②はヤクルトの右のサイドハンド秋吉のところで、右打ちの中井に吉川を代打で起用。あとの左打者は堂上、鈴木、重信、鈴木は勝負所の代走要員ですから事実上、左の代打は吉川、重信、堂上の3人。小林が調子がいいですから阿部が復帰しても代打要員でいいでしょう。ただ、それまでの間は2試合でカラダの張りを訴えた亀井を代打要員にしたらどうでしょうか。

 

③は3試合で2本塁打した長野ですが、3試合の結果は13打数2安打1四球で打率167で出塁率231です。1番の適正は間違いなく立岡のほうがあると思うのですが、今のスタメンに2番タイプがいないですからしかたないかもしれません。個人的には今のスタメンであれば、1番立岡、2番坂本のほうが相手投手にプレッシャーをかけることができます。

 

④は抑えの澤村につなぐ2投手の不安です。マシソンは初戦で1イニングを27球2安打1失点。第3戦は1イニング29球1安打2四球1失点。

2試合2イニング56球、3安打2四球2失点 防御率9.00

戸根の成績

マシソンの今日の登板はスライダーがまったくコントロールされていません。次のカードも打撃のいいDeNAですし、昨年完投が1度もないポレダと新人・桜井の先発が予想されます。戸根、マシソンの活躍が勝利にかかせないことは間違いありません。

 

いざ、4連勝へ!