プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

2016ジャイアンツドラフト情報!方針転換?ドラフト1位候補は

巨人・内海炎上に村田真ヘッド激怒「野球にならん!」
ベテラン左腕が試合をぶち壊した。巨人・内海哲也投手(34)が26日のDeNA戦(横浜)に先発し、初回に打者一巡の猛攻を浴びて8安打6失点。わずか1イニングでKO降板となり、今季5敗目を喫した。

  内海は試合後「初回KOは珍しいが?」との問いに、一点を見つめたまま「そうですね。次頑張ります」とだけコメント。

  一方、村田真ヘッドコーチは(52)は左腕の背信投球に「見たままやろ。テツ(内海)がしっかり放らんと。中8日やろ。投手陣のリーダーちゃうん? あれじゃ野球にならん。怒ってるって書いといてくれ」と怒り心頭だった。
8/26 東スポWeb

 村田ヘッドコーチの「中8日やろ」って内海が中8日で投げさしてほしいと願い出たんですかね?おそらく、田口を中5日で広島戦に投げさせたための中8日ですよね。中7日で広島戦に投げた菅野も4失点で負け投手になってますし、そもそも、登板間隔が空くほど本来持っている力がでる訳ではないでしょう。「中8日やろ」って何の説得力もありません。これからはクライマックスの日程を逆算してローテを組まないといけませんよ。ねっ、村田ヘッド!

 

ここから、来季に向けたお話し

 

巨人がドラ1方針転換 高校BIG3回避で元“都立の星”狙い

「高校生よりも大学、社会人を優先するんじゃないか」

  巨人の周辺から、こんな声が聞こえてくる。

  作新学院の優勝で終わった夏の甲子園。今秋ドラフト1位候補に挙がる寺島成輝(履正社)、藤平尚真(横浜)、高橋昂也(花咲徳栄)の「ビッグ3」に加え、優勝投手となった今井達也(作新学院)ら高校生の評価について、巨人内では洗い直しが行われている。放送関係者がこう言う。

 「巨人は甲子園期間中、とくに寺島に注目していた。堤GMが甲子園で2度も投球を視察したくらいだからね。『Aランク』の位置づけに変わりないが、ベスト16で敗退したこともあり、1年目からすぐに先発ローテでフル回転できるまでの力があるのか、育成する時間が必要なのではないか、という声が内部にも出てきているようだ。そこで浮上するのが大学、社会人の1位指名。チームは首位の広島と8ゲーム差で、2年連続V逸の可能性が高い。至上命令である来季の優勝奪回を果たすには、菅野、田口に次ぐ即戦力の先発投手が必要不可欠だからね」

  巨人は昨秋ドラフトで1位に桜井俊貴(立命大)、2位で重信慎之介(早大)と大学生を指名した。昨年、笠原将生らが起こした野球賭博事件の影響で、「即戦力」と「学歴」を重視した。その桜井らも結局は戦力にならず、昨年以上に「即戦力」が必要なチーム事情があるのも確かだ。
以下省略
8/26 日刊ゲンダイデジタル

 

そもそも、ジャイアンツは高校生投手を指名するつもりは最初からなかったと思います。理由はコチラ↴

ジャイアンツドラフト2016藤平絶賛も高校生投手の1位指名は無い!

 

記事の中の「1年目からすぐに先発ローテでフル回転できる力はあるのか」なんて発言が球団内部からでているとはとても信じられませんが、そもそも高卒ルーキで1年目からフル回転(2ケタ勝利)できた投手は

1999年松坂大輔(先発24試合、16勝5敗、防御率2.60、投球回180回)

2007年田中将大(先発28試合、11勝7敗、防御率3.82、投球回数186回1/3)

2013年藤浪晋太郎(先発23試合、10勝6敗、防御率2.75、投球回数137回2/3)

この3投手くらいです。松坂より前だと1967年の江夏豊になるので残念ながらブログ主は生まれていません。

 

このように、江夏豊以降の約50年間で高卒で2ケタ勝利は3人。180イニング以上投げた投手は2人です。この数字を期待してドラフト1位で投手を獲得するつもりなら、高卒投手は考えにくいです。ただ、今年の桜井のように大学・社会人だから活躍するわけではありません。昨年のドラフトを見ていてもジャイアンツはドラフト1位指名慣れしてないですね。

 

ジャイアンツドラ1投手歴史

1993年 三野勝大  逆指名

1994年 河原純一  逆指名

1996年 入来祐作  逆指名

1998年 上原浩治  逆指名

1999年 高橋尚成  逆指名

2002年 木佐貫洋  自由枠

2003年 内海哲也  自由枠

2004年 野間口貴彦 自由枠

2005年 福田聡志  希望枠

2005年 辻内崇伸  

2006年 金刀憲人  希望枠

2007年 村田 透 

2010年 澤村拓一  事実上の逆指名

2011年 松本竜也

2012年 菅野智之  事実上の逆指名

2015年 桜井俊貴  

 

f:id:monkox:20160731162026j:plain

1993年~13年間も希望球団枠制度に頼っていたら、投手のドラ1指名する感覚がないでしょう。ずーとドラフトの駆け引きをしてない訳ですから。そして、ナベツネの剛腕で1993年からスタートした人気・金持ち球団のための希望球団枠制度が名前を変えながら継続してきたものが2006年で終了。そして迎えた翌年2007年ドラフト。大場、篠田の外れ外れ1位・村田が1度も1軍登板がなく解雇(2007年村田ショック)。球団はこれがトラウマになったのでしょう。

 

希望球団枠制度の使えない2005年高校生ドラフト1順目の辻内、2011年菅野の外れ1位・松本は結果がでず引退。即戦力として期待された2015年単独1位指名・桜井は結果が出ていません。澤村、菅野は活躍してますが「ジャイアンツ以外は行きたくない」と駄々をこね、他球団が敬遠し入団していますから事実上逆指名です。今年こそは2007年のように攻めのドラフトをしてほしい。「外れ、外れ1位がヤクルト山田」ってこともありますから。故障してようがなんだろうが、賭博さえしてなければドラフト1位は創価大の田中で!

 

 

puro.hatenadiary.jp