プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

ジャイアンツ澤村、事実上の抑えクビ!マシソン見事な回またぎ!

高橋監督「勝つために最善」守護神沢村使わず逆王手
<セCSファーストステージ:巨人2-1DeNA>◇第2戦◇9日◇東京ドーム
レギュラーシーズン2位の巨人が、同3位のDeNAを下して1勝1敗とし、ファイナルステージ進出に逆王手をかけた。
高橋由伸監督(41)は「内容うんぬんではなく、勝てたことが良かった。勝つしかない状況だったので」と振り返った。
9回には守護神沢村を起用せず、8回から登板したマシソンが2イニングを抑えて締めた。高橋監督は「勝つために最善と思ってそうした」と起用の理由を明かした。
10/9 日刊スポーツ

 

f:id:monkox:20160413112256j:plain

本日もいい試合でした。巨人の勝利によって明日の楽しみが増えました。巨人ファン、プロ野球ファンにとってはいい3連休になりました。この試合は2安打1本塁打1打点の活躍で勝利に貢献した坂本の起用法に頭を悩ますことになりそうです。

 

3番坂本or1番坂本

シーズン中の対巨人に相性が良くなかった今永が先発したので、ある程度得点ができると思ったのですが、終わってみれば今永が7回2安打1失点と好投し接戦になりました。昨日のスポーツニュースをみていると、坂本をチャンスメーカーにするのではなくポイントゲッターとして「3番戻すべ」と言う意見が多かったですが、今日のように7回まで2安打では「1番だ3番だ」という議論は意味をなしません。結果的に、今永から三上に替わった8回裏、先頭の1番坂本の2塁打から、寺内の送りバントでチャンスを拡大し逆転につながりました。そう考えると「だったら1番坂本でいんじゃね」と思ったのですが・・・・・。
 
 

「これがあったか」

この試合、5回1アウトから8番小林四球⇒9番田口送りバント⇒2アウト2塁で1番坂本が敬遠。好調・坂本ですから、この場面では、例え次の打者が阿部でも敬遠です。ただ、次の打者が山本か阿部では相手投手にかかるプレッシャーが違います。これが野球解説者の言う「3番坂本」の理由なのかもしれません。勝った勢いでこのままのオーダーでいくのか、3番坂本で、後ろに阿部を置くのか、もしくは、3番村田、4番坂本、5番阿部と更に動くのか(これはないかな)、明日のスタメンが楽しみです。
 
 
 
澤村がクビに
 
今日もヨシノブ監督が動きましたね。ナイス采配!「何がって?」もちろん、マシソンの回またぎでしょう。昨日の今日ですし、「負けたら終わり」ですから当然の選択でしょう。抑えは「コイツで負けたら仕方ない」と思われてナンボです。監督とチームからの信用を失った澤村は抑え失格です。今後、澤村のモチーベーションはどうなんでしょうか?接戦での起用がしにくくなった澤村の使いどころが難しくなりました。