プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

ジャイアンツ鈴木尚広引退!代走職人の重圧に耐えた男の最後!

【巨人】尚広引退!「生半可な気持ちでは続けられない」悩み抜いた胸の内独占激白


 巨人・鈴木尚広外野手(38)が、今季限りでの現役引退を決意したことが12日、分かった。数多くのけがに泣かされながらトレーニングを重ね、通算228盗塁で、盗塁成功率が200盗塁以上の選手で歴代トップに立つなど、球界屈指の走塁のスペシャリストに成長。プロ20年目を終えて大きな決断を下したが、スポーツ報知に悩み抜いた胸の内を独占激白した。

以下省略
10/13 スポーツ報知

鈴木尚広引退!

鈴木選手本当にお疲れ様でした。今シーズンは全て途中出場で44試合に出場し、企盗塁10回中成功10回と驚異的な数字を残しました。

そんな中での引退ですからホント驚きました。

 

「代打」は3割打てば神様扱い。

言ってみれば10回中7回失敗しても成功なんです。

もちろん出場機会の少ない代打でこの数字はすばらしいですが、代走は・・・。

特に鈴木の場合は成功して当たり前のようなファンの視線を受けて登場ですから、

プレッシャーは半端じゃないですよね。

感覚としては、抑え投手のような感じだったと思います。

 

記事にあるように、鈴木選手はトレーニングに力をいれていましたが

確か、年俸が1000万円に届いていない若手時代に

格闘技やラグビーのトレーナーをしていた宮崎トレーナーと

自費で契約してトレーニングをしていました。

このような取り組みを今の若手選手はやってるのかな?

 

 

「代打川藤」なみの存在感

川藤氏と比較したら鈴木選手に申し訳ないですが、成績面ではなく存在感の意味です。

「代走鈴木」は「代打川藤」匹敵する存在感を構築しました。

王元監督の「ピッチャー鹿取」も忘れてはいけませんね。

代走という分野でここまで名前を広めた選手は鈴木以外思い当たりません。

相手チームにとって鈴木の引退は精神的にありがたいことでしょう。

それだけに引退は残念です。

 

f:id:monkox:20161013121642j:plain

 

引退の決意

 

結果的にCS第3戦のけん制死が最後となってしまいましたが、

鈴木選手はこう言っています。

 

 「このプレーで、というのはないし、いつ決断した、というわけではない。技術、体力は衰えているとは思わないけど、心の部分で引っかかるようになった。続けるのは簡単だった。辞める、という決断が一番、難しかった」

10/13 スポーツ報知

 

「今年1年、自分の引き際を考えるようになった。もちろん、試合が始まれば頭にはないけど、それ以外では引退の2文字が頭に出てくるようになった。そういう気持ちではプロとしてはダメだと思った」

10/13 スポーツ報知

 

技術・体力は衰えていないと本人はいっています。そして、「心」の部分で

引っかかると言うのが、「代走専門」という特殊な仕事が及ぼす

プレッシャーの大きさが良く伝わってきます。

このコメントを読んで、CS・けん制アウトの理由がわかったような気がしました。

 

 

最後の代走!

 

あくまでもブログ主の推測ですが(いつも推測ですが)、

田中のけん制に対して、逆モーションになっていて

上手くスタートのタイミングが取れない状況でした。

それでも強引にスタートをきろうとし逆を突かれアウトになりました。

同点でノーアウト、さらに引き分けでもファイナル出場でしたから

いつもの鈴木選手なら無理をしなかったはずです。

 

それでもスタートをきってしまった背景には、引退の決意があった

からではないでしょうか。「最後にジャイアンツを日本一にしたい」

という思いが強いからこそのけん制アウトだったのかもしれません。

 

あらためて鈴木選手、お疲れさまでした。

 

記事が長文だったためかなり割愛してしまいました。興味のある方はコチラをお読みください↓

【巨人】尚広引退!「生半可な気持ちでは続けられない」悩み抜いた胸の内独占激白 (スポーツ報知)