プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

松坂大輔「1イニング8億円」に思う高額年俸選手の2016年成績

 ソフトB松坂が4連続四死球など1回5失点の大乱調 日本復帰登板もCSは遠く

ソフトバンク松坂大輔投手(36)が2015年の日本球界復帰後、初登板を果たした。八回、4番手でマウンドに上がったが、先頭打者から連続4四死球を与えるなど大乱調。1回を3安打4四死球で、5失点の内容で、CSのマウンドは遠くなった。
以下省略
10/2 デイリースポーツ

 4億3年契約の2年目にようやくマウンドに立つことが出来ました。この記事をみて2016年高額年俸選手の成績はどんなだったのか見てみたいと思い、まとめてみました。

※外国人選手は除く

〇⇒規定打席規定投球回数到達者

✕⇒規定打席規定投球回数到未達者

△⇒リリーフ投手

 

2016年俸ランキングと成績

 

 

6億円     

広島・黒田博樹 〇

登板24 151回2/3 

防御率3.09 10勝8敗

30四球 98奪三振

 

5億円

オリックス・金子千尋 〇

登板24 162回 

防御率3.83 7勝9敗

59四球 125奪三振

 

4億1000万円  

西武・中村剛也 ✕

432打席 打率238 21本 60打点

40四球 125三振 5失策 盗塁2

 

4億円      

巨人・内海哲也 ✕

18試合 107回1/3

防御率3.94 9勝6敗

22四球 81奪三振

 

4億円

阪神・鳥谷 敬 〇

533打席 打率236 7本 36打点

75四球 80三振 失策13 盗塁13 

 

4億円      

ソフト・和田 毅 〇

登板24 163回 

防御率3.04 15勝5敗

38四球 157奪三振

 

4億円     

ソフト・摂津 正 ✕

登板7 37回 

防御率5.59 2勝2敗

13四球 21奪三振

 

4億円      

ソフト・松坂大輔 ✕

 登板1  1回

防御率18.00 0勝0敗

2四球 2奪三振

 

4億円      

ソフト・松田宣浩 〇

609打席 打率259 27本 85打点

48四球 141三振 6失策 盗塁6

 

f:id:monkox:20160920114029j:plain

 

3億5000万円  

ソフト・五十嵐亮太 △

登板33 27回1/3 

防御率3.62 0勝1敗

14四球 27奪三振

 

3億5000万円  

オリク・中島宏之 ✕

347打席 打率290 8本 47打点

26四球 54三振 8失策 盗塁1

 

3億3000万円  

ソフト・内川聖一 〇

605打席 打率304 18本 106打点

38四球 53三振 6失策 盗塁3

 

 

3億2600万円  

巨人・阿部慎之助 ✕

387打席 打率310 12本 52打点

44四球 55三振 10失策 盗塁0

 

3億2000万円  

巨人・山口鉄也 △

63試合 48回

防御率4.87 1勝6敗1S

12四球 28奪三振

 

3億円      

巨人・村田修一 〇

576打席 打率302 25本 81打点

38四球 83三振 15失策 盗塁1

 

3億円      

オリク・平野佳寿 △

登板58 61回 

防御率1.92 4勝4敗31S

16四球 57奪三振

 

f:id:monkox:20160920114029j:plain

 

2億8000万円  

オリク・糸井嘉男 〇

616打席 打率306 17本 70打点

75四球 84三振 6失策 盗塁53

盗塁王

 

2億7000万円  

ソフト・柳田悠岐 〇

536打席 打率306 18本 73打点

100四球 97三振 4失策 盗塁23

 

2億5000万円  

巨人・坂本勇人 〇

576打席 打率344 23本 75打点

81四球 67三振 16失策 盗塁13

首位打者

 

2億4500万円  

日ハム・中田 翔 〇

624打席 打率250 25本 110打点

47四球 126三振 8失策 2盗塁

 

2億2500万円  

西武・岸 孝之 ✕

登板19 130回1/3 

防御率2.49 9勝7敗

36四球 104奪三振

 

 

2億2000万円  

ヤクルト・山田哲人 〇

590打席 打率302 38本 102打点

97四球 101三振 5失策 盗塁30

盗塁王、二年連続トリプルスリー

 

2億2000万円  

ロッテ・涌井秀章 〇 

登板26 188回2/3 

防御率3.01 10勝7敗

48四球 118奪三振

 

2億2000万円  

日ハム・増井浩俊 △

登板30 81回 

防御率2.44 10勝3敗10S

26四球 71奪三振

 

2億円      

ソフト・長谷川勇也 ✕

442打席 打271 10本 51打点

51四球 45三振 0失策 盗塁2

 

2億円      

阪神福留孝介 〇 

523打席 打率311 11本 59打点

61四球 78三振 1失策 0盗塁

 

2億円      

日ハム・大谷翔平 規定外

382打席 打率322 22本 67打点

54四球 98三振 1失策 盗塁7

 

登板21 140回 

防御率1.86 10勝4敗

45四球 174奪三振

 

2億円      

ヤクルト・石川雅規 ✕

登板20 116回2/3 

防御率4.47 8勝8敗

33四球 52奪三振

 

2億円      

西武・栗山 巧 〇

569打席 打率279 3本 41打点

83四球 69三振 0失策 0盗塁

 

2億円      

楽天今江敏晃 ✕

351打席 打率281 3本 23打点

25四球 30三振 11失策 2盗塁

 

2億円      

阪神藤川球児 △

登板43 62回2/3 

防御率4.60 5勝6敗3S

30四球 70奪三振

 

 

 2億円オーバー選手は合計31人

 

パ・リーグ

投手10人

野手10人

 

日ハム 3人

ソフトバンク 8人

ロッテ 1人

西武 3人

楽天 1人

オリックス 4人

 

セ・リーグ

投手5人

野手6人

 

広島 1人

巨人 5人

DeNA 0人

阪神 3人

ヤクルト 2人

中日 0人

 

先発投手9人中 (日ハム増井は外す)規定投球回数に到達していない投手が松坂、摂津、内海、岸、石川の5人。4億円選手が3人と厳しい結果に。特に松坂は「二年で1イニング、8億で1イニング」と卒倒ものです。松坂の年俸に関しては孫オーナーの趣味と言う事で、ポケットマネーから払ってもらった方がよさそうです。

 

セリーグには2億超えの先発投手が3人しかいません。黒田が引退し、複数年契約の切れる内海が大減俸、石川も複数年ながら年俸変動制ですから、来季は契約更改で2億円オーバーしそうな巨人・菅野一人になるかもしれません。

 

打者は16人中規定打席に達成していない打者が中村、中島、阿部、長谷川、今江の5人。鳥谷はセリーグ規定打席到達者27人中26位ととんでもない結果に。打者では、坂本、山田が3億円選手になることは確実で、2冠の筒香が1億円アップの2億円プレーヤーになる可能性も十分あります。

 

正直、3億円以上になると妥当な数字がわかりません。もちろん数字以外のメディア露出・グッズ売り上げ・観客動員に貢献しているなども評価の一つになるでしょう。そうなると大谷の年俸はどうなるの?4億円?

 

 

puro.hatenadiary.jp