プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

中日・谷繁監督解任について。落合GMとはいろいろありました!

竜に激震!谷繁監督、事実上の解任…成績不振で球団から“休養願い”

セ・リーグ、中日2x-1ヤクルト=延長十回、19回戦、ヤクルト12勝7敗、9日、ナゴヤD)中日は9日、成績不振により谷繁元信監督(45)がシーズン途中で休養すると発表した。今季が4年契約の3年目だった同監督に、球団が「休養のお願い」をしたといい、事実上の解任。同監督は会見で「結果がすべての世界で、仕方がない」と述べた。同日のヤクルト19回戦(ナゴヤドーム)から森繁和ヘッドコーチ(61)が監督代行を務めた。来季からの新監督には、小笠原道大2軍監督(42)の昇格が有力だ。

 

  事実上の解任だった。球団は、まだクライマックスシリーズ進出の可能性が残るなか、谷繁監督に休養を言い渡した。非情の通告を受けた指揮官は、ナゴヤドームで無念の会見に臨んだ。

  「ドラゴンズが強くなるために何をしないといけないか、考えてやってきた。こういう形で去るのはさびしさも悔しさもある。それでも勝負の世界では仕方ない」

  球団の説明では、佐々木球団社長と西山球団代表が話し合いを重ね、この日朝、白井オーナーの了承を得た。ファンからの厳しい批判が理由だったという。選手兼任1年目の2014年は4位、15年も5位。球団創設80周年の今季、監督専任となったものの、1997年以来19年ぶりとなる最下位の危機にある。

  「けじめをつけてもらうべく休養をお願いした」と佐々木球団社長。ただ“解任”の背景には谷繁監督と落合ゼネラルマネジャー(GM)との確執もあった。

  指揮官が思うような補強がなく、失敗も続き、不信を募らせていた。コーチ人事も落合GMが主導。加藤チーフ打撃兼野手総合コーチ、リナレス巡回コーチの招へいなどは谷繁監督に知らされず、両者の溝は深まる一方だった。ただ一人、球団に頼み込んで1軍に置いた佐伯守備コーチとともに、責任を負わされたと考えられる。

  「現役のころから、とにかくドラゴンズを強くしたいと全身全霊でやってきた」と谷繁監督。落合監督時代の常勝期を支えた功労者は、選手一人一人を握手を交わし、不本意な形でチームを去った。森監督代行の指揮で戦ったチームは延長十回、2-1でヤクルトにサヨナラ勝ち。球団は今後、小笠原2軍監督の昇格を最有力に、新体制づくりに着手する。
8/10 サンケイスポーツ

 

谷繁監督、お疲れさまでした

今回でブログ記事数が285となり、「3日坊主の自分を褒めてあげたい」とオリンピックイヤーにかけ有森風にしてみました。記事数を皆さんに褒めてもらいたくて数字をひけらかした訳ではなく、今まで投稿した285のうち、中日に関しての記事がこれを含め6記事だけだったことに今更ながら驚きました。しかも過去5回の内容は、

2015年9/15 2016 中日 谷繁監督白紙に!

2015年9/16 中日 解任騒動の谷繁監督、落合GMとの対立の根源 !

2015年9/21 中日 谷繁監督と落合GMの確執は朝倉投手の引退?!

2015年9/26 中日 山本昌引退! 過去の成績を振り返る!

2015年10/31 阪神、FA中日・藤井獲得か?落合GMに不満あり !

 

と、言う感じでネガティブな内容となっています。ハッキリ言えば、プロ野球ファンからみると近年の中日にはこんな内容でしか投稿するネタがないのが現状です。今後の予定でも「オフの大島・平田のFA移籍予想」くらいしか考えていなかったんですが、ここでまさかの谷繁監督解任劇。

 

f:id:monkox:20160407180514j:plain

過去の記事をみてもらえば、谷繁監督と落合GMの関係は最悪です。ただ、落合GMがコーチ人事を主導したとか、ドラフトに谷繁監督の要望が聞いてもらえないとかは、本来、人事やドラフトに関して監督に権限はありません。なので、これに関して中日は正常だと思います。日ハムやソフトバンクもフロント主導であり、監督には「この戦力でよろしく」というスタンスです。

 

しかし、日ハム、ソフトバンクと大きく違うのが、中日ファンが「チームの青写真」を全く描けないことです。日ハムとソフトバンクの場合はファンが想像することができます。例えばソフトバンクファンなら、「先発の摂津、中田賢一が今一つだから誰を補強するのか?」なんて想像をし、「九州出身のDeNAの山口俊(大分・柳ヶ浦高)をFAで獲得するのでは?」って感じで楽しい想像ができます。中日ファンの場合は、「大島・平田FAした場合の補強は?」なんて想像をしても、「どうせ、森繁和中南米の外国人を連れてくるんでしょ」って感じで想像に選択肢がありません。

 

中日の成績低迷は谷繁監督だけの問題とは思えません。ブログ主のシーズン前の順位予想では中日を最下位にしています。

ヨシノブジャイアンツ優勝への道!優勝はジャイアンツ、セリーグ順位予想!

理由は監督の采配以前に戦力に問題を感じたからです。今やプロ野球選手が「一番行きたくないチーム」となりつつある中日(もうなってます?)、ファンあってのプロ野球ですから、球団は低迷の本当の原因を取り除く必要があります。