プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

阪神藤浪10敗。藤浪よソフトバンク松坂大輔にアドバイスを頂こう!

金本監督、藤浪の育成で自責の念 「僕も反省するところはある」

「中日9-3阪神」(30日、ナゴヤドーム

  先発した阪神藤浪晋太郎投手(22)は自己ワーストの1回7失点で無残なKO。今季10敗目を喫した。壁にぶつかっている4年目右腕に、金本知憲監督(48)は「僕も反省するところはある」と表情を曇らせた。チームは今季4度目の4連敗で8月の負け越しが決定。早ければ31日にも、今季優勝の可能性が完全に消滅する。

  31日にもV逸が確定してしまう敗戦後、金本監督が放ったのは初回7失点への怒りではなく、自身を責めるような言葉だった。4年目で自身初の2桁敗戦を喫した、藤浪の育成に関する反省だった。

  「(まだ22歳の4年目だから)しっかり今のうちにいろんな教育というか。それはチームとしてやっていかないと。僕も反省するところはあるし」

  3年連続2桁勝利の右腕に対し、就任直後から大きな期待を寄せていた。ただ、思うようにいかなかっただけに修正すべきところもある。「(反省点とは)気付いたことは、言っていかないといけないなと」。まだまだ将来のある選手。カベを乗り越えさせ、藤浪のさらなる成長のために手を差し伸べていく。
8/31 デイリースポーツ

 6勝10敗、防御率3.48。8/29の記事ですが、こんな藤浪に香田コーチは

 

阪神・藤浪 4年連続2桁勝利へ間隔詰めて登板も
阪神・香田投手コーチが29日、残り21試合で、4年連続2桁勝利がかかる藤浪の積極投入を予告した。

  同コーチは「(2桁勝利は)励みにしてもらいたい。間隔を詰めてというのはもちろん可能性としてある」と、ここまで6勝の右腕にできるだけ多くの登板機会を与える方針を明かした。

  この日、投手指名練習に参加した藤浪は「2桁勝つには全戦全勝するしかない。でも、そこは運。しっかり自分の投球がしたい」と、まずは30日の中日戦(ナゴヤドーム)で7勝目を目指す。
8/29 東スポWeb

 藤浪の4年連続2桁勝利は事実上なくなった訳ですが、これで良かったと思います。まず、コーチがクライマックス進出の可能性が残っている状況で個人成績を優先するような発言は問題です。藤浪の昨年の成績であれば登板間隔を詰め投げさせることがチームのためにもなったでしょう。しかし、昨年は間隔を詰めた結果、肩を故障しています。

 

今の藤浪を昨年のように投げされれば、チームのためにも、個人のためにもなりません。藤浪の登板間隔を詰めさせる理由がまったくありません。「藤浪161球問題」でもコーチのだらしなさを指摘しましたが、金本阪神の来季はコーチ刷新を考えないといけません。

 

金本監督は今回の藤浪の1回KOについて「気付いたことは言っていかないといけないなと」反省を口にしました。「気付いたこと」が何かわかりませんが、藤浪は変わらないといけないのは確かです。藤浪はあの投手からアドバイスをもらうべきです。あの投手とはソフトバンク松坂大輔です。

 

f:id:monkox:20160831113035j:plain

松坂大輔藤浪晋太郎

2人は共通点が多いです。

・名門校エース

・甲子園優勝投手

・ドラフト1位(松坂は3球団、藤浪は4球団競合)

・高卒入団1年目から3年連続2桁勝利

・ストレートとスライダーが武器

奪三振が多い

 

藤浪晋太郎

2013年 24試合 137回2/3 

10勝6敗 44四球

 

2014年 25試合 163回  

11勝8敗 64四球(リーグ3位)

 

2015年 28試合 199回  

14勝7敗 82四球(リーグ1位)

 

 

松坂大輔

1999年 25試合 180回

16勝5敗 87四球

 

2000年 27試合 167回2/3

14勝7敗 95四球

 

2001年 33試合 240回1/3

15勝15敗 117四球

 

2002年 14試合 73回1/3

6勝2敗 15四球

 

2003年 29試合 194回

16勝7敗 63四球

 

2004年 23試合 146回

10勝6敗 42四球

 

2005年 28試合 215回

14勝13敗 49四球

 

2006年 25試合 186回1/3

17勝5敗 34四球

 

2007年メジャー移籍

 

数字を見ると松坂も1年目~3年目まで藤浪と同じで、四球数と奪三振が多い「荒れ球系」の投手でした。4年目、開幕6連勝するも、ヒジを痛め14試合の登板でシーズンを終了します。しかし、この年から四球数が激減しています。おそらく、1999年からの3年間の投球で四球数が問題となり、「何か」を変えたのだと思います。

 

その変化にカラダが慣れずヒジを故障したのか、前年の多投が影響して故障したのかは分かりませんが、間違いなくこの年に「変化」があったはずです。その「変化」がフォームを変えたのか、力の入れるタイミングを変えただけなのか分かりませんが、その結果が2000年に167回で95四球だったものが、2006年には186回で34四球まで改善しています。

 

松坂の3年目は最多勝ながら15勝15敗117四球。「このままではマズイ」と感じ、4年目に変化したんだと思います。藤浪は3年目が自己最高の成績でしたから、82四球だったとしても本人、監督・コーチも「変える怖さ」があったと思います。ですから今年の成績は藤浪にとって「変わる」きっかけになると思います。

 

藤浪よ、まずは松坂に聞け!

 

puro.hatenadiary.jp