プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

2017も楽天・梨田監督!外国人野手3人スタメンは危険信号!

西武 来季監督は前ソフトB秋山氏有力 田辺監督今季限り退任へ
西武の田辺徳雄監督(50)が今季限りで退任することが1日、分かった。就任2年目の今季はここまで5位に低迷。3年連続でクライマックスシリーズ(CS)進出が絶望的な状況となっており、成績不振の責任を取る意思を固めた。

中略

 後任は西武の黄金期を支えたOBの秋山幸二氏(54)が有力候補として挙がる。ソフトバンクの監督として11、14年に2度の日本一に導いた実績があり、球団関係者は「秋山氏を招へいすることもあり得る」と明かした。潮崎哲也ヘッド兼投手コーチ(47)が内部昇格する案もある。

以下省略

9/2 スポニチアネックス

 宮本慎也氏の名前が無くてよかったです。しかし、昨日の記事はなんだったんだ東スポWeb!、東スポ・・・・。そんな東スポが大好きです。同じ監督つながりで楽天は梨田監督が続投確定のようです。

 

楽天 梨田監督が来季続投へ 今月中旬取締役会で正式決定
楽天が就任1年目の梨田昌孝監督(63)を来季も続投させる方針を固めたことが1日、分かった。今月中旬に行われる三木谷浩史オーナー(53)も出席する球団取締役会で承認されれば、正式決定となる。

中略

 故障者が復帰し、ウィーラー、アマダー、ペゲーロら外国人野手を効果的に打線に配置した8月は15勝9敗1分け。球団は4位の現状や選手育成や起用法について高く評価した。わずかではあるがクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性も残されている。3年契約も踏まえ、来季の指揮を任せることになった。

以下省略

9/2 スポニチアネックス

 

約1年前に大久保前監督の退任を受け「火中の栗を拾うのは誰だ?」って感じでブログ主1人盛り上がっていました。古田氏、与田氏、立浪氏、斎藤隆氏など候補はいましたが、最終的に栗を拾ったのが梨田監督でしたが、現在楽天は4位と健闘し続投となりました。おめでとうございます!

 

f:id:monkox:20160722163216j:plain

 

記事のように外国人打者を3人並べた打線で成績を上げていますが、裏を返せば打てる日本人野手がいないと言っているのと同じです。チーム本塁打数77本(リーグ4位)中、外国人選手が放った本塁打はウィラー24本、アマダ―9本、ぺゲーロ5本、ペレス2本、ゴームズ1本の計41本。実に半数以上を記録しています。

 

外国人野手に頼った打線はよくありません。例えば、活躍して年俸が倍増すれば金欠球団は残留させることが出来ず、他球団に移籍することで戦力が低下します。そうしたリスクを持つ外国人選手を3選手もオーダーに組み込まなければいけないのはチームにとって良い傾向ではありません。さらに外国人選手を3人スタメンと言う事は若手野手のチャンスと育成の場を奪っていることになり、日本人野手の底上げにもよくありません。

 

もちろん、この状況になるまでに順序があり、スカウティングと未来を見据えた育成がうまくいかなかったからこのような現状になりました。楽天より一足先に世代交代のための育成を怠った中日が同じく外国人野手3人制で(ビジエド、ナニータ、エルナンデス)結果はご存じの通りセリーグ最下位に沈んでいます。このように外国人野手3人スタメンと言うのは、球団フロントの育成方針に問題があることを示唆していて、結果チームが毎年安定した成績を残すことが難しくなってしまいます。

 

外国人投手3人制

現在のトレンドは外国人投手3人制です。現在の日ハム(メンドーサ、バース、マーティン)、昨年優勝したソフトバンク(バンデンバーグスアレス、サファテ)とヤクルト(ロマン、オンドルセク、バーネット)。そしてセリーグ独走中の広島(ジョンソン、ジャクソン、ヘーゲンス)。阪神も現在メッセンジャー、マテオ、サターホワイトで3人制ですが、本来はゴメス、ヘイグ、メッセンジャー、マテオの野手2・投手2の予定がヘイグが使えなかったことが理由となった3人制です。結果投手陣に厚みをだしても打てないのが現状です。

 

外国人投手3人制が出来ると言う事は、

・日本人野手のコマがそろっている

・外国人選手のスカウティングが上手い

という条件がそろわないとできませんので、球団フロントが重要なんです。先発完投が少ない現代野球で中継ぎ、抑えの重要性は年々高まっています。さらに先発投手は中6日が主流で先発の枚数必要です。そうなると必然的に投手陣に「数+実力」で厚みをつけなければなりません。そこにうってつけなのがタフな外国人投手なんです。

 

仮に、いまのDeNAにある程度の成績が期待できる外国人投手が3人いたら、今頃広島と優勝争いをしていたかもしれません。ですから来年、外国人投手次第でDeNAは優勝を狙えるチームに一変します。 すいません話が脱線したので楽天に戻します。

 

昨年のドラフトで平沢を外すも、1位オコエ、2位吉持、3位茂木と野手中心のドラフトで楽天の未来予想図が見えたような気がしました。そのためにも、若手野手の活躍の場を確保してほしい。梨田監督、できればベンチ入りの外国人野手は多くても2人でよろしくお願いします。って、お願いする人を間違えました(笑)

 

お願いします!三木谷オーナー

 

 

puro.hatenadiary.jp