プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

ジャイアンツ・菅野9失点で7ゲーム差。目標はクライマックス出場?

菅野自己ワースト9失点 今季初バッテリーの相川反省「捕手の責任」

巨人・菅野がプロ入り後初めて満塁本塁打を浴びるなど、自己ワーストの9失点で2回1/3KO。試合前の時点で0・88だった防御率は1・64まで悪化し、プロ初となる3連敗で4敗目を喫した。

 「反省すべきところはしっかり反省して、現実を受け止めたい」。相手の積極攻撃に対し、修正を図る前に捉えられた。初回に5球で先制され、2回は不運な内野安打も含め3連打などで3失点。3回は4連打の後、2安打されていた桑原に「ちょっとムキになってしまった」と初球、真ん中の直球で満塁弾を浴びて52球で降板した。小林誠の故障離脱で、今季14試合目で初めてバッテリーを組んだ相川は「あれだけ能力の高い投手。その中での9失点は捕手の責任」。チームとしても今季ワーストの12失点となったが、高橋監督は「これまでの結果、内容からしたら、1回や2回、こういう時もあるんじゃないですか」とかばった。
以下省略
6/25 スポニチアネックス

 菅野炎上!

長引いた仕事を終えて、テレビをつけると0-9で、マウンドには矢貫が・・・「どうなっとんじゃ!」英国のEU離脱に高知東生逮捕、そして、菅野9失点。昨日は驚きの連続でした。

 

f:id:monkox:20160212191554j:plain

球数52球、11安打と四球1を許し9失点。奪三振は3。今までの菅野からは想像もつかない数字です。まさか故障じゃないですよね?朝、スポーツ紙にもネットにも故障とは出ていなかったですが心配です。相川は「捕手の責任」と言っています。今までバッテリーを組んでいた小林が肩甲骨骨折で回ってきた相川のスタメンマスクで9失点。相川はつらいでしょう。

 

菅野の投球はスポーツニュースでしか見れませんでしたが、逆球が多かったようです。

相川の責任と言うよりは、開幕から先発陣の故障で、エースの責任感から中5日を続けたことや4完投の無理が出たのかもしれません。もちろん、小林との相性が良かったことは間違いありませんから、捕手交代の影響は少なからずあったと思います。

 

菅野でDeNAを叩いてカープ追撃と思った矢先の落とし穴。ゲーム差7は正直キツイです。本来なら独走状態の広島を5球団で包囲するべきでしょうが、2~6位までが4ゲーム差でひしめき合っている状態です。球宴前にこれ以上首位カープと差がつけば、クライマックスがある以上、各球団広島対策よりも2位、3位を狙い5球団で潰し合いになるでしょう。前半戦でここまで差が開くとこのように「優勝」がそっちのけになります。これを「クライマックスの弊害」といいます。セ・パで同じような状況が起きていることが心配です。

クライマックスの弊害