プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

ヨシノブジャイアンツ優勝へ!またもポレダ、急げ、新外国人投手獲得!

巨人ボレダまた乱調…先発駒不足で由伸監督苦悩深く

「ヤクルト4-1巨人」(29日、神宮球場

  フォローする言葉も見当たらない。ポレダの乱調が響き、巨人の引き分けを挟んだ連勝が3でストップ。高橋監督は「(ポレダは毎回)同じような感じですね。そんなに変わらないかなという感じ」と、ため息まじりに話した。

  今季、何度も見た光景だ。二回は先頭・荒木を遊撃内野安打で出塁を許すと、捕逸と盗塁などが絡んで無死二、三塁。8番・中村には中前に2点適時打を浴び、あっさり先制を許した。

  三回は山田に四球を与え、またも先頭打者が出塁。続いて一塁へのけん制球が“鋭いカットボール”となり、ギャレットが捕球できず。ファウルグラウンドを転々とする間に、進塁を許した。記録はギャレットの失策となったが、ポレダは「いい球ではなかった」と反省。さらに雄平に適時打を打たれ、4回3失点でKOとなった。

  3月29日のDeNA戦で勝利して以来、4試合未勝利。制球難と、機動力でかき乱されるおなじみのパターンでリズムを崩している。調整期間で投球フォームやセットポジションの見直しを行っているが、もはや治療薬も乏しい状況だ。

  チームは首位。余裕がある段階で、ポレダの2軍調整があっても不思議ではないところ。ただ、先発の駒不足というチーム事情もあり、指揮官は「今のところは分からない。今は特に考えてない」と言葉を濁したが、苦悩は深い。

4/30 デイリースポーツ

f:id:monkox:20160430121925j:plain

 ポレダが投げる以上、このような試合になることはヨシノブ監督も私もジャイアンツファンの皆様も覚悟していたと思います。まさに、記事通り「何度も見た光景だ」と。ポレダの様な器用さを感じられない投手に、短期間で投球フォームやセットポジションの見直しは難しいです。見直し最中に緊張感あるマウンドに上がる訳ですから。そもそも、簡単に見直し出来るのであれば、4試合未勝利ということはないはずです。

 

ポレダの問題は心理的なものであり、考え方です。ランナーを気にせずに投げ、得点圏にランナーを置いたら、打者を抑えればいいのです。目標は「5回3失点、あとは中継ぎにまかせたスマン!」って感じでマウンドに上がることからスタートです。あとは対戦相手です。

 

セリーグチーム別盗塁数

 

1位 広島   17

1位 阪神   17

1位 ヤクルト 17

4位 巨人   11

5位 中日   5

6位 De    3

 

これを踏まえ、ローテーションを飛ばしても中日、DeNA戦に登板させてあげたらどうでしょうか?先発ローテーション的には厳しいですが、宮國などを上手く使いなができないですかね。さすがに無理か。しかし、中日、DeNAの数字をみるとポレダも精神的に楽に投げれると思うのですが。

 

おそらく、ジャイアンツは即戦力外国人投手を探していると思います。でないとおかしいです。マイコラスも故障の影響で昨年同様の活躍を期待するのも酷ですし、新人・桜井、内海も?です。急がないと中5日でなげる菅野をつぶしてしまいます。それだけは絶対に避けなければいけません。急げジャイアンツフロント!

 

菅野で思い出しましたが澤村が2試合続けて菅野の勝ち星を消してしまいました。

澤村、今年の成績

14試合 15回 防御率2.40 3勝 0敗 7セーブ

10奪三振 14被安打 2被本塁打 4四死球 5失点

 

澤村、昨年の成績

60試合 68回1/3 防御率1.32 7勝 3敗 36セーブ

60奪三振 58被安打 4被本塁打 24四死球 12失点

 

昨年12失点と粘り強い投球をしていましたが、今季はすでに5失点。奪三振率も昨年は7.90とストッパーとしては決して良い数字ではないですが、今季は6.00と前半ですでに昨年を下回る数字になっています。阪神戦の原口の犠牲フライのように、三振が欲しい場面で奪えないのはストッパーとして厳しいのかもしれません。

 

ただ、ストッパーの不調はジャイアンツに限ったことではなく、昨年活躍した日本人ストッパーの多くが調子を崩しています。

 

日ハム 増井

昨年 0勝 1敗 39セーブ 防御率1.50 71奪三振 失点11

今年 1勝 2敗 7セーブ 防御率7.71 12奪三振 失点8

 

ロッテ 西野

昨年 1勝 2敗 32セーブ 防御率1.83 71奪三振 失点13

今年 2勝 0敗 8セーブ 防御率3.27 13奪三振 失点4

 

楽天 松井

昨年 3勝 2敗 33セーブ 防御率0.87 103奪三振 失点7

今年 0勝 0敗 7セーブ 防御率3.46 20奪三振 失点5

 

この数字を見ていると、日本人ストッパーが2・3年成績を残すことができても長い期間成績を維持することは体力的にも精神的にも難しいのかもしれません。才能豊かな若い松井など潰しかねません。今後、ストッパーは外国人に頼る、もしくは、ダブルストッパーにして年間の投球イニング数に制限もうけるなど、各チームが独自に考えなければいけません(中継ぎ投手も)。球団は勝つことと同時に選手を守らなければいけません。チーム事情で選手を潰すようなことだけは避けなければなりません。