プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

ヨシノブジャイアンツ優勝へ!阪神に勝利もヨシノブ采配に疑問?


巨人、鮮やか逆転勝ちで貯金6 それまで1安打の藤浪に6回突如5安打集中

巨人が5―3で阪神に逆転勝ちを収めて2連勝。貯金6とした。阪神・藤浪は7回6安打4失点で開幕4連勝を逃し、今季初黒星。

 2点を追う巨人は6回、それまでの5イニングで1安打と封じられていた藤浪を攻略。長野、立岡の連打で無死二、三塁としてから、坂本の3連打目となる右前打でまず1点を返すと、四球を得て無死一、二塁としてからクルーズの左前打で追いついた。さらに、続く亀井の右翼線二塁打で2点を加えて逆転に成功。

 8回には、この回から登板した阪神2番手・高橋に対して先頭のギャレットからクルーズ、亀井と3連打を浴びせて貴重な追加点を奪い、最終回は沢村が無安打投球でしめくくった。

以下省略

4/27 スポニチアネックス

ジャイアンツ打線が藤浪を攻略し、5-3で3連戦の初戦に勝利しました。4回裏ノーアウト2塁からのダブルプレーで追加点を与えなかったのが勝利のポイントでした。そのダブルプレーを演出した高木のフィールディングは年に一度見られるかどうかのスーパープレーでした。

 

その流れで、0-2と無失点で迎えた6回表、1番長野から四球をはさんでの5連打で4得点。藤浪攻略のポイントにあげていた左打者、立岡が2塁打でチャンスを広げ、亀井が2点タイムリー2塁打としっかりと結果をだしました。

puro.hatenadiary.jp

 

 

ヨシノブ采配に疑問

 

しかし、この試合でヨシノブ采配に不安を感じる場面がありました。その場面は8回表、阪神は左腕・高橋。先頭の4番ギャレットがレフト前ヒットで出塁し、代走に吉川。5番クルーズがライト前ヒットでノーアウト1・2塁。ここで6番亀井に送りバントでなくヒッティングでタイムリーヒット。ヨシノブ監督としては、亀井で送って村田、小林で勝負よりも左対左の亀井のバットに賭けたということです。これは村田、小林の打撃の信用がそこまで高くない表れだと思います。

 

そして、問題はこの次の村田の打順です。亀井のタイムリーで再びノーアウト1・2塁。ここで送りバントではなく、ヒッティングで併殺。2アウト3塁で続く小林も倒れ追加点をとれませんでした。5-2と3点リードし、もう1点で勝負が決まる場面ですから、併殺打の多い村田(前日までリーグワーストの6併殺)を迎えた時点で、2塁走者のクルーズに代走で片岡を、村田が送りバントをきめれば、小林は外野フライ、もしくは内野安打でも得点チャンスが生まれました。小林が倒れても次は代打ですし。

 

f:id:monkox:20160427115214j:plain

 

これは、結果論ではなく8回裏の阪神の攻撃で1発のあるゴメスにまわります。今のマシソンの出来を考えれば、仮に2ランを打たれても2点差で最終回を迎える事ができます。今の澤村からだったら「1点差であれば逆転できる」とセリーグ全てのチームが感じているはずです。だからこそ、残り2イニングで4点差あれば相手チームも逆転する勢いを失います。

 

この場面の「1点」は2点、3点と同等の価値があります。ゲームの前半か後半で「1点」の価値はかわります。試合を決めるダメ押し点を確実にとりに行かなかったヨシノブ采配。結果的に試合は勝ちましたが、「勝って兜の緒を締めよ」ではないですが、これから勝ち星を重ねるには、「大量点を狙う場面」なのか「1点を確実にとる場面」なのか見極めが必要です。