プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

クライマックスDeNA勝利!爆笑!原・中畑・江川のトリオ漫才解説!

DeNA、筒香の逆転V弾でファイナル王手!井納気迫の7回2失点

セ・リーグCSファーストS第1戦 DeNA5―3巨人(2016年10月8日 東京ドーム)

  セ・リーグクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(3試合制)が8日、東京ドームで開幕。レギュラーシーズン3位で12球団ラストでCS初出場を果たしたDeNAが、今季打撃2冠の筒香の逆転弾で2位の巨人に5―3で先勝。ファイナルステージ進出へ王手を掛けた。
以下省略
10/8スポニチアネックス

 CS巨人対DeNA感想

 

いやー、いい試合でした。菅野に替わって先発したマイコラスはインコースのコンロールとしっかり振った腕から繰り出すスライダーはホント良かったです。結果3失点でしたが、失投を逃さなかった梶谷と筒香を褒めるべきでしょう。ラミレス監督はジャイアンツと相性の良かった井納を先発に。奇襲と言うよりも、数字を信頼した起用でしたね。マイコラスよりも良いとは言えませんが粘りの投球で数字通りの結果を残しました。
 
動いたヨシノブ監督は1番坂本、3番村田、5番長野と打順を組み替え、1番坂本は2安打1本塁打1四球と大暴れ、9回裏の抑え山崎からのレフトスタンドへの本塁打は球場を一瞬無音にした特大の一発でした。その一発によって、ジャイアンツファンの厳しい目が9回表に登板した澤村に向けられる結果になってしまいました。
 
 

試合を決めた澤村の初球!

 
その澤村は1点ビハインドで9回表のマウンドへ。先頭のロペスに対し高めに浮いた初球のストレートをレフトスタンドへ運ばれました。解説でも再三、ロペスほどストレートに強い選手はいないと言っていただけに、なんとも不用意な1球でした。その後も四球と2塁打でノーアウト2・3塁とし、エリアン三振で1アウトとし、敬遠策で1アウト満塁からの犠牲フライでさらに1失点で勝負有り。
 

 

f:id:monkox:20151216183047j:plain

 
解説がおもしろかった
 
試合前、動いたヨシノブ監督に対して原、中畑は動く事はイイこと言った事に対し、逆張りの江川は「皆が同じ意見だとおもしろくない」と保険をかけた上で坂本は1番じゃないほうがいいと言っていました。試合後、やっぱり1番坂本だとチャンスに回ってこないから3番がいいといていました。そもそも、今日の内容を見ると3番でもチャンスで回ってこなかったと思いますが。
 
 
 
原の天然が江川を晒し者に
 
原前巨人監督、中畑前DeNA監督、江川氏の解説はかなりおもしろかったですね。原氏の中畑氏への必要以上のヨイショ。そのヨイショを受けて、中畑氏が「もっと言って(笑)」と無邪気に対応。キヨシを愛しく感じました。
 
この3人のやり取りでとくに面白かったのが9回ノーアウト2・3塁から1アウトを取った後です。原氏がここで、「敬遠で満塁策ですね」と丁寧な説明を加えコメント。それ受け、江川氏が「初めて聞きましたけど、良い作戦ですね」とコメント。ジャイアンツバッテリーが原氏が言ったように敬遠すると、原氏が「セオリー通りですね」と一言。
 
江川氏の放った「初めて聞いた作戦」を原氏が「セオリー通り」と断じてしまいました(笑)。結果、江川氏が「攻撃の定石」を分かっていなかった事を全国 に晒してしまいました。もちろん原氏に江川氏を貶めようとしたわけでなく、ただ単に人の話を聞かないだけなんです。機転の利く人なら江川氏の発言を受けて「セオリー」なんて言葉を使わなかったでしょうね。江川氏よ相手が悪かった。ドンマイ!
 
 
セオリーとは
 
理論 学説 仮説 意見 持論 私見 正統的手法 定石 確立した技術といった意味があるようですが、原氏の「セオリー」とは正統的手法・定石といった意味です。

 

また、トリオ漫才解説がみたい(笑)