プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

2017補強!プロ野球パリーグドラフト1位指名予想!

2016ドラフト予想!パリーグ

今年も偏見と希望に満ちたドラフト1位指名予想をしたいと思います。

ちまたでの噂は一切排除し、あくまでもブログ主の個人的な意見です。

 

日ハムとソフトバンク履正社・寺島と少し前のブログで予想しているので

コチラをご覧ください

よって、今回はロッテ、西武、楽天オリックスの予想になります。

 

 

ロッテ 創価大・田中

 

石川14勝、涌井10勝、スタンリッジ8勝、二木7勝、唐川6勝と

先発陣が右投手が5人に偏っていますから、本来なら即戦力の

左投手が欲しいところです。しかし、ドラ1候補に左腕には 

履正社・寺島しかいません。先に上げた先発投手陣の成績を

考えるとはっきりいって「左が欲しい」と言ってる場合じゃないです。

右左関係なく即戦力で2桁勝利が期待できる投手を獲得すべきでしょう。

そうなると、創価大・田中、桜美林大・佐々木、東ガス・山岡

が有力になりますが、ここは故障明けでも創価大・田中に!

 昨年、ロッテが高校生野手・平沢を1位指名したのも、今回のドラフトが

投高打低になることを見越していたのかもしれません。

ただ、2014年の1位指名も内野手・中村でしたから、3年連続即戦力投手を

指名しないと言う事はないと思います。

 

 

西武 作新学院・今井

 

西武は足りないピースを埋めるようなドラフトをしませんから予測が難しいですが、

過去に横浜・涌井、大阪桐蔭・森、前橋育英・高橋と高校生を一本釣り

で獲得し、戦力にした実績があります。全く根拠はないのですが、

渡辺久信SDが自分自身と重ねるかのように、北関東出身で

細身でバネのある投球をする高橋光成を獲得した経緯があるので

同タイプの作新学院・今井を指名するような気がします。

早大・大石や花巻東・菊池のように競合もいとわない時もあれば、

さらっと単独指名で獲得する西武のドラフトはつかみどころがありません。

ただ、辻新監督の意見が通るなら即戦力投手の指名も考えられます。

 

f:id:monkox:20160213122104j:plain

 

楽天 創価大・田中正

 

昨年のドラフトでオコエ、茂木など野手中心のドラフトを敢行した楽天

ロッテ同様、今年の投高打低を見越した良いドラフトでした。

なので今年は当然投手中心のドラフトになります。

則本、美馬、塩見が投球規定回数に達しましたが、それに続く先発投手が必要です。

それも則本に続く確実に2桁勝てる投手が。

さらに楽天は来季も外国人野手3人体制をとるでしょうから、外国人投手に頼ることは

できません。そうなると狙うは当然即戦力投手。

過去に長谷部5球団、田中将大4球団、松井祐樹5球団の競合を制してきた

抽選の強さがありますから、ためらわずに人気の創価大・田中で決まり!

 

 

オリックス 履正社・寺島

 

ドラフトですぐにチームがどうこうなる状態じゃないため逆に

思い切ったドラフトをしてほしいのがオリックス

昨年のドラフトで1位指名した吉田が開花の予感をさせました。

それに続くよう、今年のドラフトは大事にしたいですね。

1位指名は故障がなければ創価大・田中で決まりだったと思いますが、

故障のリスクを負うことの出来ないチーム状況を考えれば

地元の履正社・寺島を1位指名するでしょう。即戦力と言うよりは1年後2年後

を見据えた指名です。

競合して外れた場合は無理に投手を獲得するのではなく中京学院大・吉川か

日大・京田を外れ1位で指名し、野手強化に切り替えることが考えられます。

オリックスは外野の中心吉田に続く、チーム中心を担える内野手獲得で

未来の土台作りをするべきだとブログ主は考えます。