プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

2016戦力補強!ドミニカ右腕獲得!ポレダ復活には「割り切り」

【巨人】育成枠で新外国人W獲り!ドミニカ150キロ右腕ソリマン&アダメス

 巨人が、新外国人として、ドミニカ共和国出身の2投手の獲得を目指していることが12日、スポーツ報知の取材で分かった。マヌエル・ソリマン投手(26)とサムエル・アダメス投手(21)。ソリマンとはこの日までに基本合意に達し、近日中にも正式発表される見通し。まずは育成枠からのスタートとなりそうだ。アダメスは調査を行っているもよう。ともに150キロ超の真っすぐが売りの右腕で、近未来のエース候補として期待している。

 由伸巨人がさらなる補強に乗り出した。日本ハムから乾をトレードで獲得したばかりだが、関係者の話を総合すると、この日までにソリマンとの契約が基本合意に達した。同時にアダメスの獲得調査も進行中だ。ともにドミニカ共和国出身の右腕で、育成枠で獲得し、将来の先発候補として評価しているという。

以下省略

4/13 スポーツ報知

 

f:id:monkox:20160413112256j:plain

マヌエル・ソリマン 26歳 右投 

 

ドミニカ共和国出身 身長188㎝、体重100㎏ 

球種 MAX153㎞のストレート スライダー チェンジアップ

 

 

サムエル・アダメス 21歳 右投

ドミニカ共和国出身 身長193㎝ 体重95㎏

球種 140㎞後半のストレート カーブ チェンジアップ

 

 

なにげに見出しをみたときに、この時期に外国人投手を2人獲得ってことは、マイコラスの今シーズン復帰が無理なのか?そして、ポレダに見切りをつけたのか?なんて思って読んでみたら、「将来の先発候補」だそうで。

 

昨年11月1日のブログに「2016補強!巨人「打倒ソフトバンク」の大号令、3軍制で競争激化!」なんてものを書いたのですが、内容はドミニカ共和国にある、カープアカデミーを日本版に改良してして、中南米の若い選手を10人くらいを日本人選手と一緒に育成したらどうでしょうか」って感じです。詳しくは↓

puro.hatenadiary.jp

 

簡単に説明すると、南米出身の若手野手を獲得して日本で育てるというようなものです。野手ではないですが、少しずつ近づいている様な感じですね。

 

それはそうと、2試合続けて、ポレダの出来が良くありません。足でかき回された阪神戦、それを引きずって自滅した昨日のヤクルト戦。内容が悪すぎます。

ヤクルト戦は4回を投げ、6安打、4四球、4失点、防御率5.29

 

この試合は、1塁にランナーを背負うと過剰に意識してしまい、結果コントロール乱れていました。そうなると、配球もストレート中心になり結果、それを狙われてしまう、悪循環に陥っていました。まさに自滅です。次の試合も同じような内容で3戦続いてしまえば、先発投手陣が手薄といえども使えません。

 

ポレダには、「割り切って投げろ!」と言いたいです。盗塁されて2塁にランナーを背負っても、本塁に返さなければいいのですから。バッター勝負で力でねじ伏せる。そして、7回を3点以内に抑えれば十分です。けん制、クイック、フィールディングなどは短い期間でどうにかなるもではありません。次の試合は、1塁ランナーは無視して投げましょう!そうすれば、結果はついてきます。