プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

プロ野球、秋の風物詩!クライマックスシリーズの是非!

広島の圧倒的優勝で再燃?「CS制度」の是非

広島が圧倒的な強さで優勝も

待ちに待った瞬間が訪れた。1991年以来の歓喜が広島の地に戻ってきた。黒田博樹新井貴浩らのベテラン若手の鈴木誠也、さらに菊池涼介丸佳浩といった中堅選手らが年間を通じて活躍。広島東洋カープが25年ぶりにセ・リーグ優勝を果たした。 しかし赤ヘル軍団が、すんなりと日本シリーズに出場できるわけではない。広島は、リーグ2位と3位が戦うクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージの勝者と最大6試合(4戦先勝)のCSファイナルを戦い、勝ち抜く必要がある。全試合をホームで戦い、さらに1勝のアドバンテージを得るが、短期決戦では一つのプレーが流れを変え、勝敗の行方を大きく左右することもあり、圧倒的な戦力を誇る広島といえども油断はできない。


  元はといえば、今季のセ・リーグのように1チームが独走した場合、優勝が決まった後のいわゆる消化試合を減らすことがCS制度導入の主目的だった。現在3位のDeNAは借金5ながら3位で、CS進出の可能性が高いが、4位ヤクルトとの差は3.5ゲーム。3位争いから目が離せないのは事実だ。

  しかし仮に借金を背負った3位チームがCSを勝ち抜き、日本シリーズに進出した場合、どのチームのファンも複雑な心境になるのではないだろうか。広島ファンはもちろん、勝ち抜いたチームのファンも心の底から喜べるだろうか。

  ルール上は今季のセ・リーグ覇者は広島であることに変わりはない。CSはあくまでも日本シリーズ出場権を懸けた争いだ。2位と3位のチームは、ルールにのっとったうえで日本シリーズ出場の権利を懸けて戦う。もし勝ち抜いた場合は称賛されるべきだろう。しかし、もしそうなった場合、やはり何かしっくりこないと思うファンは多いはずだ。

以下省略
9/12 ベースボールキング

 

f:id:monkox:20160913154019j:plain

 

「またこの話か・・」と思うかたも多いと思いますが、この時期になると必ずこの話題があがります。とくに、優勝したチームのファンから(笑)。もはや、プロ野球の秋の風物詩です。記事の通り、今年の広島のように独走で優勝がきまると興行的にも2位・3位争いで盛り上げるしかない訳で日本プロ野球機構の気持ちもよくわかります。かといって、借金があるチームがクライマックスシリーズを勝ち抜いて日本シリーズ出場となるのは・・・。

 

個人的にはクライマックスシリーズは反対で、理由は単純にセ・パの優勝チームで戦う日本シリーズを観たいからです。興行的に考えても今後、クライマックスシリーズを無くすことはないでしょうから、優勝チームに強烈なアドバンテージを与えればいいと思います。例えばファイナルステージ(1位対2位と3位の勝者)は、1位チームは1勝で優勝、2位か3位のチームは4連勝で優勝にしたらどうでしょう。これならややこしいルールも必要なく、限りなく優勝チーム同士の日本シリーズが観れます。仮に、4連勝で日本シリーズ出場を決めたら、それはそれで盛り上がるかもしれません。

 

そもそも、このような議論が起こるのは、独走がおこるからです。独走はいわばチーム格差で起こるもので、チームの資金力、フロント能力が大きく影響します。ただ、この二つはどうにもならないですから、チーム力を均衡させるにはドラフト制度を変えるしかないでしょう。

  

ウェーバー方式を取り入れる

 

 現行のドラフトでは1位指名は抽選。2位からは順位が悪かったチームから順に(ウェーバー式)指名していく。日本一になったチームが最後に2位指名したら、今度は日本一のチームから順に3位指名をしていきます(逆ウェーバー式)。これを繰り返していくのですが、これを全て下位チームから順に指名することを完全ウェーバー式といいます。

  

もちろん国内FA短縮も含め議論しないといけませんが、このドラフト制度を取り入れれば、数年後にチーム格差はかなり縮まるはずです。そして、チーム格差が縮まれば優勝争いはおもしろくなり、クライマックスシリーズの不満も減少するでしょう。ただ、優勝争いが混戦になってシーズン終了までもつれれば、そもそもクライマックスシリーズが必要なくなってしまいますね。

 

ウェーバー方式を取り入れろなんて言ったら、関東方面の元オーナーに怒られちゃいますね(笑)

 

 

puro.hatenadiary.jp