プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

2017補強!プロ野球セリーグドラフト1位指名予想!

2016ドラフト予想!セリーグ

今年も偏見と希望に満ちたドラフト1位指名予想をしたいと思います。

ちまたでの噂は一切排除し、あくまでもブログ主の個人的な意見です。

さっそく、オリックスの1位指名を寺島として外してしまったようです(恥)

それではよろしくお願いします!

 広島 東ガス・山岡

 

ブッチギリでセリーグを制した広島カープ。菊池、鈴木、菊池、丸、会沢と

野手は若く充実していますし、投高打低のドラフトですから当然投手指名です。

優勝の任務を完了した黒田が引退するでしょうから、即戦力投手の指名になります。

投手陣を見ても、野村、福井、大瀬良、岡田など大卒1位指名が成績を残している

広島の土壌を考えれば、今年も大学・社会人の即戦力投手で決まりです。

ジョンソンもいますし、2桁勝利と欲をかくことなく、140回で7,8勝してくれる

投手で十分だと思います。そうなると予想は地元広島出身、東ガス・山岡です。

体は小さいですが、スライダー、チェンジアップなど変化球が多彩で試合の中に

使える球種を探すなど洞察力とけん制・フィールディングも兼ねそろえた、

マエケンをこじんまりさせたような安定感のある投手です。

 ※10/18黒田投手は今季限りでの引退が決まりました。

 

巨人 桜美林大・佐々木

本命であった創価大・田中の故障明けリスク回避し、桜美林大・佐々木を指名!

昨年のドラフト失敗を繰り返さないためにも、「桜井単独」のような

競合を避けるドラフトはできないでしょう。

広島に屈辱的な独走を許し、優勝を逃したジャイアンツは奪冠のためにも

即戦力2桁勝利は譲れません。

菅野、マイコラス、田口に続く4番手投手獲得で先発投手の世代交代を進めたい

と球団は考えているでしょう。安定感で考えれば創価大・田中より佐々木が上です。

今回は競合を避けることなく勝負にいくでしょう!!

 

 

DeNA 明大・柳

 

2014年ドラフト1位・山崎(亜大)、2位・石田(法大)、2015年ドラフト1位・今永(駒大)

と大卒投手がチームの中心となってクライマックスファイナル出場を決めました。

優勝を狙らえる位置に近づいたDeNA。そのためには数年後のエースではなく、

10勝出来る即戦力右投手を指名することになります。

チームの勝ち頭(11勝)山口がFA行使するようなので、より右腕が重要になります。

そこで、狙うは横浜高出身、明大・柳です。

10/15の早大戦で延長12回を3安打1失点20奪三振149球で完投勝利。

このインパクトは大きいと思います。

延長12回を149球で完投できるタフさは高評価になったと思います。

 

f:id:monkox:20161018180122j:plain

 

阪神 桜美林大・佐々木

 

ほぼ、指名宣言していると同じなので特に言う事はないのですが、

岩貞や青柳の台頭で先発投手陣の若返りをはかる大チャンスです。

能見を後ろに回すことが出来れば、中継ぎ陣が安定します。

そのためにも即戦力の先発投手獲得が必要です。

そう考えると、佐々木指名はナイス!

 

 

ヤクルト 東ガス・山岡

 

外れ1位の原樹理が防御率5.91 2勝8敗で期待を裏切り

絶対に失敗できないドラフトになります。

全指名を大学・社会人投手にしてもいいくらい投手陣が崩壊しました。

よって、予想が難しい。はっきりいって、創価大・田中、

桜美林大・佐々木、明大・柳、東ガス・山岡の中から指名して

獲得できればそれでいいと思います。

創価大・田中は故障明けでそのリスクを負うほどの戦力のない

ヤクルトには指名は無理でしょうから、残る3人のなかで競合率の低い、

東ガス・山岡を指名することになるのでは?

 

 

中日 明大・柳

 

昨年は県岐阜・高橋純平を1位指名で外し、外れ1位で東海大相模・小笠原

を獲得。そうなると今年は即戦力投手の指名が決定的でした。

比較的早い段階で中日は明大・柳と情報はでていましたし、

投手力あっての中日ですから、いい指名だと思います。

 星野中日時代からの明大との縁。大切にしないといけません。

 

10/20のドラフト会議指名速報をドンドン更新していく予定なので

よろしくお願いします!