プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

ジャイアンツ2軍戦にヤクルト・由規登板「高校ビックスリー」復活?

由規、剛球復活!支配下登録へ 2軍戦で5回8K最速151キロ

復活151キロ!右肩の故障から復帰し、育成選手から支配下登録を目指しているヤクルトの由規投手(26)が22日、イースタン・リーグ巨人戦に先発し、5回を3安打2失点(自責点0)に抑えた。衣笠剛球団社長兼オーナー代行(67)らが視察した中、最速151キロを記録し、8三振を奪った。今後の肩の具合が良好なら、球団は支配下選手登録の意向を伝える方針。剛腕が神宮の舞台に帰ってくる。
以下省略
6/23 スポニチアネックス

f:id:monkox:20160413112256j:plain

 2015年10/1に来季は育成契約と報道されから約8カ月、お帰りなさい。昨日のイースタンリーグ・巨人戦、日テレG+で観ました。ジャイアンツの2軍相手とはいえ、橋元到、松本哲也、山本泰寛、脇谷亮太、岡本和真、重信慎之介と今季1軍でプレーを経験した選手をスタメンに揃えた打線ですから、5回3安打2失点8奪三振は価値があります。

 

真中監督、高津投手コーチが見守るなか、故障前の荒っぽいフォームは改善され、ストレートがアウトコースにコントロールされていました。肩の具合にもよるでしょうが、支配下登録はもちろん、1軍登板も時間の問題でしょう。なぜなら故障明けの由規に頼らなければならないほど、ヤクルト投手陣は崩壊しているからです。

 

ヤクルト投手成績

チーム防御率 5.12

先発防御率  5.50

救援防御率  4.51

失点     369

 

先発投手成績(50イニング以上)

小川 防御率4.57 2勝3敗

原  防御率5.82 1勝7敗

山中 防御率4.55 3勝5敗

成瀬 防御率4.92 2勝2敗

石川 防御率5.30 3勝5敗

 

「悲惨」としか言いようのない成績です。セ・リーグ1位の防御率を誇るDeNAは

チーム防御率 3.17

先発防御率  3.24

救援防御率  3.01

失点     246

失点が123もDeNAに比べ多いのは同じプロとは思えない数字です。

 

昨年のシーズンから先発投手の不安は顕著でしたが、そんな状況でも外野手の高山を1位指名したんですから今年の「投壊」をヤクルト首脳陣は予想できなかったんでしょう。今年は投手に偏ったドラフトをしないといけません、それも極端な。話が逸れてしまいましたが、ヤクルトの投手事情を考えれば由規を1軍に上げなければヤクルトファンは許しませんよ。しかし、由規の下半身は大きくなりました。期待しています。