プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

2017ジャイアンツ補強!中日・大島獲得へ!3歩前進の理由。

大島 中日と交渉決裂でFA権行使へ 「他球団と話し合ってみたい」

中日・大島洋平外野手(30)が21日、国内FA権の行使を示唆した。球団との2度目交渉も決裂したことを明かし、その場で、球団側に他球団と交渉する意思があることを伝えたという。


 「誠意を感じていないわけではありませんが、他球団と話し合ってみたい気持ちが大きくなった。球団とケンカする気持ちもありません。でも…」と複雑な心境を明かした。

10/22 デイリースポーツ

 少し古い記事ですが日本シリーズも終盤を迎え、いよいよストーブリーグ本番です。

もちろん注目はFAの権利を持った4外野手ですね!

オリックス・糸井、日ハム・陽、中日・大島、平田がFA行使するのか?

そして、どの球団に収まるのか?楽しみです。

 

巨人、中日大島を獲得する理由!

 ①糸井「在阪球団希望!」

糸井には「嫁が東京にいるから在京球団希望」なんて情報があって、巨人で決まりみたいな雰囲気でしたが、最近になって「在阪球団希望」と話は急展開。

関西出身だからなのか、嫁と一緒にいたくないのかわかりませんが、巨人にしてみたら「どないやねん」ではなくて「いい加減にしろ!」と関東風に突っ込みたくなります。

 

しかも、オリックスが4年最大18億円なんてとんでもない数字を提示したようですから巨人の出る幕はないようです。

ある意味、鳥谷に4億、藤川に2億出す阪神VS金子に5億、中嶋に3億5000万円出すオリックス契約上手対決はみごたえがありますけどね(笑)。

 と言う事で、糸井はオリックス残留阪神移籍と言う事になりそうなんです。

 

9/16のこちらの↴ブログで

ドラゴンズ大島がFA行使した場合、手を挙げる球団は!

大島を必要とする球団は巨人、ヤクルト、阪神としました。

この時はあくまで巨人、阪神は糸井の2番手、ヤクルトは平田の2番手として大島を獲得する可能性を考えました。

しかし、糸井が在阪球団希望という噂とオリックスどんでも年俸提示によって巨人が獲得争いに参加する可能性が低くなりました。それでは、ここで今シーズンの巨人野手陣を整理してみましょう。

 

巨人のチーム事情!

①1番・2番打者不在

②長野しか固定できなかった外野陣

③クルーズの打撃

④ドラフト1位吉川

 

①に関しては、開幕スタメンをみてみましょう。

1番ライト・長野

2番センター・立岡

3番ショート・坂本

4番ファースト・ギャレット

5番セカンド・クルーズ

6番レフト・亀井

7番サード・村田

8番キャッチャー小林

 

f:id:monkox:20160326182213j:plain

開幕から1番を打つべき立岡を2番がいないため2番にまわし、超積極的で雑さもある長野を1番に起用しないといけないチーム状況でした。さらに立岡は故障と不調で51試合出場にとどまり、日本シリーズでは苦肉の策として坂本を1番にしないといけない状況になりました。立岡にはシーズン通しての実績がありませんから大切なシーズンだっただけに、監督からの信頼を得ることができませんでした。

 

②は橋本、大田、立岡、重信などの若手外野手が全く伸びをみせませんでした。

 

③は肩の強さで併殺をとる守備は見事でしたが、打撃面で1番、2番を打てないことは、巨人のスタメン事情をみると痛いです。本塁打を25本くらい打って5番に固定できればよかったのですが・・・・。さらに故障と素行不良でCSでメンバーから外されるなど大きく期待を裏切りました。来季もセカンドスタメンとなると、1・2番を打てる外野手が絶対に必要になります。

 

④ドラ1でショート、セカンドが出来る吉川を獲得。坂本の後継まではセカンドを守ることになるでしょう。

 

というように、ジャイアンツの補強ポイントは1番・2番を打てる外野手となります。

そうなると中日・大島は適任でしょう。大島は糸井の「在阪球団希望」という情報をきき「巨人にチャンスあり」とFA行使に踏み切った可能性を疑いなくなるくらい、いいタイミングで行使しましたね。

 

「日ハム・陽もいるじゃないか」と思う人もいると思いますが、打撃が雑すぎて1・2番は無理です。昨年ならトレードで獲得するのは賛成でしたが現状では補強ポイントに合致しませんし、FAならソフトバンクに分があるでしょうし。

 

平田も欲しい!

 

ただ、中日・平田なら話は別です。1・2番タイプじゃなくても、セリーグで実績があり、狭い東京ドームなら本塁打数も確実に伸びるでしょう。

阿部・村田の年齢を考えれば中軸を打てる平田は絶対に欲しい選手です。

ジャイアンツ補強ポイントに合致する大島と、中軸をまかせられる平田、どっちも欲しいですね。

 

 

「中日ー巨人ライン」

 

巨人には中日が捨てたものを拾って使うクセがあります。

これは中日選手には良い印象だと思います。

その拾いグセのおかげで井端、吉川、堂上の「中日ー巨人ライン」を確立してますし、井端はヨシノブ監督が信頼するコーチとなっていますから、中日選手が溶け込みやすい環境になっています。

 

さぁ、準備は整った!糸井に用意したお金で2人と契約できる!

エッ、人的補償で若手有望株を持っていかれるって?

大丈夫です!もう一度開幕スタメンを見てください。若手有望株はいますが、その株が育つことはめったにないですから(笑)

 

2017巨人「勝手に」スローガン

「欲しがります。勝つまでは!」