プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

ヨシノブジャイアンツ優勝への道!負けられない4/16広島戦!

黒田 左足大丈夫!16日巨人戦先発へ万全「全く変わりはない」

一気の独走態勢だ。広島・黒田博樹投手(40)が16日の巨人戦(東京ドーム)に先発。前回登板で左足アキレス腱上部に打球を当てたが、周囲の不安を一蹴し、当初の予定通りマウンドへと向かう。投打のかみ合うチームは4連勝中。15日に阪神が敗れたことで単独首位にも浮上した。男気右腕の快投でさらなる上昇気流に乗りたい。   

以下省略

4/16 スポニチアネックス    

 昨年、広島に10勝15敗と負け越したジャイアンツ。1.5ゲーム差で優勝をのがしていますから、広島との対戦成績がもろに影響しました。ことしは交流戦の試合数も減りますから、セ・リーグ内で大きく負け越すことは絶対に避けないといけません。今年は昨年カモ(16勝9敗)にした阪神が好調ですし、広島との対戦成績が昨年と同様では優勝はないでしょう。

 

f:id:monkox:20160416094343j:plain

 

そして、本日からの広島戦2連戦は前回対戦と同じ投手が投げ合います。勢いの乗る広島は黒田、福井、一方先発投手陣が手薄なジャイアンツは田口、今村の若手が先発です。お互い苦手意識を作りたくない大切な試合になります。2連戦は初戦を落とすと2連敗の可能性があり、ゲーム差が2つ開き、対戦成績も五分になってしまいます。そうさせないためには、今村の今シーズンの出来を考えれば、今日の田口で絶対に勝たなければいけません。

 

今シーズン好投を続ける田口に勝ちをつけるためには、打撃陣がどう黒田を攻略するのかです。ポイントはギャレットと坂本がスタメン出場できるのか?さらに、立岡、亀井、ギャレットの左打者がどれだけ機能するか?ここに注目です。

 

不振DeNAに少し明るいニュース!

 

DeNA・白根16日スタメンで1軍デビュー 初打席初球打ちだ

DeNA・白根がプロ初打席で初球打ちを宣言した。16日のヤクルト戦(松山)で「6番・一塁」で1軍デビューする22歳は「初打席でファーストストライクを少々ボール気味でも振っていく。先発で使ってもらえることに感謝して思い切りやる」と誓った。

 開星時代に「島根のジャイアン」と呼ばれ、105キロの巨体で40本塁打を記録した。11年にドラフト4位でソフトバンクに入団。昨オフに育成での再契約を断って自由契約となり、トライアウトを経て加入した。13日に初の1軍昇格。14日の阪神戦(甲子園)では9回に代打の準備をしたものの出番はなく、デビューはお預けになっていた。90キロになったスリムな体で坊っちゃんスタジアムで汗を流し「1軍で結果を残して長打力を見せつけたい」と意気込んだ。

4/16 スポニチアネックス

 

「ハマのジャイアン」登場!

 

ついに、期待していた「島根のジャイアン」こと白根が6番・1塁で1軍デビューします。1塁での出場らしいですが、バッティングでアピールできれば、DeNAの泣き所である、サードでのスタメンもみえてきます。新外国人・ロマックはサードで獲得もサードが守れないありまさで、しかも打てない。打つ方は仕方ないとしても、守備力に関してDeNAスカウトは外国まで行って何を見て来たのか?

「山陰のジャイアン」から「ハマのジャイアン」へ白根尚貴!

 

そして、本来ショートとして獲得した白崎・倉本が代わりにサードについていますが、打撃面が・・・・。あえて、ソフトバンクの育成契約を破棄し、退路を断ちトライアウトに臨んで勝負に勝った男ですから、この大チャンスをものにしてほしい。金本阪神は左の高山、横田、右の江越と若手がチャンスを与えられ掴んでいます。

 

ラミレス監督も負けずに、左の戸柱、柴田の新人にチャンスを与えています。ただ、元来、左の好打者をそろえるDeNAです、本来なら将来を見据え、右の長距離砲を育成しないといけません。是非とも今後も白根を起用してほしいです。