プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

2017タイガース補強!楽天嶋調査に思う2015ドラフト戦略

虎、2位消滅&16日にもCSアウト…捕手獲りへ楽天・嶋をFA調査

セ・リーグ阪神4-6広島、24回戦、広島18勝6敗、14日、甲子園)阪神が来季への補強として、海外フリーエージェント(FA)権を保有する楽天嶋基宏捕手(31)の獲得調査を進めていることが14日、分かった。この日の広島戦は逆転負けで、2位が消滅。16日にもクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性もなくなる。巻き返しの来季へ、センターラインの強化は必至だ!

  球場の左サイドが真っ赤に染まる。リーグ優勝した広島の迫力に屈するかのように逆転負けを喫した。とにかく、守り勝てない。16日にもBクラスが確定する阪神が、今オフのFA補強として、嶋の調査を進めていることが分かった。

  嶋は昨年9月に海外FA権を取得。2014年から年俸変動制の4年契約を結んでいるが、行使可能な内容となっている。阪神は嶋が現在、FA権行使を選択肢に入れているという情報を水面下でキャッチしている。

  今季年俸は1億1000万円。所属球団の上位4位から10位のBランクに所属しているとみられ、金銭補償に加えて人的補償をともなうが、多少のリスクは覚悟している。球団幹部は「可能性のある選手は調査しています」と具体名を明かすことはなかったものの、FA補強に踏み切る考えを強調した。

中略

 嶋の獲得調査は今に始まったわけではない。実は今季中、阪神楽天との間で嶋をめぐるトレードが画策されていたことも明らかになった。交換要員の関係から両球団が折り合うことはなかったが、阪神球団内では継続調査という形でまとまったという。
以下省略
9/15 サンケイスポーツ

f:id:monkox:20160915112157j:plain

 

クライマックスシリーズ出場の可能性も限りなくゼロになっても、紙面を賑わすタイガース。最高です!今回は楽天・嶋、捕手強化です。打てる捕手・原口を守備に目をつぶって起用すると思ったのですが、坂本や梅野の起用を見ると、スローイングやワンバウンド処理の技術を考え、捕手として起用することは難しいと判断したのでしょうか。ここで嶋を調査し獲得となれば、捕手を固定できチーム力が上がります。ただ、そうなると昨年のドラフトに大きな疑問がでてきます。

 

楽天・嶋調査

 

昨年のドラフトは本来なら投手を上位指名しないといけないチーム状況でしたが、金本監督の意向で高山を1位指名しました。野手を1位指名した以上2位は確実に投手を指名しないといけない状況で捕手・坂本をサプライズ指名しました。3位以下で指名できたはずの明大卒の坂本を2位指名したことは期待の表れで、いわば1,2年で正捕手と考えての指名と思いました。詳しくは2015阪神ドラフト査定

 

仮に坂本を4位、5位で指名していれば5年後の正捕手候補として、嶋の調査は納得できます。ただ、投手がいない状況であえての2位指名でしたから、あの指名はなんだったのか?意味がわかりません。結果、「期待して2位で獲得したけど、使ってみたら思ったほど良くなかったから嶋獲得」と言う事でしょうか。こういった決断は早いですね。

 

記事によると、シーズン中に嶋をめぐるトレードが画策されていたようです。これで嶋獲得の本気度がわかります。FA戦略おもしろくなってきました。嶋よFAするのかしないのか?チームが低迷しても沢山の話題を提供してくれるタイガース!感謝しています。

 

 

puro.hatenadiary.jp