プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

ジャイアンツ、リリーフ高木勇人が1点差7回に登板した理由を考える!

【巨人】高木、8回西浦に決勝弾浴びる…広島と6・5ゲーム差に

◆ヤクルト5―4巨人(12日・神宮)

 巨人は中継ぎに回った高木がヤクルト打線につかまり惜敗。首位・広島が勝ったため、ゲーム差は6・5に開いた。
以下省略
8/12 スポーツ報知

 ヤクルト3連戦、ジャイアンツは将棋で言えば飛車・金・銀・桂馬落ち状態のヤクルトが相手ですから、3連勝しないといけないカードの初戦だっただけに残念です。

「7回高木」の訳

 

この試合のポイントは何といっても高木のリリーフでしょう。先発で調子の出ない高木をリリーフに使いたい気持ちはわかります。ただ、高木をリリーフで使うならロングリリーフ要員です。例えば今日の江柄子のように経験の浅い投手が先発した場合、4回位から3イニングって感じでしょう。投球スタイルが、短いイニングを全力で抑えるタイプではなく、長いイニングを少ない失点で乗り切るスタイルですから、1点リードの後半に登板させてはダメでしょう。

 

ヨシノブ監督の本来のプランは、1~6回江柄子⇒7回田原⇒8回マシソン⇒9回澤村だったはずです。仮に江柄子が早い回で崩れた場合、高木のロングリリーフを予定していたと思います。しかし、江柄子が5回1/3で1死満塁とピンチを作り、打者は右の鵜久森。ここは高木では荷が重く、経験豊富な田原しかいません。そして、6回はピンチを作るも田原が抑え。1点差で7回を迎えた訳です。

 

7回のヤクルトは先頭の左の今浪以降、谷内、鵜久森、西田と右が続きます。マシソンに2イニングの負担をかけれない、故障明けの西村も前日に回またぎで35球を投げているため負担をかけられない、左の山口は過去のような絶対的な力がない、戸根も左投手だから、と考えると「しかたなく高木」となった訳です。

 

f:id:monkox:20160727171604j:plain

 

よって、ヨシノブ監督はヤクルトを舐めていた訳でなく、こうするしかなかったんです。しかし、高木登板はしかたなしとしても同点の8回続投は腑に落ちません。8回はマシソン⇒9回は澤村です。延長を考えて投手交代を渋れば、このような結果になります。同点の時に攻めの投手交代をしないと勝利を呼び込めません!

 

本来なら中6日で菅野が先発でした。しかし、足のマメを潰しローテを飛ばしました。足のマメの原因は京セラドームの硬いマウンドらしいです。中5日で無理に広島戦に投げさせた結果です。ハッキリ言って勝負所を誤りました。中5日、中7日と広島戦に意識することなく、中6日で回していていれば、京セラドームの広島戦が飛ぶのでマメを作ることなく、中6日で今日のヤクルト戦を迎えていました。今のヤクルト打線に菅野から2点以上得点することは難しでしょう。

 

本当にリメイクドラマを演出したいのなら「勝てるチームに確実に勝つことです」そして、ゲーム差が縮まったところで勝負です!「逆転できるゲーム差」にするために無理を強いると、実際「逆転できるゲーム差」になったときに、無理できる体力が残っていないものです。今日は本当に

MOTTAINAI