プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

2017巨人補強!ドラ1は投手、他球団もドラ1位指名は投手に!

巨人ドラ1候補は6人 作新・今井が新たに加わる 

  巨人は6日、東京・大手町の球団事務所でスカウト会議を行い、ドラフト1位候補の絞り込みを行った。

 8月の会議では1位候補となるAクラスは8人だったが、今回は6人に絞られた。山下哲治スカウト部長は「今井(作新学院)が新たに加わった。柳(明大)、佐々木千(桜美林大)、田中(創価大)、寺島(履正社)今井、藤平(横浜)」と説明。夏の甲子園優勝右腕・今井が1位候補に加わった。競合必至な田中ら大学生投手の高評価は変わらない一方で「高校生でも夏過ぎに出てくる可能性の高い選手が多い」と同部長。最後まで状況を見極めて、20日のドラフト会議へ臨む。
10/7 スポニチアネックス

 昨年のジャイアンツ弱腰ドラフトから約1年が過ぎ、よいよみんな大好きドラフト会議がやってきます。記事のように投手の指名が確実ですが、当然即戦力投手の指名することになると思います。理由は簡単で先発・リリーフのコマ不足とそれを引き起こした昨年のドラフト失敗があったからです。

 

2015年巨人ドラフト指名

 

1位 桜井 俊貴 22歳 

投手・立命大ー北須磨高

1試合 4回1/3 防御率8.31 0勝1敗

 

2位 重信 真之介22歳 

外野手・早大早実

25試合87打席 打率190 0本 2点 5盗塁

 

3位 与那原 大剛17歳 

投手・普天間

一軍登板なし

 

4位 宇佐見 真吾22歳 

捕手・城西国際大ー市立柏

一軍登板なし

 

5位 山本 泰寛22歳 

内野手・慶大ー慶應

27試合86打席 打率256 0本 2点 0盗塁

 

6位 巽 大介18歳 

投手・岩倉高

一軍登板なし

 

7位 中川 皓太21歳 

投手・東海大ー山陽高

2試合 2回 防御率13.50 0勝0敗

 

8位 松崎 啄也23歳 

内野手日本製紙石巻作新学院大作新学院

一軍出場無し

 

f:id:monkox:20160731162026j:plain

ひどい結果です。特に重複指名を避けて単独指名した桜井が戦力になりませんでした。桜井の成績は結果論ですからしかたありませんが、やっぱり単独指名はなっとくいきません。桜井は外れ1位でも十分獲得できたと思うので。そもそも、昨年の賭博問題で4投手を解雇したにも関わらず、なぜ大卒・社会人投手を2人しか指名しなかったのか?

 

新人野手では阪神・高山、オリックス・吉田、楽天・茂木が好成績を残しました。とくにドラフト3位で入団し、新人王争いをする茂木はジャイアンツの補強ポイントであるサード・ショート・セカンドが守れます。同じ早大卒でドラ2の重信には茂木に負けて欲しくないですね。来季は意地でもレギラーを獲得し、盗塁王を獲得してもらいたい!それだけの可能性を秘めた選手とブログ主は信じています。

 

少し話がそれましたが、今年のドラフトは豊作で投高打低。各球団のドラフトも1位指名は投手になるようです。最近のドラフト記事を少しまとめてみたので見てみて下さい。

 

2016ドラフト情報!

 

 

広島カープ

 

ドラフト1位は投手で確認 創価大・田中、履正社・寺島もリスト入り

 1位指名候補13人は全て投手。大学生から156キロ右腕の創価大・田中正義投手、桜美林大・佐々木千隼投手、慶大・加藤拓也投手、明大・柳裕也投手。社会人で地元、瀬戸内高出身の東京ガス・山岡泰輔投手や、高校生から履正社・寺島成輝投手、横浜・藤平尚真投手、作新学院・今井達也らがリストに入る。

以下省略

 10/7 デイリースポーツ

 

 阪神タイガース

 

桜美林大・佐々木1位指名方針を確認か 阪神スカウト会議で選定作業本格化

中略

 取材に応じた佐野統括スカウトは「意見を交わして1位候補を(絞った)」と説明。桜美林大の佐々木千隼投手(22)=日野=を1位指名する方針を、改めて確認したもようだ。
10/8 デイリースポーツ

 

 

ヤクルトスワローズ

 

ヤクルト 真中監督、1位指名は投手 競合覚悟、山岡ら候補 
  
  ヤクルトの真中監督は7日、ドラフト会議について「将来ヤクルトの軸になれる投手を取れたら。他球団を考えるより、良いと思った選手にいくべきだ」と競合覚悟で即戦力投手を1位指名する必要があるとの考えを明らかにした。球団は山岡(東京ガス)、田中(創価大)ら投手を候補に挙げている。

以下省略

 10/7 スポニチアネックス

 

中日ドラゴンズ

 

中日 ドラ1候補白鴎大・中塚「将来は160キロも出る」

中日の今秋ドラフト1位候補白鴎大・中塚駿太投手(21)が急浮上していることが分かった。

 アマ球界最速の157キロを誇る大型右腕で、球団関係者は「原石に近い。将来は160キロも出るんじゃないか」と高評価。今季は19年ぶり最下位となり、即戦力投手の補強が課題。創価大・田中、明治大・柳らが有力候補に加え、中塚も約10人の最終候補に残った。20日のドラフト会議までに落合GM、森新監督らを交えたスカウト会議で1位指名の人選を進める模様だ。
10/7 スポニチアネックス

 

 

ソフトバンク

 

ソフトバンク1位候補田中正義、寺島ら 好投手ズラリで「今年は難しい」

ソフトバンクは7日、ヤフオクドーム内の球団事務所でスカウト会議を開いた。1位候補には、大学生では創価大・田中正義投手(22)、明大・柳裕也投手(22)、高校生では履正社・寺島成輝投手(18)らを中心に、10人以上がリストアップされたもよう。

 以下省略

10/8 デイリースポーツ

 

オリックス

 

オリックス、競合覚悟で即戦力投手1位指名へ 高校生は回避 
中略

 この日は大学・社会人選手の順位付けを完了させ、すでに終わっていた高校生と合わせて全体の順位付けを決定した。関係者によると「将来性はあまり加味せず、現状の実力が順位付けされた」といい、1位指名で高校生を回避したもよう。現状の実力を反映させたなら、創価大・田中、桜美林大・佐々木、明大・柳、東京ガス・山岡の4投手らが順当に1位候補に挙がりそうだ。
以下省略
10/6 スポニチアネックス

 

全球団1位指名が投手!

 

パリーグのドラフト記事は少なく、セリーグDeNAのみ情報が出てきません。それでも昨年ドラ1で高校生野手を指名した楽天、ロッテは投手指名は確実です。日ハムはその年のNO1選手を獲得する方針ですから、創価大の田中が有力になると思います。西武も課題は投手力ですし、岸のFA行使を考えたら投手指名は間違いないでしょう。

 

石田・今永の若い両左腕を擁するDeNAは、右の即戦力投手を獲得できれば来季は優勝争いが出来るチームになります。1位が重複し抽選で外した場合、外れ1位で「打てる内野手」の指名があるかもしれませんが、やはり1位指名は即戦力投手で決まりでしょう。これで予想では全球団1位指名が投手となりました。

 

だからと言って、ジャイアンツは競合を恐れず、攻めのドラフトをしないといけません。昨年の反省を踏まえ攻めて、攻めて、攻めまくれ!!

 

 

puro.hatenadiary.jp

puro.hatenadiary.jp